トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 長谷川 大輔
 

長谷川 大輔

 
アバター
研究者氏名長谷川 大輔
 
ハセガワ ダイスケ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)
J-Global ID200901063136807730

研究キーワード

 
動物モデル ,ネコ ,MRI ,てんかん ,遺伝子解析 ,脳波 ,遺伝 ,イヌ ,疾病モデル動物 ,潅流画像 ,遺伝病 ,小動物臨床 ,,拡散強調画像 ,,カイニン酸 ,獣医画像診断学 ,獣医神経病学 ,獣医脳神経外科学 ,獣医放射線学 ,epileptology ,Veterinary neurosurgery ,Veterinary radiology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医放射線学研究室 教授 
 
2017年11月
 - 
現在
アジア獣医内科学会  神経科専門医 
 
2014年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 臨床獣医学部門治療学分野I 准教授 
 
2008年4月
 - 
2014年3月
日本獣医生命科学大学 獣医放射線学教室 講師 
 
2007年4月
 - 
2008年3月
- 日本獣医生命科学大学獣医学部 助教   
 

学歴

 
 
 - 
2002年
日本獣医生命科学大学大学院 獣医学研究科 画像診断学
 
 
 - 
1998年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 
 
 - 
1998年
日本獣医生命科学大学  
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
The International Veterinary Epilepsy Task Force (IVETF)  Member
 
2009年
 - 
現在
日本てんかん学会  評議員
 
2009年
 - 
現在
獣医神経病学会  評議員
 
2009年
 - 
現在
The Japan Epilepsy Society (The Japanese Chapter of the International League Against Epilepsy)  Councilor
 
2009年
 - 
現在
The Japanese Society of Veterinary Neurology  councilor
 

受賞

 
2019年3月
てんかん治療研究振興財団, 2018年度研究褒賞,自然発生性てんかんモデルとしての家族性側頭葉てんかんネコの確立
長谷川 大輔 
 
2017年1月
The Veterinary Journal (UK), The George Fleming Prize 2016,Diagnostic techniques to detect the epileptogenic zone: Pathophysiological and presurgical analysis of epilepsy in dogs and cats
長谷川 大輔 
 
2016年9月
日本てんかん学会, JHUN AND MARY WADA奨励賞,Eletroencephalographic features of familial spontaneous epileptic cats
長谷川 大輔 
 
2012年3月
日本獣医生命科学大学, 梅野信吉賞,てんかんとMRIを主軸とした脳疾患の基礎的・臨床的研究
長谷川 大輔 
 

論文

 
 
Yoshihiko Yu   Daisuke Hasegawa   James K. Chambers   Kazuhiro Kojima   Rikako Asada   Gary S. Johnson   Kazuyuki Uchida   
Frontiers in Veterinary Science   7 2020年11月   [査読有り]
 
Daisuke Hasegawa   
Journal of Small Animal Practice   61(11) 714-7142020年11月   [査読有り]
 
Shigenori Kouno   Masakazu Shimada   Asaka Sato   Nobuo Kanno   Shuji Suzuki   Yasuji Harada   Daisuke Hasegawa   Yasushi Hara   
Journal of feline medicine and surgery   1098612X209243142020年6月   [査読有り]
OBJECTIVES: This study was performed to evaluate retrospectively the clinical signs, complications and postoperative outcomes of feline intracranial meningioma (IM) with concurrent cingulate, transtentorial and foramen magnum herniations. METHODS:...
 
Yuta Takaichi   James K Chambers   Mun Keong Kok   Hiroki Uchiyama   Makoto Haritani   Daisuke Hasegawa   Hiroyuki Nakayama   Kazuyuki Uchida   
Veterinary pathology   300985820921810-3009858209218102020年4月   [査読有り]
A 4-month-old female mixed-breed cat showed gait disturbance and eventual dysstasia with intention tremor and died at 14 months of age. Postmortem histological analysis revealed degeneration of neuronal cells, alveolar epithelial cells, hepatocyte...
 
Hiroyuki Tani   Sena Kurita   Ryo Miyamoto   Harumi Sawada   Aki Fujiwara-Igarashi   Masaki Michishita   Daigo Azakami   Daisuke Hasegawa   Kyoichi Tamura   Makoto Bonkobara   
Journal of the American Animal Hospital Association   2020年3月   [査読有り]
The objective of this retrospective study was to report treatment outcomes in dogs with histiocytic sarcoma (HS) that were treated with nimustine (ACNU). This study evaluated data from 11 dogs including 5 with macroscopic tumors that were treated ...

MISC

 
 
中嶋眞弓   藤原亜紀   中澤優太   小島龍成   阿江理恵子   長谷川大輔   藤田道郎   
第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会   1 227-2272020年2月   [査読有り]
 
中澤優太   藤原亜紀   浅田李佳子   長谷川大輔   藤田道郎   
第16回日本獣医内科学アカデミー学術大会   1 226-2262020年2月   [査読有り]
 
長谷川大輔   齋藤弥代子   北川勝人   内田和幸   金園晨一   濱本裕仁   湯祥彦   浅田李佳子   平嶋洵也   伊藤大介   チェンバーズ ジェームズ   
獣医神経病学会   45th 8‐92019年6月   
 
鈴木紗弥佳   藤原亜紀   道下正貴   加納塁   安田暁子   浅田李佳子   湯祥彦   長谷川大輔   藤田道郎   
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会   1 210-2102019年2月   [査読有り]
 
中澤優太   藤原亜紀   河畠杏   湯祥彦   浅田李佳子   長谷川大輔   藤田道郎   
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会   1 246-2462019年2月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
辻本元, 小山秀一, 大草潔, 中村篤史編集(範囲:第11章,特発性てんかん(471-474),急性多発性筋炎(498-499;w湯),重症筋無力症(499-502;w湯))
エディワードプレス      2020年8月   
 
辻本元, 小山秀一, 大草潔, 中村篤史編集(範囲:第11章,特発性てんかん(559-563),急性多発性筋炎(597-599;w湯),重症筋無力症(599-602;w湯))
エディワードプレス      2020年8月   
 
小動物てんかん臨床研究会(担当:共編者(共編著 者), 範囲:獣医療で使用される抗てんかん薬について;症例監修)
小動物てんかん臨床研究会      2019年10月   
 
as編集部, 長谷川大輔, ほか(担当:分担執筆, 範囲:16.てんかん(136-143))
インターズー      2019年9月   (ISBN:9784899959984)
 
長谷川大輔, ほか(担当:共訳, 範囲:第8章 ネコの神経系の評価(174-190);第16章 イヌの神経系の評価(412-431))
ファームプレス      2019年9月   

講演・口頭発表等

 
 
難治性てんかん患者に対する新しい治療の試み
長谷川大輔   
第16回日本獣医内科学アカデミー(JCVIM2020)   2020年2月23日   
 
What's your diagnosis? 脳疾患編
長谷川大輔   
第16回日本獣医内科学アカデミー(JCVIM2020)   2020年2月23日   
 
ポメラニアンにおける主要な発作型としての焦点性運動発作である肢におけるジストニア発作:回顧的ケースシリーズ
湯祥彦   長谷川大輔   
ニチジュウシンポジウム2019   2019年12月8日   
 
発作を伴う新生児脳症を呈したスタンダード・プードルにおける磁気共鳴画像および病理組織学的所見:症例報告
湯祥彦   長谷川大輔   James K Chambers   Gary S Johnson   内田和幸   
ニチジュウシンポジウム2019   2019年12月8日   
 
栄養も考えてみよう,こんな病気ー3.神経疾患
長谷川大輔   
第40回動物臨床医学会   2019年11月16日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
救急医療学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医眼科神経病学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医放射線学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医神経病学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
The International Veterinary Epilepsy Task Force (IVETF)
 
   
 
日本てんかん学会
 
   
 
日本獣医学会
 
   
 
獣医画像診断学会
 
   
 
獣医神経病学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
小動物臨床におけるてんかん外科の導入
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科研費)・基盤(A)
長谷川 大輔 
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月
 
自然発症性家族性てんかん猫の包括的てんかん研究(原因遺伝子の同定とてんかん外科の基礎研究)
日本私立学校振興・共済事業団: 平成29年度学術研究振興資金
長谷川 大輔 
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月
 
自然発症性家族性てんかん猫の包括的てんかん研究(原因遺伝子の同定とてんかん外科の基礎研究)
日本私立学校振興・共済事業団: 平成28年度学術研究振興資金
長谷川 大輔 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月
 
家族性自然発症性てんかんネコにおける海馬の病理組織学的検討
公益財団法人 てんかん治療研究振興財団: 研究助成
長谷川 大輔 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
自然発症性家族性てんかん猫の包括的てんかん研究(原因遺伝子の同定とてんかん外科の基礎研究)
日本私立学校振興・共済事業団: 平成27年度学術研究振興資金
長谷川 大輔 
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月

社会貢献活動

 
 
【寄稿】
日本てんかん協会 月刊 波 2017年4月 - 2018年8月
 
【講師】
日本てんかん協会愛知県支部 日本てんかん協会愛知県支部30周年記念講演会 2017年10月7日
 
【講師】
日本てんかん学会 第50回日本てんかん学会 一般市民講演 2016年10月9日