トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 和田 新平
 

和田 新平

 
アバター
研究者氏名和田 新平
 
ワダ シンペイ
eメールswadanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 病態獣医学部門
職名教授
学位獣医学博士(日本獣医生命科学大学)

研究キーワード

 
水族医学 , 水生動物病理学

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 

委員歴

 
 
   
 
日本獣医学会  評議員
 
2010年
   
 
日本野生動物医学会  監事
 

受賞

 
2014年11月
全国水産試験場長会 全国水産試験場長会会長賞 アユ異型細胞性鰓病の被害軽減技術開発
 

論文

 
Mycobacterium stephanolepidis sp. nov., a rapid growing species related to Mycobacterium chelonae, isolated from marine teleost fish Stephanolepis cirrhifer.
和田 新平
International Journal of Systemic and Environmental Microbiology   67 2811-2817   2017年   [査読有り]
Tomoko Minakawa, Keiichi Ueda, Miyuu Tanaka, Natsuki Tanaka, Mitsuru Kuwamura, Takeshi Izawa, Toshihiro Konno, Jyoji Yamate, Eiko Nakagawa Itano, Ayako Sano, Shinpei Wada
Mycopathologia   181(7) 523-529   2016年12月   [査読有り]
魚病研究   50(2) 68-74   2015年6月   [査読有り]
Experimental pathogenicity of Achlya species from cultured Nile tilapia to Nile tilapia fry in Thailand.
Journal of the Bioflux Soociety   8(1) 70-81   2015年   [査読有り]
Freshwater oomycete isolated from net cage cultures of Oreochromis niloticus with water mold infection in the Nam Phong River, Khon Kaen Province, Thailand
Journal of the Bioflux Soociety   7(6) 529-542   2015年   [査読有り]

Misc

 
尾崎 智基, 畠山 仁, 和田 新平, 倉田 修
魚病研究   46(1) 11-18   2011年3月
ヒラメの鰭より樹立した細胞株(JFF07-1)を支持細胞としたヒラメ白血球の長期培養法を確率した。腎臓より分離した白血球の増殖効率は、20%牛胎児血清添加E-RDF培地を用い、培養温度25℃、ヒラメ血清濃度2.5%、接種細胞数として2×x10(6)cells/mLの条件で培養した時、最も良かった。増殖白血球は、細胞内酵素の発現特性(酸ホスファターゼ強陽性、ペルオキシダーゼ弱陽性、NaF感受性非特異エステラーゼ陽性)および細胞内微細構造(多数の小胞体およびミトコンドリア)から、単球系の細胞が...
Hanjavanit Chutima, Panchai Kwanprasert, 和田 新平, 倉田 修, 畑井 喜司雄
水産増殖 = The aquiculture   58(4) 533-537   2010年12月
Borisutpeth Prasatporn, Kanbutra Pithai, 堀内 映見, 和田 新平, 畑井 喜司雄
水産増殖 = The aquiculture   58(3) 331-335   2010年9月
メダカ成魚とテラピア卵に対する二酸化塩素の毒性について検討した。メダカは16μg/mlの二酸化塩素液中で1時間は生残したが、それ以上の濃度と浸漬時間では死亡した。テラピア卵を0、16、32および63μg/mlの二酸化塩素液中に10分から24時間浸漬させた結果、死亡率は5-15%の範囲であり、各区とも同様の成績であった。このことから、二酸化塩素は遊走子の発芽を抑制する63μg/mlではテラピア卵に毒性がないと判断されることから、ふ化場で水カビ病防止のために使用できると判断された。ただし、魚の...
Laoprasert Thitiporn, Kanchanakhan Somkiat, 八木田 健司, 和田 新平, 倉田 修, CHINABUT Supranee, 畑井 喜司雄
水産増殖 = The aquiculture   58(3) 421-424   2010年9月
原生動物、分子構成、DNA、感染、特性。
Duc Pham Minh, 和田 新平, 倉田 修, 畑井 喜司雄
魚病研究   45(3) 133-136   2010年9月
シャコより分離された不完全菌Plectosporium oratosquillae NJM 0662とAcremonium sp. NJM 0672の分生子浮遊液をクルマエビに筋肉注射した結果、いずれの菌もクルマエビを死亡させた。病クルマエビの鰓には多数の黒色点が出現し、病理組織学的に鰓弁内および接種部周囲に菌糸が観察され、それらは血球によって取り囲まれていた。供試した菌はクルマエビに病原性を有することが示された。

講演・口頭発表等

 
飼育下バイカルアザラシ(Pusa sibirica)におけるMycobacterium chelonaeによる肉芽腫性皮膚炎の一例
和田 新平
第23回日本野生動物医学会   2017年9月   
子宮内膜症とリンパ腫により死亡したシシオザル(Macaca silenus)の1例
和田 新平
第23回日本野生動物医学会   2017年9月   
重篤な化膿性気管支肺炎を伴う座礁スジイルカ(Stenella coeruleoalba)の一例
和田 新平
第23回日本野生動物医学会   2017年9月   
日本海南西部沿岸で座礁したスナメリ(Neophocaena phocaena)にみられた肺病変について
和田 新平
第23回日本野生動物医学会   2017年9月   
国内の水族館で飼育下海水魚に発生した非結核性抗酸菌症について
和田 新平
第23回日本野生動物医学会   2017年9月   

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本魚病学会 , 日本水産学会 , International Association of Aquatic Animal Medicine , 日本野生動物医学会

競争的資金等の研究課題

 
水生動物の疾病に関する病理学的研究
水族医学に関する研究