トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 岡田 幸之助
 

岡田 幸之助

 
アバター
研究者氏名岡田 幸之助
 
オカダ コウノスケ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科
職名准教授
学位博士(農学)(神戸大学大学院)

研究キーワード

 
発生工学 , 生殖生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 

経歴

 
2006年7月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科
 
2004年7月
 - 
2006年6月
Institute of Animal Production (CZECH REPUBLIC) ポスドク研究員
 

学歴

 
 
 - 
現在
神戸大学大学院 自然科学研究科(博士後期課程) 
 
 
 - 
現在
日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学) 獣医畜産学部(現 応用生命科学部) 
 

論文

 
Atsuko Kageyama, Minako Tanaka, Mami Morita, Hitoshi Ushijima, Hiroshi Tomogane, Konosuke Okada
THERIOGENOLOGY   86(3) 899-905   2016年8月   [査読有り]
Japanese field vole (Microtus montebelli) is a wild-derived rodent and have unique characteristic. Thus, these species have been expected as model animal. This study was performed to develop novel superovulation procedure for Japanese field vole. ...
Atsuko Kageyama, Atsushi Tohei, Hitoshi Ushijima, Konosuke Okada
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   78(8) 1283-1291   2016年8月   [査読有り]
Pentobarbital sodium (Somnopentyl) can induce surgical anesthesia with a strong hypnotic effect that causes loss of consciousness. Animals have been known to die during experimental surgery under anesthesia with Somnopentyl, causing it to be decla...
Tatsuyuki Yoshida, Taro Sato, Koji Chiba, Itaru Yoshimura, Masahiro Osada, Konosuke Okada, Hiroki Furuta, Akihiko Ohta, Hitoshi Ushijima
ANIMAL SCIENCE JOURNAL   83(7) 529-534   2012年   [査読有り]
This study was designed to evaluate the effect of estrus synchronization treatments on recipient heifers for embryo transfer (ET). Holstein heifers were separated into the following three groups: (i) an administration of 50 mu g GnRH (gonadotropin...
Tatsuyuki Yoshida, Makoto Seki, Norio Watanabe, Hiroki Furuta, Itaru Yoshimura, Masahiro Osada, Koji Chiba, Konosuke Okada, Koh Kawasumi, Hitoshi Ushijima
ANIMAL SCIENCE JOURNAL   83(3) 207-212   2012年   [査読有り]
Diagnosis of corpus luteum (CL) function by rectal palpation (RP) has been widely used for recipient selection of embryo transfer (ET), a technology essential for genetic improvements in cattle. To examine the accuracy of RP diagnosis method, the ...
Irena Vackova, Zora Novakova, Vladimir Krylov, Konosuke Okada, Tomas Kott, Helena Fulka, Jan Motlik
JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   57(5) 594-603   2011年10月   [査読有り]
The present study was designed to extensively characterize cell lines derived from porcine blastocysts by several methodical approaches, including morphological observation, cytogenetic analysis, estimation of alkaline phosphatase activity and det...

書籍等出版物

 
岡田 幸之助 (担当:分担執筆, 範囲:イヌの繁殖)
養賢堂   2017年   
岡田 幸之助ら (担当:分担執筆, 範囲:Artificial activation of mouse and pig mature oocytes by divalent cations.)
Hokuto Shobo (Kyoto)   2003年   
三宅 正史ら (担当:共著, 範囲:Early development of porcine parthenogenetic diploids in-vitro.)
Hokuto Shobo (Kyoto)   2001年   

講演・口頭発表等

 
髙橋 優奈, 牛島 仁, 岡田 幸之助
日本繁殖生物学会第112回大会   2019年9月4日   
三島 尭子, 岡田 幸之助ら
日本畜産学会第121回大会   2016年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 細胞発生生物学 (日本大学)
  • 卒業論文 (日本獣医生命科学大学)
  • 専門英語コースI & II (日本獣医生命科学大学)
  • フレッシュ-ゼミ(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 動物資源科学概論(分担) (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本養豚学会 , 日本畜産学会 , 日本繁殖生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
伊藤記念財団: 平成30年度研究助成等事業
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月
その他の研究制度
研究期間: 2007年   

社会貢献活動

 
【報告書執筆】  独立行政法人国立青少年教育振興機構  2008年9月
【企画, 運営参加・支援】  独立行政法人国立青少年教育振興機構  一つの生命の始まりを観る!〜精子と卵子の出会い〜  2007年12月25日 - 2007年12月27日