トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 原 康
 

原 康

 
アバター
研究者氏名原 康
 
ハラ ヤスシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位獣医学修士(日本獣医生命科学大学), 獣医学博士(日本獣医生命科学大学)
その他の所属獣医外科学研究室

研究キーワード

 
下垂体腫瘍 , 臨床獣医学 , 整形外科学 , 脳神経外科学

研究分野

 
  • 外科系臨床医学 / 外科学一般 / 
  • 外科系臨床医学 / 脳神経外科学 / 
  • 外科系臨床医学 / 整形外科学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医外科学研究室 教授
 
2002年
 - 
2011年
日本獣医生命科学大学 獣医外科学研究室 准教授
 
1997年
 - 
2002年
 日本獣医畜産大学 獣医外科学研究室 講師
 
1990年
 - 
1997年
 日本獣医畜産大学  獣医外科学研究室 助手
 

学歴

 
 
 - 
1990年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 獣医学
 
 
 - 
1987年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学
 

委員歴

 
1998年
 - 
現在
日本獣医学会  評議員
 
2015年
 - 
現在
獣医麻酔外科学会  副会長
 
1992年
   
 
獣医画像診断学会  会員
 
1993年
   
 
獣医神経病研究会  幹事
 
2002年
   
 
下垂体研究会  
 

受賞

 
2017年
日本獣医学会 JVMS 優秀論文賞 犬の環軸椎不安定症に対する3種類の固定手術法の生体力学的評価
 
2016年
日本獣医麻酔外科学会 第93回日本獣医麻酔外科学会優秀賞(アワード) 深部痛覚が消失した胸腰部椎間板ヘルニア症例に対する硬膜切開術の有効性に関する検討
 
2016年
日本獣医麻酔外科学会 第92回日本獣医麻酔外科学会優秀賞(アワード) TPLOを適用したCrCLR罹患犬の長期成績に関する検討
 
2014年
日本獣医麻酔外科学会 第89回日本獣医麻酔外科学会優秀賞(アワード) eTPAモデル犬における前十字靱帯変性における組織学的免疫組織学的検討
 
2003年
日本獣医麻酔外科学会 獣医麻酔外科学会・優秀論文賞 経蝶形骨下垂体切除術を適用した下垂体巨大選手の犬の1例
 

論文

 
Evaluation of atlantooccipital overlapping and cerebral ventricle size in dogs with atlantoaxial instability
Fumitaka Takahashi, Shigenori Kouno, Shinya Yamaguchi, and Yasushi HARA
Journal of Veterinary Medical Science   81(2) 229-236   2019年2月   [査読有り]
Changes in canine C-reactive protein levels following orthopaedic surgery: a prospective study.
Nobuo Kanno, Noriyuki Hayakawa, Shuji Suzuki, Yasuji Harada, Takuya Yogo, and Yasushi HARA
Acta Veterinaria Scandinavica      2019年   [査読有り]
Hyperadrenocorticism caused by a pituitary ganglioma in a dog
Hirokazu Ishino, Susumu Takekoshi, Takahiro Teshima, Kazuyuki Uchida, Iwao Saknoju, and Yasushi HARA
Veterinary Pathology      2019年   [査読有り]
Effect of the centre of rotation in tibial plateau leveling osteotomy on quadriceps tensile force: an ex vivo study in canine cadavers
Nobuo Kanno, Yoshiyuki Ochi, Tom Ichinohe, Takaharu Hakozaki, Shuji Suzuki, Yasuji Harada, Takuya Yogo, and Yasushi HARA
Veterinary Comparative Orthopedics and Traumatology      2018年4月   [査読有り]
Epidemiological and morphological characteristics of incomplete ossification of the dorsal neural arch of the atlas in dogs with atlantoaxial instability
Fumitaka Takahashi, Takahartu Hakozaki, Shigenori Kouno, Shuji Suzuki, Asaka Sato, Nobuo Kanno, Yasuji Harada, Shinya Yamaguchi, and Yasushi Hara
American Journal of Veterinary Research   79(10) 1079-1086   2018年   [査読有り]

Misc

 
小動物の整形外科領域におけるX線CT検査の有用性,特に臨床および研究面における応用
日本小動物獣医師会雑誌   2    1992年
犬のDLA抗原A8,B4,B6,Cwl,Cw2の日本産集団のおける出現頻度と遺伝子頻度(共著)
移植   23(6) 588-590   1989年
岡野 昇三, 多川 政弘, 菊池 学, 山崎 隆弘, 原 康, 江島 博康, 本好 茂一
獣医麻酔外科学雑誌   21(1) 1-6   1990年
原 康, 多川 政弘, 江島 博康, 織間 博光, 藤田 道郎
獣医学雑誌   56(4) 791-794   1994年
健常ビーグル犬における神経特異的エノラーゼ(Neuron Specitic Enolase:NSE)の臓器別分布と犬の神経系疾患における脳脊髄液中NSEの測定の診断的意義
獣医神経病   (5) 3-12   1998年

書籍等出版物

 
Companion Animal Practice No.316
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:脊椎・脊髄腫瘍:②髄膜腫)
緑書房   2015年10月   
Companion Animal Practice No.313
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:脊椎・脊髄腫瘍:①硬膜外腫瘍)
緑書房   2015年7月   
Companion Animal Practice No.307
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:変性性腰仙椎狭窄症に対する外科的治療(後編))
緑書房   2015年1月   
Companion Animal Practice No.306
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:変性性腰仙椎狭窄症に対する外科的治療(前編))
緑書房   2014年12月   
Companion Animal Practice No.303
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:尾側頸部脊椎脊髄症に対する外科的治療(後編))
緑書房   2014年9月   

講演・口頭発表等

 
獣医療での脊椎固定
原 康
獣医脳神経脊椎外科研究会   2017年12月17日   
「頚椎の外科」 突然の頸部痛・四肢麻痺に対する外科的手技
原 康
ひがし東京夜間救急動物医療センター開設10周年記念セミナー   2017年7月2日   
変性性腰仙椎狭窄症の外科治療:固定手術
原 康
第94回日本獣医麻酔外科学会   2017年6月18日   
神経病としての犬の下垂体腫瘍 -クッシング症状だけじゃないもう一つの側面ー
原 康
第37回動物臨床医学会   2016年11月20日   
骨折治療自由自在 -大腿骨骨折に対する術式選択ー
原 康
第18回日本臨床獣医学フォーラム   2016年9月24日   

担当経験のある科目

 
  • 獣医外科学総論 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医軟部外科学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医運動器病学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本獣医学会 , 獣医麻酔外科学会 , 日本小動物獣医学会 , 獣医画像診断学会 , 獣医神経病学会 , 下垂体研究会

競争的資金等の研究課題

 
延伸Poly-L-lactide製骨接合材料の小動物整形外科領域における適用
X線CTおよびMRIによる小動物の脳脊髄疾患の診断に関する研究
小動物臨床領域における骨形成因子の有用性に関する研究
小動物の下垂体腫瘍に対する診断と治療に関する研究