トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 長谷川 大輔
 

長谷川 大輔

 
アバター
研究者氏名長谷川 大輔
 
ハセガワ ダイスケ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)

研究キーワード

 
動物モデル , ネコ , MRI , 遺伝子解析 , てんかん , 脳波 , 遺伝 , イヌ , 疾病モデル動物 , 潅流画像 , 遺伝病 , 小動物臨床 , , 拡散強調画像 , , カイニン酸 , 獣医画像診断学 , 獣医神経病学 , 獣医放射線学 , 獣医脳神経外科学

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 臨床獣医学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 

経歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医放射線学研究室 教授
 
2017年11月
 - 
現在
アジア獣医内科学会 神経科専門医
 
2014年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 臨床獣医学部門治療学分野I 准教授
 
2008年4月
 - 
2014年3月
日本獣医生命科学大学 獣医放射線学教室 講師
 
2003年4月
 - 
2007年3月
- 日本獣医畜産大学獣医学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
2002年
日本獣医生命科学大学大学院 獣医学研究科 画像診断学
 
 
 - 
1998年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2016年9月
 - 
現在
The International Veterinary Epilepsy Task Force (IVETF)  Member
 
2009年
 - 
現在
獣医神経病学会  評議員
 
2009年
   
 
日本獣医学会  疾患名用語委員
 
2009年
 - 
現在
日本てんかん学会  評議員
 

受賞

 
2019年3月
てんかん治療研究振興財団 2018年度研究褒賞 自然発生性てんかんモデルとしての家族性側頭葉てんかんネコの確立
 
2017年1月
The Veterinary Journal (UK) The George Fleming Prize 2016 Diagnostic techniques to detect the epileptogenic zone: Pathophysiological and presurgical analysis of epilepsy in dogs and cats
 
2016年9月
日本てんかん学会 JHUN AND MARY WADA奨励賞 Eletroencephalographic features of familial spontaneous epileptic cats
 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 梅野信吉賞 てんかんとMRIを主軸とした脳疾患の基礎的・臨床的研究
 

論文

 
Hamamoto Y, Hasegawa D, Mizoguchi S, Yu Y, Wada M, Kuwabara T, Fujiwara-Igarashi A, Fujita M
BMC Veterinary Research   12 248   2016年11月   [査読有り]
Hasegawa D
Veterinary journal (London, England : 1997)      2016年3月   [査読有り]
Kohyama M, Yabuki A, Ochiai K, Nakamoto Y, Uchida K, Hasegawa D, Takahashi K, Kawaguchi H, Tsuboi M, Yamato O
BMC veterinary research   12(1) 67   2016年3月   [査読有り]
Wada M, Hasegawa D, Hamamoto Y, Asai A, Shouji A, Chambers J, Uchida K, Fujita M
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   78(1) 101-104   2015年8月   [査読有り]
長谷川 大輔
Epilepsy Research   108(10) 1940-1944   2014年12月   [査読有り]

書籍等出版物

 
猫の診療指針Part.3
長谷川 大輔 (担当:分担執筆, 範囲:4.1.4てんかん;4.1.5水頭症;4.1.6頭部外傷;4.1.7代謝性脳症)
緑書房   2018年9月   
てんかん学用語事典 改訂第2版
長谷川 大輔 (担当:分担執筆, 範囲:焦点(てんかん,てんかん原性))
診断と治療社   2017年11月   
伴侶動物診療指針Vol.8
長谷川 大輔 (担当:分担執筆, 範囲:IVETF指針に基づく犬のてんかんの診断と治療)
緑書房   2017年9月   
犬と猫のCT&MRIアトラス
長谷川 大輔 (担当:監修)
2016年11月   
犬と猫の神経病学 総論編・技術編
長谷川 大輔 (担当:監修)
緑書房   2016年7月   

講演・口頭発表等

 
脳MRIの新しい撮像技術 [招待有り]
長谷川 大輔
獣医神経病学会2017   2017年7月8日   
「救急医療:神経疾患の救急管理」1.どんな症例が神経では救急となるのか
長谷川 大輔
第94回日本獣医麻酔外科学会   2017年6月18日   
犬のてんかん発作重積治療におけるミダゾラム鼻腔内噴霧VSジアゼパム直腸内投与:多施設無作為化並行群間比較研究
長谷川 大輔
第11回日本てんかん学会関東甲信越地方会   2017年6月5日   
犬と猫のてんかん:獣医学領域におけるてんかん診療 [招待有り]
長谷川 大輔
第50回日本てんかん学会   2016年10月9日   
Neuropathological features of hippocampus and amygdala in familial spontanoeus epileptic cats.
湯祥彦,長谷川大輔,濱本裕仁,溝口俊太,桑原孝幸,藤原亜紀,藤田道郎,内田和幸
第50回日本てんかん学会   2016年10月8日   

担当経験のある科目

 
  • 獣医放射線学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医眼科神経病学 (日本獣医生命科学大学)
  • 救急医療学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
アジア獣医内科学会(AiCVIM) , The International Veterinary Epilepsy Task Force (IVETF) , 獣医神経病学会 , 獣医画像診断学会 , 日本獣医学会 , 日本てんかん学会

競争的資金等の研究課題

 
小動物臨床におけるてんかん外科の導入
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費助成事業(科研費)・基盤(A)
研究期間: 2017年4月 - 2022年3月    代表者: 長谷川 大輔
自然発症性家族性てんかん猫の包括的てんかん研究(原因遺伝子の同定とてんかん外科の基礎研究)
日本私立学校振興・共済事業団: 平成29年度学術研究振興資金
研究期間: 2017年4月 - 2018年3月    代表者: 長谷川 大輔
自然発症性家族性てんかん猫の包括的てんかん研究(原因遺伝子の同定とてんかん外科の基礎研究)
日本私立学校振興・共済事業団: 平成28年度学術研究振興資金
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 長谷川 大輔
家族性自然発症性てんかんネコにおける海馬の病理組織学的検討
公益財団法人 てんかん治療研究振興財団: 研究助成
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 長谷川 大輔
自然発症性家族性てんかん猫の包括的てんかん研究(原因遺伝子の同定とてんかん外科の基礎研究)
日本私立学校振興・共済事業団: 平成27年度学術研究振興資金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 長谷川 大輔
新規てんかんモデル動物:ネコ自然発症性てんかんモデルの確立
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費助成事業:若手A
研究期間: 2010年4月 - 2014年3月    代表者: 長谷川 大輔
新規てんかんモデル動物としての自然発症性てんかんネコのコロニー化
武田科学振興財団: 生命科学研究奨励
研究期間: 2009年11月 - 2010年11月    代表者: 長谷川 大輔
イヌ・ネコにおけるてんかん原因/関連遺伝子とてんかん素因の解析
文部科学省/日本学術振興会: 科学研究費助成事業:若手B
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 長谷川 大輔

社会貢献活動

 
動物のてんかん
【講師】  日本てんかん協会愛知県支部  日本てんかん協会愛知県支部30周年記念講演会  2017年10月7日
犬と猫のてんかん:獣医学領域におけるてんかん診療
【講師】  日本てんかん学会  第50回日本てんかん学会 一般市民講演  2016年10月9日