トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 塚田 晃三
 

塚田 晃三

 
アバター
研究者氏名塚田 晃三
 
ツカダ コウゾウ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 病態獣医学部門 獣医病理学研究室
職名教授
学位博士(医学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
ストレス , 炎症性疾患 , トレランス , 腫瘍免疫 , Veterinary immunopathology , Tumor immunology

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 実験病理学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

経歴

 
2018年
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授
 
2011年
 - 
2018年
日本獣医生命科学大学 獣医学部 准教授
 
2006年
 - 
2011年
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師
 
2004年
 - 
2006年
慶應義塾大学 医学部 助手
 
1998年
 - 
2004年
長崎大学 医学部 助手
 

学歴

 
1992年
 - 
1996年
名古屋大学大学院 医学研究科博士課程(病理系) 
 
 
 - 
1996年
名古屋大学  
 
 
 - 
1992年
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 
 
 
 - 
1992年
Nippon Veterinary and Animal Science University Faculty of Veterinary Medicine and Animal Sciences 
 

論文

 
Ohkusu-Tsukada K, Yamashita T, Tsukada T, Takahashi K
Genes and immunity   20(1) 74-81   2019年1月   [査読有り]
Environmental factors and the major histocompatibility complex (MHC) are involved in the pathogenesis of atopic dermatitis (AD). However, MHC type (H2 haplotype) of AD model mice NC/Nga is poorly understood. Alloreactive CD8+ or CD4+ T cells in NC...
Ohkusu-Tsukada, K. Ito, D. Okuno, Y. Tsukada T, Takahashi K
Scientific Reports   8 2586   2018年2月   [査読有り]
We recently advocated in favour of naming a novel H2-haplotype consisting of Kd, D/Ldm7, I-Ak and I-Ek in the atopic dermatitis (AD) mouse model NC/Nga as “H-2nc.” The role of the H2-haplotype in AD development was investigated in H2b-congenic NC/...
Ohkusu-Tsukada, K. Ito, D, Takahashi K
International Archives of Allergy and Immunology   176(2) 91-100   2018年   [査読有り]
Background: Although immunosuppressants for therapy of atopic dermatitis (AD) are still being sought, proteasome inhibitors are also potential candidates for the treatment of AD. Proteasome inhibitors exert various effects by blocking proteasomal ...
Ohkusu-Tsukada K, Tsukada T, Takahashi K
Bioscience, biotechnology, and biochemistry   81(11) 2160-2163   2017年11月   [査読有り]
Superantigens (SAgs) are powerful T-cell stimulatory proteins. Because an atopic dermatitis (AD) model NC/Nga mice had two endogenous SAgs, namely minor lymphocyte-stimulating locus-1a (Mls-1a) and mouse mammary tumor virus (MMTV)(SHN), SAg-respon...
Yoshimura H, Kimura-Tsukada N, Ono Y, Michishita M, Ohkusu-Tsukada K, Matsuda Y, Ishiwata T, Takahashi K
Vet. Pathol.   52(6) 1227-1234   2015年11月   [査読有り]

MISC

 
Machida Y, Michishita M, Wada M, Hori T, Kawakami E, Yoshimura H, Ohkusu-Tsukada K, Taya K, Takahashi K
Journal of comparative pathology   156(2-3) 178-182   2017年2月   [査読有り]
Nakahira R, Yoshida R, Michishita M, Ohkusu-Tsukada K, Takahashi K
Comparative medicine   66(1) 25-29   2016年2月   [査読有り]
Ganglion cell-like (GL) cells reside in the dermis of the ventral skin of mature male Djungarian hamsters (Phodopus sugorus) and express androgen receptor (AR). To assess whether GL cells have androgen-dependent behavior, we evaluated the histolog...
Arai K, Kobayashi M, Harada Y, Hara Y, Michishita M, Ohkusu-Tsukada K, Takahashi K
American journal of veterinary research   77(1) 77-83   2016年1月   [査読有り]
Yoshimura H, Kimura N, Michishita M, Ohkusu-Tsukada K, Takahashi K
J Vet Diagn Invest.   22(2) 305-309   2010年
A lipid-rich carcinoma of the mammary gland was diagnosed in a female Djungarian hamster (Phodopus sungorus), which was kept as an indoor pet. The animal underwent surgery for a primary tumor arising in the mammary gland at the age of 16 months, a...
塚田 晃三
日本獣医生命科学大学研究報告   55 49-51   2006年   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
塚田 晃三
第3回動物臨床免疫療法研究会   2014年10月4日   
塚田 晃三
第155回日本獣医学会学術集会・日本獣医病理学会   2013年3月30日   
塚田 晃三
第8回基盤的癌免疫研究会総会(日本がん免疫学会)   2006年7月15日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 免疫学実習 (長崎大学医学部, 名古屋大学医学部)
  • 獣医免疫学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医病理学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医病理学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本比較病理学研究会 , 日本獣医病理学専門家協会 , 日本獣医学会 , 日本免疫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究B
研究期間: 2019年4月 - 2023年3月
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究C
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月

産業財産権

 
戸田 正博, 植田 良, 塚田 晃三