トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 吉田 達行
 

吉田 達行

 
アバター
研究者氏名吉田 達行
 
ヨシダ タツユキ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科 動物i遺伝育種学教室
職名教授
学位獣医学修士(日本獣医畜産大学), 博士(農学)(東京農工大学)

研究キーワード

 
畜産学

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 畜産学・草地学 / 

学歴

 
 
 - 
1981年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 家畜育種学
 
 
 - 
1979年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 畜産学科
 

委員歴

 
2011年4月
 - 
2017年4月
公益社団法人日本畜産学会  常務理事
 

論文

 
Tajimi H, Yamazaki T, Oike S, Yoshida T, Okada K, Kuwayama M, Ushijima H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2018年5月   [査読有り]
Yoshida T, Ohta Y
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   89(3) 625-627   2018年3月   [査読有り]
Yoshida T, Sato T, Chiba K, Yoshimura I, Osada M, Okada K, Furuta H, Ohta A, Ushijima H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   83(7/8) 529-534   2012年7月   [査読有り]
Yoshida T, Furuta H, Kondo Y, Mukoyama H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   83(5/6) 359-366   2012年5月   [査読有り]
Yoshida T, Seki M, Watanabe N, Furuta H, Yoshimura I, Osada M, Chiba K, Okada K, Kawasumi K, Ushijima H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   83(3) 207-212   2012年3月   [査読有り]
Yoshida T, Mukoyama H, Furuta H, Kondo Y, Takeshima SN, Aida Y, Kosugiyama M, Tomogane H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   80(5) 498-509   2009年10月   [査読有り]
Yoshida T, Mukoyama H, Furuta H, Kondo Y, Takeshima SN, Aida Y, Kosugiyama M, Tomogane H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   80(5) 510-519   2009年10月   [査読有り]
Furuta H, Yoshimi Y, Ohta Y, Yoshida T
Cytotechnology   60(1/3) 165-168   2009年7月   [査読有り]
Furuta H, Sawada T, Nishikawa K, Yamamoto I, Yoshida T, Tanaka M
Cytotechnology   56(1) 27-32   2008年1月   [査読有り]

Misc

 
對馬宣道, 鈴木波, 大森聖, 菊地萌, 栗田明日香, 前田亮輔, 向後克哉, 坂本誠, 太田能之, 吉田達行, 中尾暢宏, 田中実
畜産の研究   68(1) 171-176   2014年1月
太陽光線のなかに紫外線(Ultraviolet rays,Ultraviolet light; 以下,UVと略記)が存在しているというのは,周知の事実である。太陽光線由来のUVは,波長の違いによってUV-A(波長域315~380nm),UV-B(波長域280~315nm)およびUV-C(波長域200~280nm)の3種類がある。これらのUVの波長域を,UV-Aが320~400nm,UV-Bは290~320nmおよびUV-Cを190~290nmと定義する報告もある。地球上に到達する太陽光線を...
對馬宣道, 菊地萌, 大森聖, 栗田明日香, 鈴木波, 前田亮輔, 向後克哉, 坂本誠, 太田能之, 吉田達行, 中尾暢宏, 田中実
畜産の研究   67(12) 1177-1183   2013年12月
一般に,鶏卵の卵殻強度,卵殻厚および卵殻重量などの卵殻質は,鶏齢の進行に伴って顕著に劣化していくことが知られている。また,褐色卵(赤玉)鶏の場合には,鶏卵表面の卵殻色は,卵殻質と同様に加齢とともにその色調が薄くなっていくことも報告されている。鶏卵の卵殻を形成する炭酸カルシウムを分泌する部位と,有色卵において卵殻色素を沈着する場所は,ともに鶏卵管の卵殻腺部であることは周知の事実である。したがって,鶏齢が進行するに伴って,雌鶏の生殖器の一つである卵管に起こる老化現象が,卵殻質の劣化であり,卵殻...
對馬宣道, 鈴木波, 大森聖, 菊地萌, 栗田明日香, 前田亮輔, 向後克哉, 坂本誠, 太田能之, 吉田達行, 中尾暢宏, 田中実
関東畜産学会大会講演要旨集   68th 47   2013年11月
對馬宣道, 向後克哉, 土屋邦博, 太田能之, 吉田達行, 中尾暢宏, 田中実
畜産の研究   67(11) 1087-1094   2013年11月
本研究は,2012年4月から2013年3月までの1年間,(有)サントクファーム松尾農場の発酵槽において,月に1回の割合で,撹拌槽内における鶏糞の水分含量,鶏糞の温度ならびにNH3ガス濃度を測定したものをまとめ,前年度のデータと比較検討したものである。
對馬宣道, 蛯名良充, 西舘亮一, 向後克哉, 坂本誠, 太田能之, 吉田達行, 中尾暢宏, 田中実
畜産の研究   67(5) 523-531   2013年5月
我々は,アロウカナ交雑種の産卵鶏における卵殻色素に関する研究を行っており,淡い青緑色の卵殻色素の原因物質は,ビリベルジンとそれよりは量的に少ないプロトポルフィリンであることをすでに報告している。また,褐色卵を産むボリス・ブラウン産卵鶏の場合,卵殻色素はプロトボルフィリンのみであり,その沈着量と視覚的な色調の濃淡との間には正の相関関係があることも明らかにしてきた。しかしながら,アロウカナ交雑種およびボリス・ブラウン産卵鶏の卵管において,これらの卵殻色素がどのようにしてつくられているのかについ...

所属学協会

 
New Zealand Society of Animal Production , 家畜感染症学会 , 日本畜産学会 , 日本動物遺伝育種学会

競争的資金等の研究課題

 
潜在性乳房炎における各種乳房炎判定指標の相互関係
潜在性乳房炎による乳量,乳質の減少推定
乳牛におけるBoLA DRB3遺伝子と乳房炎との関係