トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 大橋 雄二
 

大橋 雄二

 
アバター
研究者氏名大橋 雄二
 
 オオハシユウジ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署
職名教授
学位博士(農学)
J-Global ID200901098420705920

研究キーワード

 
腸管免疫 ,腸内細菌

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 

受賞

 
2013年3月
日本畜産学会, 論文賞(Animal Science Journal)
大橋雄二 
 

論文

 
 
Ohashi Y   Fujisawa T   
Bioscience of microbiota, food and health   38(2) 65-682019年4月   [査読有り]
 
Ohashi Y   Fujisawa T   
Bioscience of microbiota, food and health   36(4) 151-1542017年10月   [査読有り]
 
Hiroaki Masuoka   Kouya Shimada   Tomoyo Kiyosue-Yasuda   Masaharu Kiyosue   Yukie Oishi   Seiji Kimura   Yuji Ohashi   Tomohiko Fujisawa   Kozue Hotta   Akio Yamada   Kazuhiro Hirayama   
PLOS ONE   12(8) e01817392017年8月   [査読有り]
The transition of intestinal microbiota with age has been well described in humans. However, the age-related changes in intestinal microbiota of cats have not been well studied. In the present study, we investigated the composition of intestinal m...
 
Fujisawa T   Ohashi Y   Shin R   Narai-Kanayama A   Nakagaki T   
Bioscience of microbiota, food and health   36(1) 33-372017年1月   [査読有り]
 
Tomohisa Takagi   Yuji Naito   Yasuki Higashimura   Chihiro Ushiroda   Katsura Mizushima   Yuji Ohashi   Zenta Yasukawa   Makoto Ozeki   Makoto Tokunaga   Tsutomu Okubo   Kazuhiro Katada   Kazuhiro Kamada   Kazuhiko Uchiyama   Osamu Handa   Yoshito Itoh   Toshikazu Yoshikawa   
BRITISH JOURNAL OF NUTRITION   116(7) 1199-12052016年10月   [査読有り]
Partially hydrolysed guar gum (PHGG), a water-soluble dietary fibre produced by the controlled partial enzymatic hydrolysis of guar gum beans, has various physiological roles. This study aimed to elucidate the beneficial effects of PHGG on colonic...

MISC

 
 
藤澤倫彦   大橋 雄二   
日本食品安全協会会誌   13(3) 135-1422018年   [招待有り]
 
藤澤倫彦   大橋雄二   
宮城県獣医師会会報   68(2) 67-722015年   
 
藤澤 倫彦   大橋 雄二   
遺伝: 生物の科学   68(4) 363-3672014年7月   
 
藤澤 倫彦   大橋 雄二   
腸内細菌学雑誌   25(3) 165-1792011年7月   
健常なヒトや動物の腸内には多種多様な細菌が存在している。これら細菌の生態や機能についての検討を行うに当たっては精度の高い検出法を用いることが基本である。現在まで、これら細菌叢を検索するためのEG寒天培地やBL寒天培地といった非選択培地および種々の高感度選択培地、ロールチューブ法、嫌気性グローブボックス、Plate-in-bottle法といった腸内に優勢に存在する高度嫌気性細菌検出のための手段が開発されてきた。一方、近年における分子生物学の進展に伴い、FISH法、PCR法、クローンライブラリ...
 

書籍等出版物

 
 
上野川修一, 山本憲二, 日本ビフィズス菌センター 監修(担当:分担執筆, 範囲:菌種同定 2-1. 菌種特異的プライマーを用いたPCRによる方法 pp.37-40.)
アイペック      2011年6月      
 
Hindgut Club, Japan 編(担当:分担執筆, 範囲:消化管運動の生理的意義と測定 pp.125-128. (大橋雄二))
アニマル・メディア社      2011年      
 
光岡知足(担当:分担執筆, 範囲:腸内環境と腸管組織の生理応答 pp.41-50 (牛田一成, 亀上知世子, 井上亮, 塚原隆充, 大橋雄二))
学会出版センター      2006年      

講演・口頭発表等

 
 
腸内細菌叢研究の基礎と動向・今後
大橋雄二   
情報機構セミナー   2020年1月16日   
 
腸内細菌叢の基礎及び最近の研究動向
大橋雄二   
情報機構セミナー   2019年1月24日   
 
イヌ糞便由来細菌の菌種同定およびペットフードの成分の違いがイヌ腸内細菌叢に及ぼす影響
永富 靖章   布藤 聡   信井 俊哉   平尾 栄志   大橋 雄二   藤澤 倫彦   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年3月   
 
健常人の腸内細菌叢ならびに唾液中分泌型IgA濃度に及ぼす乳酸菌混合発酵産物の影響
新 良一   伊藤 幸惠   大縄 悟志   水谷 武夫   金内 長司   関口 守衛   三浦 竜介   原 宏佳   大橋 雄二   藤澤 倫彦   
日本統合医療学会誌   2011年12月   
 
Individual differences in effects of probiotic bacteria on short-chain fatty acid production in batch fecal fermentation.
Ohashi Y   Fujisawa T   
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress and The 6th Asian Conferenceon Lactic Acid Bacteria   2011年9月   

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本消化吸収学会
 
   
 
日本食品免疫学会
 
   
 
日本栄養・食糧学会
 
   
 
日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題