トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 岡田 幸之助
 

岡田 幸之助

 
アバター
研究者氏名岡田 幸之助
 
オカダ コウノスケ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科
職名准教授
学位博士(農学)(神戸大学大学院)

研究キーワード

 
発生工学 , 生殖生物学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 

経歴

 
2006年7月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 動物科学科
 
2004年7月
 - 
2006年6月
Institute of Animal Production (CZECH REPUBLIC) ポスドク研究員
 

学歴

 
 
 - 
現在
神戸大学大学院 自然科学研究科(博士後期課程) 
 
 
 - 
現在
日本獣医畜産大学(現 日本獣医生命科学大学) 獣医畜産学部(現 応用生命科学部) 
 

論文

 
I. Barnetova, K. Okada
CZECH JOURNAL OF ANIMAL SCIENCE   55(2) 49-57   2010年2月   [査読有り]
Conflicting data still exist regarding the extent of paternal pronuclear DNA demethylation in one cell-stage mammalian embryos. Demethylation of paternal pronuclear DNA was observed in in vivo produced porcine zygotes, whereas in vitro produced em...
Konosuke Okada, Chiara Palmieri, Leonardo Della Salda, Irena Vackova
ZYGOTE   16(1) 49-56   2008年2月   [査読有り]
The positive effect of strontium ions (Sr(2+)) on sperm motility, capacitation and acrosome reaction has been demonstrated in the mouse, human, guinea pig and hamster. In the present study, we have evaluated the effect of Sr(2+) on the viability a...
Jibak Lee, Konosuke Okada, Sugako Ogushi, Takashi Miyano, Masashi Miyake, Masakane Yamashita
CELL CYCLE   5(13) 1448-1455   2006年7月   [査読有り]
Chromosome separation in meiosis I is different from those in mitosis and meiosis II in that homologs separate from each other in the former while sisters do so in the latter. We show here that meiosis-specific cohesin subunit Rec8 in mouse oocyte...
K Okada, Krylov, V, R Kren, J Fulka
JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT   52(1) 91-98   2006年2月   [査読有り]
The aim of present study was to optimize culture conditions for pig embryos. Initially, we evaluated three different basic culture conditions. When embryos from electro-activation (parthenotes) or in vitro fertilization (IVF-embryos) were cultured...
FULKA et
Histochemistry and Cell Biology   25 1-5   2006年   [査読有り]

書籍等出版物

 
岡田 幸之助 (担当:分担執筆, 範囲:イヌの繁殖)
養賢堂   2017年   
岡田 幸之助ら (担当:分担執筆, 範囲:Artificial activation of mouse and pig mature oocytes by divalent cations.)
Hokuto Shobo (Kyoto)   2003年   
三宅 正史ら (担当:共著, 範囲:Early development of porcine parthenogenetic diploids in-vitro.)
Hokuto Shobo (Kyoto)   2001年   

講演・口頭発表等

 
髙橋 優奈, 牛島 仁, 岡田 幸之助
日本繁殖生物学会第112回大会   2019年9月4日   
三島 尭子, 岡田 幸之助ら
日本畜産学会第121回大会   2016年3月   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 細胞発生生物学 (日本大学)
  • 卒業論文 (日本獣医生命科学大学)
  • 専門英語コースI & II (日本獣医生命科学大学)
  • フレッシュ-ゼミ(分担) (日本獣医生命科学大学)
  • 動物資源科学概論(分担) (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本養豚学会 , 日本畜産学会 , 日本繁殖生物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
伊藤記念財団: 平成30年度研究助成等事業
研究期間: 2018年6月 - 2019年3月
その他の研究制度
研究期間: 2007年   

社会貢献活動

 
【報告書執筆】  独立行政法人国立青少年教育振興機構  2008年9月
【企画, 運営参加・支援】  独立行政法人国立青少年教育振興機構  一つの生命の始まりを観る!〜精子と卵子の出会い〜  2007年12月25日 - 2007年12月27日