トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 大橋 雄二
 

大橋 雄二

 
アバター
研究者氏名大橋 雄二
 
オオハシユウジ
所属日本獣医生命科学大学
職名教授
学位博士(農学)

研究キーワード

 
腸内細菌 , 腸管免疫

研究分野

 
  • 農芸化学 / 応用微生物学 / 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 
  • 基礎医学 / 細菌学(含真菌学) / 
  • 基礎医学 / 免疫学 / 

受賞

 
2013年3月
日本畜産学会 論文賞(Animal Science Journal)
 

論文

 
Ohashi Y, Fujisawa T
Bioscience of microbiota, food and health   38(2) 65-68   2019年   [査読有り]
Ohashi Y, Fujisawa T
Bioscience of microbiota, food and health   36(4) 151-154   2017年   [査読有り]
Masuoka H, Shimada K, Kiyosue-Yasuda T, Kiyosue M, Oishi Y, Kimura S, Ohashi Y, Fujisawa T, Hotta K, Yamada A, Hirayama K
PloS one   12(8) e0181739   2017年   [査読有り]
Fujisawa T, Ohashi Y, Shin R, Narai-Kanayama A, Nakagaki T
Bioscience of microbiota, food and health   36(1) 33-37   2017年   [査読有り]
Takagi T, Naito Y, Higashimura Y, Ushiroda C, Mizushima K, Ohashi Y, Yasukawa Z, Ozeki M, Tokunaga M, Okubo T, Katada K, Kamada K, Uchiyama K, Handa O, Itoh Y, Yoshikawa T
The British journal of nutrition   116(7) 1199-1205   2016年10月   [査読有り]

Misc

 
特集[腸内細菌」 ヒトの腸内細菌叢
藤澤倫彦、大橋 雄二
日本食品安全協会会誌   13(3) 135-142   2018年   [依頼有り]
産業動物とプロバイオティクス
藤澤倫彦, 大橋雄二
宮城県獣医師会会報   68(2) 67-72   2015年
【腸の世界-腸内フローラ(細菌叢)と健康・疾病】 家畜とプロバイオティクス
藤澤 倫彦, 大橋 雄二
遺伝: 生物の科学   68(4) 363-367   2014年7月
藤澤 倫彦, 大橋 雄二
腸内細菌学雑誌   25(3) 165-179   2011年7月
健常なヒトや動物の腸内には多種多様な細菌が存在している。これら細菌の生態や機能についての検討を行うに当たっては精度の高い検出法を用いることが基本である。現在まで、これら細菌叢を検索するためのEG寒天培地やBL寒天培地といった非選択培地および種々の高感度選択培地、ロールチューブ法、嫌気性グローブボックス、Plate-in-bottle法といった腸内に優勢に存在する高度嫌気性細菌検出のための手段が開発されてきた。一方、近年における分子生物学の進展に伴い、FISH法、PCR法、クローンライブラリ...
プロバイオティクスの保健効果ープロバイオティクス乳酸菌と常在腸内細菌叢の関係ー
大橋雄二
科学飼料   56(9) 341-343   2011年

書籍等出版物

 
世紀を超えるビフィズス菌の研究ーその基礎と臨床応用から製品開発までー
上野川修一, 山本憲二  日本ビフィズス菌センター 監修 (担当:分担執筆, 範囲:菌種同定 2-1. 菌種特異的プライマーを用いたPCRによる方法 pp.37-40.)
アイペック   2011年6月   
消化管の栄養・生理と腸内細菌
Hindgut Club Japan 編 (担当:分担執筆, 範囲:消化管運動の生理的意義と測定 pp.125-128. (大橋雄二))
アニマル・メディア社   2011年   
腸内フローラと共生・認識
光岡知足 編 (担当:分担執筆, 範囲:腸内環境と腸管組織の生理応答 pp.41-50 (牛田一成, 亀上知世子, 井上亮, 塚原隆充, 大橋雄二))
学会出版センター   2006年   

講演・口頭発表等

 
腸内細菌と宿主の応答. [招待有り]
大橋雄二
第33回草食実験動物研究会.   2008年11月   
セグメント細菌の定着と糞便IgA量の関係.
大橋雄二, 藤澤倫彦, 牛田一成.
第12回Hindgut club japan.   2006年12月   
プロバイオティック乳酸菌Lactobacillus delbrueckii subsp.bulgaricus 2038株によるブタ常在Lactobacillusの賦活化
大橋 雄二, 徳永 誠, 牛田 一成, 竹友 直生
日本乳酸菌学会誌   2006年6月   
Lactobacillus casei乳酸菌飲料継続摂取による腸内細菌叢の変動
徳永 誠, 大橋 雄二, 牛田 一成
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   2003年4月   
Lactobacillus casei乳酸菌飲料継続摂取による腸内容物滞留の延長
大橋 雄二, 宮崎 孔志, 小島 洋一, 牛田 一成
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   2002年6月   

所属学協会

 
日本分子生物学会 , 日本消化吸収学会 , 日本食品免疫学会 , 日本栄養・食糧学会 , 日本農芸化学会

競争的資金等の研究課題

 
腸内細菌と宿主の相互作用