トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 大橋 雄二
 

大橋 雄二

 
アバター
研究者氏名大橋 雄二
 
オオハシユウジ
所属日本獣医生命科学大学
職名教授
学位博士(農学)

研究キーワード

 
腸管免疫 , 腸内細菌

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 細菌学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 
  • ライフサイエンス / 応用微生物学 / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない / 
  • ライフサイエンス / 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む / 
  • ライフサイエンス / 栄養学、健康科学 / 

受賞

 
2013年3月
日本畜産学会 論文賞(Animal Science Journal)
 

論文

 
Takuya Yogo, Yuji Ohashi, Kunihiko Terakado, Yasuji Harada, Yoshinori Nezu, Yasushi Hara, Masahiro Tagawa, Haruo Kageyama, Tomohiko Fujisawa
INTERNATIONAL JOURNAL OF APPLIED RESEARCH IN VETERINARY MEDICINE   9(2) 176-183   2011年   [査読有り]
This study investigated the influence of dried okara-tempeh, the insoluble portion of soybeans fermented with ragi-tempeh, on fecal microbiota and metabolites in dogs. Three dried okara-tempehs (individual weight: approximately 5 g) were given dai...
Hideki Ishikawa, Satoshi Matsumoto, Yuji Ohashi, Akemi Imaoka, Hiromi Setoyama, Yoshinori Umesaki, Ryuichiro Tanaka, Toru Otani
DIGESTION   84(2) 128-133   2011年   [査読有り]
Background/Aim: In previous studies, we described the beneficial effects of bifidobacteria-fermented milk in patients with ulcerative colitis (UC). Here, we examined the effects of a live Bifidobacterium breve strain Yakult, a probiotic contained ...
Kenji Shinohara, Yuji Ohashi, Koh Kawasumi, Atsushi Terada, Tomohiko Fujisawa
ANAEROBE   16(5) 510-515   2010年10月   [査読有り]
The effects of apple intake on the fecal flora, water content, pH, and metabolic activities in eight healthy volunteers and the utilization of apple pectin in vitro were investigated. Although several isolates of Bifidobacterium, Lactobacillus, En...
Yuji Ohashi, Mari Hiraguchi, Chinatsu Sunaba, Chieko Tanaka, Tomohiko Fujisawa, Kazunari Ushida
ANAEROBE   16(5) 543-546   2010年10月   [査読有り]
Segmented filamentous bacteria (SFB) colonize in the ileum. They promote the development of intraepithelial lymphocytes and immunoglobulin A (IgA)-producing cells in the small intestine. In SFB-monoassociated mice, changes in SFB colonization of t...
Fumiaki Abe, Masamichi Muto, Tomoko Yaeshima, Keiji Iwatsuki, Hiroaki Aihara, Yuji Ohashi, Tomohiko Fujisawa
ANAEROBE   16(2) 131-136   2010年4月   [査読有り]
Although probiotic-containing nutrient formulas for infants and toddlers have become very popular, some adverse effects related to translocation of probiotic strains have been reported. We assessed the safety of probiotic bifidobacteria that have ...

MISC

 
藤澤倫彦, 大橋 雄二
日本食品安全協会会誌   13(3) 135-142   2018年   [依頼有り]
藤澤倫彦, 大橋雄二
宮城県獣医師会会報   68(2) 67-72   2015年
藤澤 倫彦, 大橋 雄二
遺伝: 生物の科学   68(4) 363-367   2014年7月
藤澤 倫彦, 大橋 雄二
腸内細菌学雑誌   25(3) 165-179   2011年7月
健常なヒトや動物の腸内には多種多様な細菌が存在している。これら細菌の生態や機能についての検討を行うに当たっては精度の高い検出法を用いることが基本である。現在まで、これら細菌叢を検索するためのEG寒天培地やBL寒天培地といった非選択培地および種々の高感度選択培地、ロールチューブ法、嫌気性グローブボックス、Plate-in-bottle法といった腸内に優勢に存在する高度嫌気性細菌検出のための手段が開発されてきた。一方、近年における分子生物学の進展に伴い、FISH法、PCR法、クローンライブラリ...

書籍等出版物

 
上野川修一, 山本憲二, 日本ビフィズス菌センター 監修 (担当:分担執筆, 範囲:菌種同定 2-1. 菌種特異的プライマーを用いたPCRによる方法 pp.37-40.)
アイペック   2011年6月   
Hindgut Club, Japan 編 (担当:分担執筆, 範囲:消化管運動の生理的意義と測定 pp.125-128. (大橋雄二))
アニマル・メディア社   2011年   
光岡知足 (担当:分担執筆, 範囲:腸内環境と腸管組織の生理応答 pp.41-50 (牛田一成, 亀上知世子, 井上亮, 塚原隆充, 大橋雄二))
学会出版センター   2006年   

講演・口頭発表等

 
永富 靖章, 布藤 聡, 信井 俊哉, 平尾 栄志, 大橋 雄二, 藤澤 倫彦
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2012年3月   
新 良一, 伊藤 幸惠, 大縄 悟志, 水谷 武夫, 金内 長司, 関口 守衛, 三浦 竜介, 原 宏佳, 大橋 雄二, 藤澤 倫彦
日本統合医療学会誌   2011年12月   
Ohashi Y, Fujisawa T
International Union of Microbiological Societies 2011 Congress and The 6th Asian Conferenceon Lactic Acid Bacteria   2011年9月   
徳永 誠, 石原 則幸, 大久保 勉, 小笠原 豊, 隅谷 けい, 大橋 雄二, 藤澤 倫彦, ジュネジャ・レカ・ラジュ
日本栄養・食糧学会大会講演要旨集   2011年4月   
武藤 正達, 阿部 文明, 宮内 浩文, 八重島 智子, 岩附 慧二, 大橋 雄二, 藤澤 倫彦, 松本 哲哉
腸内細菌学雑誌   2011年4月   

所属学協会

 
日本分子生物学会 , 日本消化吸収学会 , 日本食品免疫学会 , 日本栄養・食糧学会 , 日本農芸化学会

共同研究・競争的資金等の研究課題