トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 原 康
 

原 康

 
アバター
研究者氏名原 康
 
ハラ ヤスシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位獣医学修士(日本獣医生命科学大学), 獣医学博士(日本獣医生命科学大学)

研究キーワード

 
臨床獣医学 , 整形外科学 , 脳神経外科学

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 
  • 外科系臨床医学 / 脳神経外科学 / 
  • 外科系臨床医学 / 整形外科学 / 

経歴

 
1990年
 - 
1997年
 日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 助手
 
1997年
 - 
2002年
 日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 講師
 

学歴

 
 
 - 
1990年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 獣医学
 
 
 - 
1987年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学
 

委員歴

 
1998年
   
 
日本獣医学会  評議員
 
1992年
   
 
獣医麻酔外科学会  編集委員・評議員
 
 
   
 
日本小動物獣医学会  会員
 
1992年
   
 
獣医画像診断学会  会員
 
1996年
   
 
日本比較臨床血液学会  評議員
 

受賞

 
2017年
日本獣医学会 JVMS 優秀論文賞 犬の環軸椎不安定症に対する3種類の固定手術法の生体力学的評価
 
2016年
日本獣医麻酔外科学会 第92回日本獣医麻酔外科学会優秀賞(アワード) TPLOを適用したCrCLR罹患犬の長期成績に関する検討
 
2016年
日本獣医麻酔外科学会 第93回日本獣医麻酔外科学会優秀賞(アワード) 深部痛覚が消失した胸腰部椎間板ヘルニア症例に対する硬膜切開術の有効性に関する検討
 
2014年
日本獣医麻酔外科学会 第89回日本獣医麻酔外科学会優秀賞(アワード) eTPAモデル犬における前十字靱帯変性における組織学的免疫組織学的検討
 
1999年
社団法人東京都獣医師会会長賞
 

論文

 
Epidemiological and morphological characteristics of incomplete ossification of the dorsal neural arch of the atlas in dogs with atlantoaxial instability
原 康
American Journal of Veterinary Research   79(10) 1079-1086   2018年   [査読有り]
Protein expression of somatostatin receptor 2, somatostatin receptor 5 and dopamine D2 receptor in normal pituitary gland and ACTH-secreting pituitary adenoma in dogs
原 康
Research in Veterinary Science   119 61-66   2018年   [査読有り]
原 康
Journal of Veterinary Medical Science   80(3) 526-531   2018年   [査読有り]
原 康
Journal of Toxicology and Pathology   31 151-154   2018年   [査読有り]

Misc

 
小動物の整形外科領域におけるX線CT検査の有用性,特に臨床および研究面における応用
日本小動物獣医師会雑誌   2    1992年
犬のDLA抗原A8,B4,B6,Cwl,Cw2の日本産集団のおける出現頻度と遺伝子頻度(共著)
移植   23(6) 588-590   1989年
岡野 昇三, 多川 政弘, 菊池 学, 山崎 隆弘, 原 康, 江島 博康, 本好 茂一
獣医麻酔外科学雑誌   21(1) 1-6   1990年
原 康, 多川 政弘, 江島 博康, 織間 博光, 藤田 道郎
獣医学雑誌   56(4) 791-794   1994年
健常ビーグル犬における神経特異的エノラーゼ(Neuron Specitic Enolase:NSE)の臓器別分布と犬の神経系疾患における脳脊髄液中NSEの測定の診断的意義
獣医神経病   (5) 3-12   1998年

書籍等出版物

 
SURGEON:頸椎不安定症
箱崎貴治、原  康 (担当:分担執筆, 範囲:ウォブラー症候群の治療)
インターズー   2018年9月   
SURGEON:トイ犬種の橈尺骨骨折
赤木浩之、原  康 (担当:分担執筆, 範囲:癒合不全と変形癒合の治療法)
インターズー   2017年9月   
Companion Animal Practice No.338
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:小動物の脳神経外科:④脳室腹腔短絡術(後編))
緑書房   2017年8月   
Companion Animal Practice No.337
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:小動物の脳神経外科の進歩:④脳室腹腔短絡術(前編))
緑書房   2017年7月   
Companion Animal Practice No.333
原 康 (担当:分担執筆, 範囲:小動物の脳神経外科の進歩:③クッシング病(後編))
緑書房   2017年3月   

講演・口頭発表等

 
小型犬の整形外科疾患の診断と治療
原 康
第4回 東日本大震災復興祈念シンポジウム   2013年11月24日   
外科的脊椎・脊髄疾患(Surgical spinal disorders: SSD) [招待有り]
原 康
第34 回動物臨床医学会・年 次大会   2013年11月   
犬の前十字靱帯断裂の病態生理学と診 断 [招待有り]
原 康
第15 回日本臨床獣医学 フォーラム年次大会   2013年9月   
後頭骨形成不全症候群 [招待有り]
原 康
第86回獣医麻酔外科学会   2013年6月16日   
小動物に好発する外科的脊椎疾患に対する診断・対処法・手術手技の習得
原 康
Synthes Vet Spine Seminar 2013   2013年4月13日   

担当経験のある科目

 
  • 獣医外科学総論 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医軟部外科学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医運動器病学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本獣医学会 , 獣医麻酔外科学会 , 日本小動物獣医学会 , 獣医画像診断学会 , 獣医神経病学会 , 下垂体研究会

競争的資金等の研究課題

 
延伸Poly-L-lactide製骨接合材料の小動物整形外科領域における適用
X線CTおよびMRIによる小動物の脳脊髄疾患の診断に関する研究
小動物臨床領域における骨形成因子の有用性に関する研究
小動物の下垂体腫瘍に対する診断と治療に関する研究