トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 金山ー奈良井 朝子
 

金山ー奈良井 朝子

 
アバター
研究者氏名金山ー奈良井 朝子
 
カナヤマーナライ アサコ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 食品科学科
職名准教授
学位農学(東京大学)

研究キーワード

 
食品科学・栄養科学

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 応用生命化学
 
 
 - 
1996年3月
東京大学 農学部 農芸化学科
 

論文

 
Asako Narai-Kanayama, Yuuka Uchida, Aya Kawashima, Tsutomu Nakayama
Process Biochemistry      2019年7月   [査読有り]
Asako Narai-Kanayama, Kosuke Saruwatari, Natsumi Mori, Tsutomu Nakayama
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   82(3) 466-475   2018年3月   [査読有り]
Asako Narai-Kanayama, Aya Kawashima, Yuuka Uchida, Miho Kawamura, Tsutomu Nakayama
Journal of Molecular Catalysis B: Enzymatic   133 S452-S458   2016年   [査読有り]
Asako Narai-Kanayama, Tomoko Hanaishi, and Keiichi Aso
Biochemistry and Biophysics Reports   7 338-346   2016年7月   [査読有り]
Mitsuhashi J, Nakayama T, Narai-Kanayama A
Enzyme and microbial technology   75-76 10-17   2015年7月   [査読有り]
Asako Narai-Kanayama, Norio Tokita, Atsuko Funayama, Keiichi Aso
Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi   60 148-152   2013年5月
The tuberous root of yacon (Smallanthus sonchifolius) is a rich source of fructooligosaccharide (FOS), which has a prebiotic effect. However, FOS significantly decreases accompanying (or FOS significantly decreases with) an increase in fructose du...
Inoguchi S, Ohashi Y, Narai-Kanayama A, Aso K, Nakagaki T, Fujisawa T
International journal of food sciences and nutrition   63(4) 402-410   2012年6月   [査読有り]
Narai-Kanayama A, Hanaishi T, Aso K
Journal of biotechnology   157(3) 428-436   2012年2月   [査読有り]
Narai-Kanayama A, Shikata Y, Hosono M, Aso K
Journal of biotechnology   150(3) 343-347   2010年11月   [査読有り]
Asako Narai-Kanayama, Yuhei Kawamura, Masumi Hosono, Keiichi Aso
Enzyme and Microbial Technology   45 457-462   2009年12月
Oligo-tyrosine peptides such as Tyr-Tyr having angiotensin I-converting enzyme (ACE) inhibitory activity could be synthesized by α-chymotrypsin-catalyzed reaction with l-tyrosine ethyl ester in aqueous media. However, peptide yield in the reaction...
Asako Narai-Kanayama, Keiichi Aso
Enzyme and Microbial Technology   44 235-241   2009年4月
Oligo-tyrosine peptides with degrees of polymerization ranging from 2 to 5 could be synthesized by α-chymotrypsin-catalyzed reaction with l-tyrosine ethyl ester in aqueous media, although the peptide yield was low due to a preferential hydrolysis ...
Narai-Kanayama A, Koshino H, Aso K
Biochimica et Biophysica Acta   1780(6) 881-891   2008年6月   [査読有り]
A. Narai-Kanayama, N. Tokita, K. Aso
Journal of Food Science   72    2007年8月
Tuberous roots of yacon (Smallanthus sonchifolius) accumulate about 10%, on a fresh weight basis, of inulin-type fructooligosacharides (FOSs), known as a food ingredient with various healthy benefits. However, we have a great difficulty to ensure ...

Misc

 
三橋純, 中山勉, 奈良井朝子
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015 2C25P07 (WEB ONLY)   2015年3月
奈良井朝子, 工藤直翼, 堺恵一, 三橋純, 中山勉
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2015 2C25P08 (WEB ONLY)   2015年3月
奈良井朝子
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (63) 100   2014年12月
三橋純, 奈良井朝子, 中山勉
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2014 3D03A16 (WEB ONLY)   2014年3月
奈良井朝子
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (62) 123   2013年12月

講演・口頭発表等

 
チロシナーゼを用いたテアフラビン 3'-ガレート合成反応の収率向上
奈良井 朝子、内田 有香、川島 彩、中山 勉
日本農芸化学会   2019年3月24日   
胆汁酸モデルミセルに含まれるホスファチジルコリンと茶ポリフェノールの相互作用
奈良井 朝子、増田 悠也、中山 勉
Food Congress 2018   2018年9月7日   
1-オクタノール/緩衝液二相系におけるチロシナーゼを用いたテアフラビン-3-ガレートの効率的合成
金山ー奈良井 朝子、中山 勉
日本農芸化学会   2018年3月   
テアフラビン類によるリン脂質リポソームの不溶化と胆汁酸による再分散
中山 勉、猿渡 晃介、森 名丘、奈良井 朝子
日本農芸化学会   2017年3月   
チロシナーゼを用いたテアフラビン合成反応の特異性
奈良井 朝子、川島 彩、内田 有香、川村 美穂、中山 勉
日本農芸化学会   2017年3月   

所属学協会

 
日本フードファクター学会 , 日本栄養食糧学会 , 日本食品科学工学会 , 日本農芸化学会

競争的資金等の研究課題

 
植物酵素パパインを用いたチロシン含有機能性ペプチドの合成および機能性の評価
日本獣医生命科学大学: 若手研究者研究支援
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 金山ー奈良井 朝子