トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 小澤 壯行
 

小澤 壯行

 
アバター
研究者氏名小澤 壯行
 
オザワ タケユキ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科 システム経営学教室
職名教授
学位博士(農学)(東京農工大学)

研究キーワード

 
, 官能試験 , アンケート , ニュージーランド , 国際情報交換 , 市場性 , 粉乳 , 山羊肉 , 石けん , 受容性 , , ヤギ肉 , ヤギ , ヤギ乳 , 製品開発 , ザーネン , 広告効果 , 販路開拓 , ボア , ネーミング

研究分野

 
  • 社会経済農学 / 経営・経済農学 / 畜産生産システム学
  • 動物生命科学 / 動物生産科学 / 畜産生産システム学

経歴

 
2014年
   
 
日本獣医生命科学大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1988年
東京農工大学大学院 農学研究科 農学専攻
 
 
 - 
1986年
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 畜産学科
 

委員歴

 
2017年10月
 - 
現在
日本学術会議  連携会員
 
2016年
 - 
現在
(公社)日本畜産学会  副理事長
 
2014年4月
 - 
現在
全国農業協同組合連合会  酪農経営体験発表会審査委員
 
2012年4月
 - 
2018年3月
(公財)日本農林漁業振興会  農林水産祭専門委員
 
1998年
 - 
2000年
 日本農業経営学会編集委員
 

受賞

 
2015年4月
日本獣医生命科学大学 紫雲賞(教育貢献賞)
 
2011年3月
日本獣医生命科学大学 梅野信吉賞(学術賞)
 
2011年3月
(公社)日本畜産学会 日本畜産学会賞
 
2007年10月
(社)森永奉仕会 森永奉仕会賞
 

論文

 
Obuchi T, Osada M, Ozawa T, Nakagawa H, Hayashi M, Akiyama K, Sakagami N, Miura R, Geshi M, Ushijima H
The Journal of reproduction and development   65(4) 345-352   2019年6月   [査読有り]
Osada M, Iwabuchi H, Aoki T, Sasaki K, Ushijima H, Ozawa T
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   90(4) 597-603   2019年4月   [査読有り]
長田 雅宏, 碇谷 のぞみ, 小澤 壯行
農業経営研究 = Japanese journal of farm management   55(2) 39-44   2017年7月
長田 雅宏, 牛島 仁, 小澤 壯行
農業経営研究 = Japanese journal of farm management   54(4) 72-77   2017年1月
長田 雅宏, 牛島 仁, 小澤 壯行
農業経営研究   54(4) 72-77   2017年
長田雅宏, 加古結子, 町田成史, 韮澤靖, 角田真由美, 保倉勝己, 小澤壯行
関東畜産学会報   67(1) 1‐6   2016年11月
長田 雅宏, 牛島 仁, 小澤 壯行
日畜会報   87(1) 25-33   2016年
わが国の酪農は,飼養頭数規模の拡大にともない,乳牛初妊牛の導入によって後継牛を確保する経営体が増加している.しかし,北海道を主とする初妊牛価格は高騰していることから,安定した後継牛確保は喫緊の課題である.そこで本研究は,栃木県の家族労働力を主とする酪農経営に焦点を充て,後継牛確保の選択行動を決定付ける要因と公共育成牧場に対する利用者・非利用者の預託ニーズをCS分析によって明らかにし,公共育成牧場の発展可能性を検討した.分析の結果,①酪農経営の71.7%は後継牛を自家育成し,31.4%が公共...
長田 雅宏, 小渕 智子, 牛島 仁, 小澤 壮行
農業経営研究   51(2) 43-48   2013年9月
酪農経営は,その経済性と持続性を追求しつつ,具体的な目標と計画をもって日々経営活動を行っている。安定した育成牛頭数の確保は初産牛を増やし,更新率や淘汰率を高めることにより,安定した生乳生産を実現させる。同時に,優良な後継牛の確保は,牛群全体の能力を向上・斉一化させることとなる。しかし,後継牛の育成は,生乳生産に結びつくまでの時間と労力,育成費用,及び育成牛の資産価値などが必ずしも明確でないことから疎かにされがちである。さらに,都府県の酪農経営は,飼養頭数規模を拡大する傾向にあることからも,...
Takahashi F, Mochizuki M, Sato T, Katayama K, Kenyon PR, Morris ST, Kemp PD, Ozawa T, Ueda F, Tazaki H
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   84(6) 496-501   2013年6月   [査読有り]
小渕智子, 長田雅宏, 牛島仁, 小澤壯行
日本畜産学会報   84(1) 43-50   2013年2月
酪農経営の収益性を規定する要因の1つに繁殖技術があげられるが,その経済的価値は酪農家に要され営農の場で利用された時に初めて生じる.本研究は性判別受精卵の利用を希望する酪農家層の経営特性および技術普及に必要な諸条件を明らかにすることを目的に,アンケートと聞き取り調査を実施した.これらの結果から性判別受精卵を「利用したい」,「既に利用している」と回答した酪農家は①多頭飼養,②後継者を確保,③性判別精液または受精卵移植の利用率が高い特性を有していた.したがって「性判別受精卵の利用に積極的な酪農家...
K. Katayama, T. Sato, T. Arai, H. Amao, Y. Ohta, T. Ozawa, P. R. Kenyon, R. E. Hickson, H. Tazaki
Journal of Animal Physiology and Animal Nutrition   97(1) 119-125   2013年2月
Simple liquid chromatography-mass spectrometry (LC-MS) was applied to non-targeted metabolic analyses to discover new metabolic markers in animal plasma. Principle component analysis (PCA) and partial least squares-discriminate analysis (PLS-DA) w...
小澤壯行
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (60) 50-52   2011年12月
小澤壯行、平井智恵、Nicolas Lopez-Villalobos、西谷次郎
日本畜産学会報   81(2) 199-205   2010年5月
近年,山羊飼養の見直しと飼養熱の高まりがわが国において着実に定着しつつある.しかし,山羊産品の商品化には隘路が多く消費者の受容性が高い産品が早期に求められている.そこでメキシコで広範に嗜好されている山羊ミルクジャムであるCajeta(カヘタ)を開発試作し,これと市販の牛ミルクジャムを用いて10代から60代の男女計394名に対して官能試験,市販価格の推定および製品栄養成分分析を実施することにより,当該製品の受容性を明らかにするとともにその将来性について考察を加えた.この結果,山羊ミルクジャム...
Takeyuki OZAWA, Ruriko TAKADA, Jiro NISHITANI, Masaru FUJITA and Hugh T. BLAIR
Animal Science Journal   81(2) 271-275   2010年4月   [査読有り]
A sensory survey was carried out using 4 different types of whole goat milk among middle-class females to investigate consumer acceptability of goat milk and whether there is an opportunity to expand the sale of goat milk products in Japan. Four d...
家畜生産病の定義をめぐる諸論説の整理と今日的視点に関する考察
小澤壯行、石井敬子、西谷次郎
家畜臨床感染症研究   5(1) 1-8   2010年
Takeyuki OZAWA, Kumiko MUKUDA, Masaru FUJITA and Jiro NISHITANI
Animal Science Journal   80(2) 212-219   2009年4月   [査読有り]
A consumer questionnaire conducted with the purpose of ascertaining the acceptability of goat milk and related products in Japan was carried out on 345 guarantees of Nippon Veterinary and Life Science University in December 2006. 275 effective res...
Y. Tanaka, A. Mori, H. Tazaki, S. Imai, J. Shiina, A. Kusaba, T. Ozawa, T. Yoshida, N. Kimura, T. Hayashi, P. R. Kenyon, H. Blair, T. Arai
Research in Veterinary Science   85(1) 17-21   2008年8月
Plasma metabolite concentrations and activities of enzymes related to energy metabolism in plasma, peripheral leukocytes and liver of pregnant Romney ewes with restricted feeding were measured to assess those metabolites and enzymes as indicators ...
Takeyuki OZAWA, Jiro NISHITANI, Nicolas LOPEZ-VILLALOBOS, Hugh BLAIR
Journal of Applied Animal Research   33(2) 113-116   2008年6月   [査読有り]
Ozawa, T., Nishitani, J., Lopez-Villalobos, N. and Blair, H. 2008. The acceptability of goat milk to young Japanese adults. J. Appl. Anim. Res., 33: 113-116. For sensory evaluation of fresh goat milk, a sample of 58 students from the Nippon Veteri...
A. Mori, P. R. Kenyon, N. Mori, I. Yamamoto, Y. Tanaka, N. Suzuki, H. Tazaki, T. Ozawa, T. Hayashi, R. E. Hickson, S. T. Morris, H. Blair, T. Arai
Veterinary Research Communications   32 159-166   2008年2月
Metabolite and immunoreactive insulin (IRI) concentrations, energy metabolism related enzymes activities and peripheral blood mononuclear cell (PBMC) populations were measured in blood of pregnant Angus heifers with differing liveweight change pro...
小澤壯行、西谷次郎
日本獣医生命科学大学研究報告   56(56) 18-21   2007年12月
小澤壯行, 田口雄一, 木口怜香, BLAIR H. T., 藤田優, 西谷次郎
関東畜産学会報   58(1) 1-6   2007年10月
A. Mori, A. Mori, S. Urabe, S. Urabe, M. Asada, M. Asada, Y. Tanaka, Y. Tanaka, H. Tazaki, H. Tazaki, I. Yamamoto, I. Yamamoto, N. Kimura, N. Kimura, T. Ozawa, T. Ozawa, S. T. Morris, S. T. Morris, R. Hickson, R. Hickson, P. R. Kenyon, P. R. Kenyon, H. Blair, H. Blair, C. B. Choi, C. B. Choi, T. Arai, T. Arai
Journal of Veterinary Medicine Series A: Physiology Pathology Clinical Medicine   54(7) 342-345   2007年9月
Concentrations of metabolites and immunoreactive insulin (IRI) and activities of enzymes related to energy metabolism were measured in plasma of Korean and Japanese beef cattle, which were raised by the indoor feeding system programmed to feed lar...
小澤壯行
シープジャパン   (63) 23-25   2007年7月
T. Arai, Y. Tanaka, S. Urabe, A. Kusaba, H. Tazaki, T. Ozawa, N. Kimura, K. K. Jung, K. Waragaya, T. Yuyama, Y. Haseba, S. Imai
Research in Veterinary Science   81(1) 19-23   2006年8月
Plasma metabolite and immunoreactive insulin concentrations and activities of enzymes related to energy metabolism in peripheral leukocytes were measured in growing Holstein calves. A ratio of girth of abdomen divided by girth of thorax (A/T ratio...
“Chevre meat” (goat meat) impressions and taste responses by Japanese
Takeyuki OZAWA, Jiro NISHITANI and Hugh T. BLAIR
Proceeding of New Zealand Society of Animal Production   66 360-362   2006年
Takeyuki OZAWA, Nicolas LOPEZ-VILLALOBOS and Hugh T. BLAIR
Animal Science Journal   76(4) 391-400   2005年8月
The productivity and financial performance of dairy farms in New Zealand and Japan (Hokkaido) were analyzed. By recomposing the official statistics on the dairy industry relative to Japan, New Zealand has low milk yield productivity per cow, but h...
Takeyuki OZAWA, Jiro NISHITANI, Sachiko ODAKE, Nicolas LOPEZ-VILLALOBOS and Hugh T. BLAIR
Animal Science Journal   76(4) 305-312   2005年8月
Three surveys and a sensory evaluation of goat meat were conducted in Japan to examine the current needs and future possibilities of goat meat consumption. The experimental results of the present study lead us to conclude the following: (i) improv...
Is goat meat acceptable to Japanese youth? The first goat meat taste survey in Japan
T.Ozawa, N.Lopez-Villalobos and H.T. Blair
Proceeding of New Zealand Society of Animal Production   65 256-260   2005年
An update on beef traceability regulations in Japan
T.Ozawa, N.Lopez-Villalobos and H.T. Blair
Proceeding of New Zealand Society of Animal Production   65 80-84   2005年
A Survey of goat meat acceptability in Japan -how should New Zealand prepare?-
Proceeding of New Zealand Society of Animal Production,   64:208-211    2004年
Beef traceability system in Japan –how should New Zealand prepare?
Proceeding of New Zealand Society of Animal Production   63:49-52    2003年
Organic beef in Japan,–is there any room for New Zealand? -
Proceedings of New Zealand Society of Animal Production   62; 128-132    2002年
A comparison of dairy farmingbetween New Zealand and Japan
Proceedings of New Zealand Society of Animal Production   61; 203-205(61) 203-205   2001年
J. Nishitani, T. Ozawa, T. Murata
Asian-Australasian Journal of Animal Sciences   13 111   2000年12月
小澤 壯行, 村田 富夫
農業経営研究   37(2) 65-70   1999年9月
小澤 壮行, 西谷 次郎, 村田 富夫
日本獣医畜産大学研究報告   43(43) 21-27   1994年12月
小澤 壮行, 西谷 次郎, 村田 富夫
日本獣医畜産大学研究報告   42(42) 20-30   1993年12月
小澤 壮行, 西谷 次郎, 村田 富夫
日本獣医畜産大学研究報告   41 66-70   1992年
村田 富夫, 西谷 次郎, 小澤 壮行
日本獣医畜産大学研究報告   41 56-65   1992年

Misc

 
池田早保美, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   125th 195   2019年3月
柳原奈央子, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   125th 124   2019年3月
同期化処置前の診断所見と受胎との関連
西尾 直也, 三浦 亮太朗, 吉村 格, 岡田 幸之助, 小澤 壯行, 長田 雅宏, 牛島 仁
日本胚移植学雑誌   41(1) 64-64   2019年3月
大志万泰河, 菅原美里, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   69(1) 57   2018年12月
菅原美里, 大志万泰河, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   69(1) 55   2018年12月
小澤壯行, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   124th 98   2018年3月
君島健太, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   124th 112   2018年3月
成田もも香, 長田雅宏, 小澤壯行, 君島健太, 柳原奈央子
日本畜産学会大会講演要旨   124th 171   2018年3月
山内晴貴, 柳原奈央子, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   124th 171   2018年3月
塚原直樹, 塚原直樹, 宮本宙輝, 永田健, 七田麻美子, 菊地浩平, 菊地浩平, 君島健太, 大志万泰河, 菅原美里, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   124th 198   2018年3月
高橋帆乃佳, 長田雅宏, 小澤壯行, 君島健太, 柳原奈央子
日本畜産学会大会講演要旨   124th 172   2018年3月
経営学からみる畜産学と技術開発課題 乳牛繁殖技術を事例として
小澤 壯行
日本畜産学会大会講演要旨集   121回 88-88   2016年3月
放牧に適した乳牛改良に関する研究 NZ輸入精液利用の可能性
玉川 聡美, 長田 雅宏, 小澤 壯行
日本畜産学会大会講演要旨集   121回 144-144   2016年3月
高大連携活動における教育的効果に関する一考察
山田 僚太, 梅田 成治, 内藤 知子, 長田 雅宏, 古田 洋樹, 牛島 仁, 太田 能之, 小澤 壯行
日本畜産学会大会講演要旨集   121回 247-247   2016年3月
放牧飼養を志向する酪農家のニュージーランド輸入精液の利用意向
玉川 聡美, 長田 雅宏, 牛島 仁, 小澤 壯行
日本畜産学会大会講演要旨集   120回 69-69   2015年9月
酪農家は性判別受精卵を受け入れるのか? 草地酪農地帯における受容性
小澤 壯行, 長田 雅宏, 町田 梓, 宮野 あい, 牛島 仁
日本畜産学会大会講演要旨集   120回 69-69   2015年9月
小澤 壯行, 牛島 仁, 長田 雅宏
畜産の情報 = Livestock industries information   (303) 56-67   2015年1月
小澤壯行, 牛島仁, 長田雅宏
畜産の情報   (303) 56-67   2014年12月
福井 伶奈, 西谷 次郎, 小澤 壯行
畜産の研究   68(4) 469-474   2014年4月
第4章では,現在特産品として全国に出荷している国産ターキーについて述べ,七面鳥生産組合への聞き取り調査の結果から,今後,ターキーが日本市場において普及する可能性と課題を検討したい。先述したが,我が国では太平洋戦争後,アメリカ軍の需要を予想し,また新しい動物性蛋白源として全国的に生産が進められ,なかでも(株)西府農場において,1970年代には,年間約5万羽を全国のホテルや問屋に出荷していた。しかしながら,輸入関税率の引き下げの影響を受け,国内のターキー生産は衰退の一途をたどった。そして,19...
福井 伶奈, 西谷 次郎, 小澤 壯行
畜産の研究   68(3) 349-354   2014年3月
次に,一般消費者のターキーに関する意識調査の結果をもとに,食経験や需要の有無,ターキーの位置づけ等を明らかにした。そして,日本市場におけるターキーの普及の可能性および問題点を検討していく。ターキーに関する意識調査を,2012年11月3日,4日に開催された日本獣医生命科学大学学園祭にて行い,185部の回答を得た。そのうち有効回答は150部であった。回答者の構成は表9のとおりであり,男性60人,女性90人であった。150の有効回答のうち,53%に食経験があった。男性では約60%,女性では約49...
小澤 壯行
農業問題研究 = Journal of the rural issues   45(2) 41-45   2014年2月
福井 伶奈, 西谷 次郎, 小澤 壯行
畜産の研究   68(2) 253-257   2014年2月
七面鳥肉「ターキー」は主要生産国である欧米を中心に,1年を通して消費されており,世界における消費量は,2012年において517万6千トンであった。また,世界のターキー生産量は増加傾向にあり,2012年では549万8千トンと,2000年に比べ15.6%の増加率であり,世界のターキー市場は着実にその規模を拡大させている。我が国においては,レストランやサンドウィッチ店,テーマパーク等で,ターキーが通年提供されるようになったものの,小売店の取扱いは大部分がクリスマスの時期に限られており,その数も少...
酪農家は性判別受精卵を受け入れるのか?
小渕 智子, 長田 雅宏, 牛島 仁, 小澤 壯行
日本畜産学会大会講演要旨集   115回 209-209   2012年3月
小澤 壯行
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 50-52   2011年12月
小澤 壯行
農林水産技術研究ジャーナル   34(9)    2011年9月
小澤 壯行
農村と都市をむすぶ   60(6) 59-63   2010年6月
小澤壯行
酪農ジャーナル   60(12) 10-12   2007年12月
小澤 壯行
酪農ジャ-ナル   60(12) 10-12   2007年12月
小澤壯行
シープジャパン   (62) 26-29   2007年4月
小澤壯行
畜産技術   (613) 26-29   2006年6月
小澤 壯行
畜産技術   (613) 26-29   2006年6月
小澤 壯行
畜産の研究   57(12) 1261-1267   2003年12月

書籍等出版物

 
日本農学会, 斎藤 修, 小川 一紀, 小澤 壯行, 秦 洋二(酒造業), 野原 節雄, 薬師堂 謙一, 鮫島 正浩, 生源寺 真一, 大熊 幹章, 三輪 睿太郎
養賢堂   2014年   ISBN:9784842505244

講演・口頭発表等

 
柳原奈央子, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2019年3月28日   
池田早保美, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2019年3月28日   
菅原美里, 大志万泰河, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   2018年12月29日   
大志万泰河, 菅原美里, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   2018年12月29日   
小澤壯行, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2018年3月28日   
君島健太, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2018年3月28日   
成田もも香, 長田雅宏, 小澤壯行, 君島健太, 柳原奈央子
日本畜産学会大会講演要旨   2018年3月28日   
山内晴貴, 柳原奈央子, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2018年3月28日   
塚原直樹, 塚原直樹, 宮本宙輝, 永田健, 七田麻美子, 菊地浩平, 菊地浩平, 君島健太, 大志万泰河, 菅原美里, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2018年3月28日   
高橋帆乃佳, 長田雅宏, 小澤壯行, 君島健太, 柳原奈央子
日本畜産学会大会講演要旨   2018年3月28日   
小島志穂, 柳原奈央子, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   2017年12月29日   
柳原奈央子, 長田雅弘, 小澤壯行
関東畜産学会報   2017年12月29日   
岩渕仁美, 柳原奈央子, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   2017年12月29日   
塚原直樹, 七田麻美子, 大塚諒, 葉山実咲, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2017年9月6日   
長田雅宏, 岡田朋子, 小川友梨花, 酒井彰敏, 大崎頼子, 古橋佳也, 迫田孝, 小澤壯行
関東畜産学会報   2017年4月30日   
山崎明日香, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2017年3月28日   
君島健太, 君島健太, 小澤壯行, 長田雅宏
日本畜産学会大会講演要旨   2017年3月28日   
長清日佳里, 岡田朋子, 柳原奈央子, 君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   2016年11月11日   
君島健太, 長田雅宏, 小澤壯行
関東畜産学会報   2016年11月11日   
岡田朋子, 長田雅宏, 酒井彰敏, 大崎頼子, 古橋佳也, 迫田孝, 小澤壯行
関東畜産学会報   2016年11月11日   
長田雅宏, 碇谷のぞみ, 小澤壯行
日本農業経営学会研究大会報告要旨   2016年9月15日   
小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
玉川聡美, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
塚原直樹, 大塚諒, 葉山美咲, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
山田僚太, 梅田成治, 内藤知子, 長田雅宏, 古田洋樹, 牛島仁, 太田能之, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
菊池藍里, 長田雅宏, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
葉山実咲, 小澤壯行, 塚原直樹
日本畜産学会大会講演要旨   2016年3月27日   
長田 雅宏, 牛島 仁, 小澤 壯行
日本畜産学会報   2016年2月25日   
わが国の酪農は,飼養頭数規模の拡大にともない,乳牛初妊牛の導入によって後継牛を確保する経営体が増加している.しかし,北海道を主とする初妊牛価格は高騰していることから,安定した後継牛確保は喫緊の課題である.そこで本研究は,栃木県の家族労働力を主とする酪農経営に焦点を充て,後継牛確保の選択行動を決定付ける要因と公共育成牧場に対する利用者・非利用者の預託ニーズをCS分析によって明らかにし,公共育成牧場の発展可能性を検討した.分析の結果,①酪農経営の71.7%は後継牛を自家育成し,31.4%が公共...
君島健太, 尾澤進二, 牛島仁, 小澤壯行
関東畜産学会報   2015年10月30日   
町田梓, 宮野あい, 小澤壯行
関東畜産学会報   2015年10月30日   
玉川聡美, 長田雅宏, 牛島仁, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2015年9月11日   
小澤壯行, 長田雅宏, 町田梓, 宮野あい, 牛島仁
日本畜産学会大会講演要旨   2015年9月11日   
長田雅宏, 牛島仁, 小澤壯行
日本農業経営学会研究大会報告要旨   2015年9月10日   
高橋愛実, 尾澤進二, 高岡智子, 三輪綾香, 影山敦子, 岡田幸之助, 小澤壯行, 牛島仁
日本畜産学会大会講演要旨   2015年3月28日   
長田雅宏, 小渕智子, 牛島仁, 小澤壯行
日本農業経営学会研究大会報告要旨   2014年9月12日   
小澤壯行
日本農学会シンポジウム講演要旨   2013年10月5日   
小渕智子, 長田雅宏, 牛島仁, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2013年9月9日   
小渕智子, 長田雅宏, 牛島仁, 小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2012年3月28日   
小澤壯行
日本畜産学会大会講演要旨   2011年8月26日   
小澤壯行, 蔡承維, 西谷次郎
日本畜産学会大会講演要旨   2009年9月28日   
小澤壯行, 平井智絵, 藤田優, 西谷次郎
日本畜産学会大会講演要旨   2009年3月27日   
椋田久美子, 西谷次郎, 藤田優, 小澤壯行
関東畜産学会大会講演要旨集   2007年11月6日   
安藤正子, 小澤壯行, 飯塚亜希, 遠藤寧, 西谷次郎
関東畜産学会大会講演要旨集   2007年11月6日   
田中絢子, 小竹佐知子, 時友裕紀子, 小澤壯行, 三浦孝之, BLAIR H. T.
関東畜産学会大会講演要旨集   2007年11月6日   
小澤壯行, 石田幸, 岩本夏子, 武渕紀里, 西谷次郎
日本畜産学会大会講演要旨   2007年3月27日   

所属学協会

 
関東畜産学会 , 日本畜産学会 , 日本農業経営学会 , New Zealand Society of Animal Production

Works

 
生体内吸引卵子と性選別精子を用いた効率的な体外受精卵生産技術の開発
2010年 - 2012年
ヤギ乳製品の開発と普及Ⅱ―ヤギミルク製品の製造と受容性調査―
2008年
ヤギ乳製品の開発と普及―消費者受容性調査の実施―
2007年
乳用ヤギ飼育は定着するか?―ヤギ乳生産システムの実証的研究―
2006年 - 2008年
山羊産品の生産システム確立に関する実証的研究
2003年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 小澤 壯行
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2002年 - 2004年    代表者: 淵野 雄二郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 1999年 - 2001年    代表者: 荒木 和秋