トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 近江 俊徳
 

近江 俊徳

 
アバター
研究者氏名近江 俊徳
 
オウミ トシノリ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門
職名教授
学位農学士(東京農業大学(TUA)), 博士(医学)(自治医科大学(JMU))
その他の所属自治医科大学 医学部
J-Global ID200901086575006604

研究キーワード

 
獣医遺伝・動物遺伝育種 ,動物生命科学 ,DNA多型 ,血液型 ,分子遺伝学 ,animal science ,Human Genetics

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 遺伝学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生命科学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
(兼担)日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科,  学科長, 
 
2012年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 教授, 
 
2014年4月
 - 
2020年3月
(兼担)大学院日本獣医生命科学研究科 獣医保健看護学専攻,  主任, 
 
2007年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 准教授, 
 
2006年4月
 - 
2007年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門 助教授, 
 

論文

 
 
Natsuko Sugiura   Kazuhiko Ochiai   Toshiaki Yamamoto   Takuya Kato   Yoshi Kawamoto   Toshinori Omi   Shin-Ichi Hayama   
The Journal of veterinary medical science   82(4) 479-482   2020年4月   [査読有り]
We analyzed the genotypes of three pregnant females and their litters to investigate the phenomenon of multiple paternity in wild raccoon dogs (Nyctereutes procyonoides) using 17 microsatellite markers. If a female has mated with only one male dur...
 
Toshinori Omi   Sachie Nakiri   Setsuko Nakanishi   Naomi Ishii   Taiki Uno   Fumiharu Konno   Takeshi Inagaki   Atsushi Sakamoto   Masayuki Shito   Chihiro Udagawa   Naomi Tada   Kazuhiko Ochiai   Takuya Kato   Yoshi Kawamoto   Shuichi Tsuchida   Shin-Ichi Hayama   
BMC research notes   13(1) 121-121   2020年3月   [査読有り]
OBJECTIVES: Following the massive earthquake that struck eastern Japan on March 11, 2011, a large amount of radioactive material was released into the environment from the damaged reactor of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (FDNPP). After...
 
Uemura M   Ochiai K   Morimatsu M   Michishita M   Onozawa E   Azakami D   Uno Y   Yoshikawa Y   Sasaki T   Watanabe M   Omi T   
Vet Comp Oncol.   [Epub ahead of print] doi: 10.1111/vco.12542   2019年9月   [査読有り]
 
Kaneda H   Otomo R   Sasaki N   Omi T, Sato   Kaneda T   
J Pharmacological Sci   140(1) 48-53   2019年5月   [査読有り]
 
Yumiko Uno   Shota Kawakami   Kazuhiko Ochiai   Toshinori Omi   
Canine genetics and epidemiology   6(9) 9-9   2019年   [査読有り]
Background: N-glycolylneuraminic acid (Neu5Gc) is synthesized from its precursor N-acetylneuraminic acid (Neu5Ac) by cytidine-5'-monophospho-N acetylneuraminic acid hydroxylase (CMAH), which is encoded by the CMAH gene. Most mammals have both Neu5...

学歴

 
1985年4月
 - 
1989年3月
東京農業大学 農学部 畜産学科
 
 
 - 
1989年
東京農業大学 Faculty of Agriculture 
 

委員歴

 
2019年12月
 - 
現在
学校法人日本医科大学  評議員
 
2019年11月
 - 
現在
動物看護師統一認定機構  理事
 
2015年11月
 - 
現在
動物介在教育・療法学会  監事
 
2011年12月
 - 
現在
日本 DNA多型学会  評議員
 
2009年12月
 - 
現在
日本比較臨床医学会  理事
 

受賞

 
2014年5月
日本獣医臨床病理医学会, 優秀発表賞
 
 
2013年4月
日本獣医生命科学大学, 紫雲賞(教育関連)
 
 
2009年12月
, 日本比較臨床医学会 学会賞
 
2001年12月
日本 DNA多型学会, 優秀研究賞(第3回)共同
 
 
1999年12月
, 日本DNA多型学会 優秀研究賞(第1回)
 

MISC

 
 
植村 光希   落合 和彦   森松 正美   柏木 伸旭   宇埜 友美子   道下 正貴   呰上 大吾   小野沢 栄里   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   162回 479-479   2019年8月   
 
落合 和彦   平間 日奈子   森松 正美   川上 翔太   道下 正貴   中川 貴之   呰上 大吾   稲垣 健志   坂本 敦司   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 431-431   2018年8月   
 
金岡 春央梨   中村 知尋   佐藤 茉水   本田 安里紗   矢口 雅美   川上 翔太   宇埜 友美子   坂本 敦司   呰上 大吾   盆子原 誠   落合 和彦   土田 修一   近江 俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161回 438-438   2018年8月   
 
Inagaki Takeshi   Ohno Hiroshi   Shimada Yuki   Ooka Shiori   Oyamada Takashi   Omi Toshinori   Sakamoto Atsushi   
日本法医学雑誌   72(1) 121-122   2018年5月   
 
Sakamoto Atsushi   Inagaki Takeshi   Ohno Hiroshi   Ooka Shiori   Shimada Yuki   Oyamada Takashi   Kikuchi Motoshi   Omi Toshinori   
日本法医学雑誌   72(1) 202-203   2018年5月   

書籍等出版物

 
 
近江俊徳(担当:その他)
緑書房      2018年8月20日   (ISBN:4895313476)   
 
 
医歯薬出版(株)      1999年      
 
池本 卯典, 近江 俊徳, 梶井 英治, 土田 修一, 岩本 貞彦, 小山田 隆, 後藤 公彦(担当:共著)
専修大学出版局      1996年   (ISBN:4881250868)   

講演・口頭発表等

 
 
血液型遺伝子検査の現状と課題
近江 俊徳   
獣医輸血研究会 第2回学術集会   2019年12月4日   
 
イヌRAD51変異が複合体形成におよぼす影響の検討
植村光希   落合和彦   森松正美   柏木伸旭   宇埜友美子   道下正貴   呰上大吾   小野沢栄里   近江俊徳   
第162回日本獣医学会学術集会 p.479   2019年9月10日   
 
AB型が疑われたB型ネコに見出した新規CMAH遺伝子変異
矢口 雅美   宇埜友美子   落合和彦   山根咲恵   金子直博   稲垣健志   坂本敦司   小野沢栄里   土田修一   近江俊徳   
第162回日本獣医学会学術集会 p.468   2019年9月10日   
 
cDNA cloning and variant analysis of the canine CMAH gene
Uno Y   Kawakami S   Ochiai A Omi T   
The 37th International Society for Animal Genetics Conference, ID:P132, P98).   2019年7月12日   
 
短時間内に受診を繰返したが生前診断されなかた内ヘルニアの一剖検例
坂本敦司   稲垣健志   大野 博   大岡汐里   木城典子   前田純子   小山田隆   近江俊徳   
第103次日本法医学会学術集会 講演要旨 p100   2019年6月13日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
人類遺伝学 (自治医科大学)
 
   
 
自然科学概論 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
生化学 (マロニエ医療福祉専門学校)
 
   
 
動物品種論 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
分子遺伝学特論 (日本獣医生命科学大学大学院)

所属学協会

 
 
   
 
American Association for the Advancement of Science; AAAS(アメリカ科学振興協会)
 
   
 
日本法科学技術学会
 
   
 
動物介教育・療法学会
 
   
 
日本畜産学会
 
   
 
日本獣医学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
輸血副作用を惹起する血液型物質の分子基盤構築と疾患感受性関連解析への展開
日本獣医生命科学大学: 日本学術振興会:学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
近江俊徳 
研究期間: 2016年4月
 
輸血副作用を惹起する血液型抗原エピトープ群の構造解明と遺伝子検査法の開発
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究C)
近江俊徳 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
小動物の悪性腫瘍における癌遺伝子依存性の解析と分子標的療法の基盤構築
日本学術振興会: 学術研究助成基金助成金(基盤研究 B )
盆子原 誠 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
東日本大震災に伴う野生動物の環境変化に関する研究
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金
近江俊徳 
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月
 
研究期間: 2011年3月 - 2012年4月

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他