トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 和田 新平
 

和田 新平

 
アバター
研究者氏名和田 新平
 
ワダ シンペイ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 水族医学研究室
職名教授
学位獣医学博士(日本獣医生命科学大学)
J-Global ID200901059359302650

研究キーワード

 
水生動物病理学 ,水族医学 ,Aquatic Animal Pathology ,Aquatic Medicine

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

委員歴

 
2010年
   
 
日本野生動物医学会  監事
 
 
   
 
日本獣医学会  評議員
 

受賞

 
2014年11月
全国水産試験場長会, 全国水産試験場長会会長賞,アユ異型細胞性鰓病の被害軽減技術開発
栃木県水産試験場 
 

論文

 
 
Daisuke Takuma   Ayako Sano   Shinpei Wada   Osamu Kurata   Kishio Hatai   
MYCOSCIENCE   52(2) 119-131   2011年3月   [査読有り]
A species of Aphanomyces was isolated from juvenile soft-shelled turtles, Pelodiscus sinensis, cultured in Japan. Typically, an infected turtle showed small whitish maculae on the carapace. Many hyphae were observed in the epidermis. The hyphae we...
 
Osamu Kurata   Toru Iwasaki   Tomomasa Matsuyama   Chihaya Nakayasu   Shinpei Wada   Kishio Hatai   
FISH & SHELLFISH IMMUNOLOGY   30(2) 509-514   2011年2月   [査読有り]
In this study, we aimed to identify the leukocyte population that expresses Fas ligand (FasL) in the Japanese flounder (Paralichthys olivaceus). The transcriptional activity of FasL was examined for the first time in the fish leukocytes. Transcrip...
 
Osamu Kurata   Nilubol Kitancharoen   Atushi Fujiwara   Chihaya Nakayasu   Shinpei Wada   Kishio Hatai   
FISH PATHOLOGY   45(3) 121-129   2010年9月   [査読有り]
The role of leukocytes from the kidney of Japanese flounder Paralichthys olivaceus in the encapsulation response was investigated using an in vitro model. The aggregation response of leukocytes to the target fish pathogen Ichthyophonus hoferi was ...
 
Pham Minh Duc   Shinpei Wada   Osamu Kurata   Kishio Hatai   
FISH PATHOLOGY   45(3) 109-114   2010年9月   [査読有り]
Acremonium sp. NJM 0672, isolated from diseased mantis shrimp Oratosquilla oratoria, was susceptible in vitro to three kinds of antifungal agents: voriconazole, amphotericin B and terbinafine hydrochloride. Voriconazole was selected to treat kurum...
 
Masayuki Miura   Kishio Hatai   Motoaki Tojo   Shinpei Wada   Sakura Kobayashi   Takumi Okazaki   
FISH PATHOLOGY   45(1) 24-30   2010年3月   [査読有り]
A visceral mycosis occurred in ayu Plecoglossus altivelis larvae at Yamanashi Prefectural Fisheries Technology Center, Japan, in 2007 and 2008. Cumulative mortalities due to the disease were 19-33%. Most diseased fish were characterized by the opa...

MISC

 
 
高田優三   田口仰星   和田新平   倉田修   鈴木究真   芦澤晃彦   
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2019 47   2019年3月   
 
星野仁彦   吉田光範   深野華子   深野華子   藤原永年   和田新平   鹿住祐子   御手洗聡   
結核   92(2) 245   2017年2月   
 
吉田 光範   深野 華子   鹿住 祐子   青野 昭男   和田 新平   御手洗 聡   星野 仁彦   
結核   92(2) 271-271   2017年2月   
 
星野仁彦   深野華子   深野華子   吉田光範   鹿住祐子   近松絹代   藤原永年   和田新平   小椋義俊   藤本徳毅   水本智咲   小泉祐介   前田浩義   平沼修   石井則久   御手洗聡   林哲也   阿戸学   
日本微生物生態学会大会(Web)   2017 ROMBUNNO.O‐077 (WEB ONLY)   2017年   
 
深野華子   吉田光範   星野仁彦   大松勉   水谷哲也   倉田修   和田新平   
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2016 27   2016年9月   

講演・口頭発表等

 
 
マダライルカ にみられた非結核性抗酸菌感染を伴う増殖性皮膚炎
皆川智子   植田啓一   山根咲恵   猪鼻真理   小峰壮史   渡辺友梨絵   倉田 修   和田新平   佐野文子   
第25回日本野生動物医学会大会   2019年8月31日   
 
スクーチカ繊毛虫の感染が疑われたホシザメの一例について
芦田真衣   和田新平   倉田 修   田中議顕   
第25回日本野生動物医学会大会   2019年8月31日   
 
水族館飼育ホソアオトビ個体群における黒色真菌感染を伴う非結核性抗酸菌症の一例
和田 新平   
第24回日本野生動物医学会大会   2018年8月   
 
飼育下オオアナコンダ個体群にみられた不完全菌感染を伴う非結核性抗酸菌症の一例
和田 新平   
第24回日本野生動物医学会大会   2018年8月   
 
ハギ類におけるMycobacterium stephanolepidis感染症の定量PCR法の確立と診断に適する臓器の検討
和田 新平   
平成30年度日本魚病学会春季大会   2018年3月   

所属学協会

 
 
   
 
日本野生動物医学会
 
   
 
International Association of Aquatic Animal Medicine
 
   
 
日本水産学会
 
   
 
日本魚病学会
 
   
 
日本獣医学会