トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 青木 博史
 

青木 博史

 
アバター
研究者氏名青木 博史
 
アオキ ヒロシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 獣医保健看護学基礎部門
職名准教授
学位博士(獣医学)(北海道大学)

研究キーワード

 
遺伝子型 , 分子系統学 , 分子疫学 , 細胞病原性 , 病態 , ウイルス間相互反応 , 自然免疫 , 豚サーコウイルス , ボーダー病ウイルス , 牛ウイルス性下痢ウイルス , 感染症疫学 , ペスチウイルス , ウイルス感染症

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 

経歴

 
2011年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2011年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 講師
 

学歴

 
 
 - 
1997年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2013年10月
 - 
現在
内閣府食品安全委員会  動物用医薬品専門調査会専門委員
 
2011年4月
 - 
現在
農林水産省動物医薬品検査所バイオセーフティ委員会  委員
 
2007年4月
 - 
現在
獣医疫学会  幹事・獣医疫学雑誌編集委員
 

論文

 
Aoki H, Sunaga F, Ochiai H, Masuda T, Ito M, Akagami M, Naoi Y, Sano K, Katayama Y, Omatsu T, Oba M, Sakaguchi S, Furuya T, Ouchi Y, Shirai J, Mizutani T, Oka T, Nagai M
Archives of virology   164(8) 2147-2151   2019年8月   [査読有り]
Oba M, Tsuchiaka S, Omatsu T, Katayama Y, Otomaru K, Hirata T, Aoki H, Murata Y, Makino S, Nagai M, Mizutani T
Biochemical and biophysical research communications   495(2) 1871-1877   2018年1月   [査読有り]
Hosono S, Shiokawa M, Kobayashi T, Fukusho A, Aoki H
Journal of virological methods   273 113706   2019年8月   [査読有り]
Sunaga F, Masuda T, Aoki H, Ito M, Sano K, Naoi Y, Katayama Y, Omatsu T, Oba M, Furuya T, Shirai J, Mizutani T, Oka T, Nagai M
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   75 103959   2019年7月   [査読有り]
Rahpaya SS, Tsuchiaka S, Kishimoto M, Oba M, Katayama Y, Nunomura Y, Kokawa S, Kimura T, Kobayashi A, Kirino Y, Okabayashi T, Nonaka N, Mekata H, Aoki H, Shiokawa M, Umetsu M, Morita T, Hasebe A, Otsu K, Asai T, Yamaguchi T, Makino S, Murata Y, Abi AJ, Omatsu T, Mizutani T
Journal of veterinary science   19(3) 350-357   2018年5月   [査読有り]
Tsuchiaka S, Naoi Y, Imai R, Masuda T, Ito M, Akagami M, Ouchi Y, Ishii K, Sakaguchi S, Omatsu T, Katayama Y, Oba M, Shirai J, Satani Y, Takashima Y, Taniguchi Y, Takasu M, Madarame H, Sunaga F, Aoki H, Makino S, Mizutani T, Nagai M
PloS one   13(1) e0190819   2018年   [査読有り]
Kuroda M, Masuda T, Ito M, Naoi Y, Doan YH, Haga K, Tsuchiaka S, Kishimoto M, Sano K, Omatsu T, Katayama Y, Oba M, Aoki H, Ichimaru T, Sunaga F, Mukono I, Yamasato H, Shirai J, Katayama K, Mizutani T, Oka T, Nagai M
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   55 209-217   2017年11月   [査読有り]
Ito M, Kuroda M, Masuda T, Akagami M, Haga K, Tsuchiaka S, Kishimoto M, Naoi Y, Sano K, Omatsu T, Katayama Y, Oba M, Aoki H, Ichimaru T, Mukono I, Ouchi Y, Yamasato H, Shirai J, Katayama K, Mizutani T, Nagai M
Infection, genetics and evolution : journal of molecular epidemiology and evolutionary genetics in infectious diseases   50 38-48   2017年6月   [査読有り]
Fukuhara T, Tamura T, Ono C, Shiokawa M, Mori H, Uemura K, Yamamoto S, Kurihara T, Okamoto T, Suzuki R, Yoshii K, Kurosu T, Igarashi M, Aoki H, Sakoda Y, Matsuura Y
PLoS pathogens   13(6) e1006475   2017年6月   [査読有り]
Akagami M, Ito M, Niira K, Kuroda M, Masuda T, Haga K, Tsuchiaka S, Naoi Y, Kishimoto M, Sano K, Omatsu T, Aoki H, Katayama Y, Oba M, Oka T, Ichimaru T, Yamasato H, Ouchi Y, Shirai J, Katayama K, Mizutani T, Nagai M
Virus genes      2017年5月   [査読有り]

Misc

 
青木博史
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   10(1-2) 30‐36 (WEB ONLY)   2019年3月
青木博史
月刊養豚界   53(12) 20‐24   2018年11月
赤上正貴, 青木博史, 塩川舞, 早山陽子, 長井誠, 大内義尚
獣医疫学雑誌   21(1) 27(JA),28(EN)   2017年7月
動物介在介入における人の健康に関するリスク 人と動物の共通感染症について
青木 博史, 望月(小林) 眞理子
動物介在教育・療法学雑誌   8(1-2) 8-13   2017年3月
農場周辺で採集した衛生害虫および野生動物糞便からの家畜伝染性疾病遺伝子検出と分子疫学
青木 博史, 梅津 萌子, 大津 桂子, 齋藤 恭子, 浅井 礼子, 塩川 舞, 大松 勉, 水谷 哲也, 浅井 鉄夫
獣医疫学雑誌   20(1) 49-50   2016年7月
【動物理学療法・リハビリテーション2016 実践】 (Part 13)リハビリテーションの感染管理
青木 博史
ARCH   (4) 83-91   2015年12月
高井伸二, 門平睦代, 青木博史, 村田浩一, 前田健, 小野文子, 山本茂貴
獣医畜産新報   68(1129) 583-587   2015年8月
本研究は、「野生鳥獣由来食肉の安全性確保」のために、野生動物の生態学者、各野生動物の専門家、行政経験者、疫学者、疾病診断の専門家を組織とし、現地調査やアンケート調査を通じて「野生鳥獣由来食肉」に関する全体像を把握し、さらに、行政のネットワークを利用して野生動物の採材、病原体保有状況の調査、疫学的背景に基づく科学的な野生動物由来肉のリスク評価を行い、「野生鳥獣食肉の安全性確保に関する報告書〜より衛生的な取扱いを行うための指針策定に向けて〜」を作成した。(著者抄録)
長井誠, 島田紗彩, 大松勉, 青木博史, 増田恒幸, 高井光, 水谷哲也, 白井淳資
家畜衛生学雑誌   41(2) 28-29   2015年7月
【野生鳥獣肉の安全性確保に関する研究】 食の安全・安心にかかわる最近の話題 シカとイノシシにおける細菌およびウイルスの血清疫学調査
青木 博史
Modern Media   61(6) 173-174   2015年6月

書籍等出版物

 
近代出版   2014年1月   ISBN:4874022014
獣医疫学会 (担当:分担執筆, 範囲:感染症の疫学)
近代出版   2011年12月   ISBN:9784874021798

講演・口頭発表等

 
ツアーナースによる牧場実習研修前の介入効果と大学生の自己健康管理の調査
松原孝子、銀梓、青木博史、石岡克己、小林淳、神谷新司、左向敏紀、小林眞理子
第15回日本旅行医学会   2016年4月16日   
農場周辺で採集した衛生害虫および野生動物糞便からの家畜伝染性疾病遺伝子検出と分子疫学
青木博史、梅津萌子、大津桂子、齋藤恭子、浅井礼子、塩川舞、大松勉、水谷哲也、浅井鉄夫
第47回獣医疫学会学術集会   2016年3月20日   
Development of a novel detection system for microbes causing diarrhea and respiratory diseases in porcine by real-time PCR
Shinobu TSUCHIAKA, Mai KISHIMOTO, Tsuneyuki MASUDA, Makoto NAGAI, Tsutomu OMATSU, Hiroshi AOKI, Tetsuo ASAI, Tetsuya MIZUTANI
日本獣医師会獣医学術年次大会   2016年2月27日   
Apolipoproteins and viral secretory glycoproteins participate in the infectious particle formation of Flaviviridae
Takasuke Fukuhara, Tomokazu Tamura, Mai Shiokawa, Chikako Ono, Satomi Yamamoto Hiroyuki Mori, Takeshi Kurihara, Puig-Basagoiti Francesc, Toru Okamoto, Hiroshi Aoki, Yoshihiro Sakoda, and Yoshiharu Matsuura
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月23日   
Recovery of noncytopathogenic bovine viral diarrhea virus form cDNA constructs and characterization of the produced infectious particles
Mai Shiokawa, Ayano Kato, Yuri Fujimoto, Yuri Abe, Tomokazu Tamura, Kaoru Nishine, Junki Mine, Hiroshi Aoki, Akio Fukusho, Hiroshi Kida, Yoshihiro Sakoda
第63回日本ウイルス学会学術集会   2015年11月22日   
フラビウイルス科に共通した小胞体膜結合因子を介した粒子産生機構の解析
福原崇介、田村友和、塩川舞、小野慎子、山本聡美、森寛行、栗原健、岡本徹、青木博史、迫田義博、松浦善治
第22回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会   2015年11月21日   
牛ウイルス性下痢ウイルスの免疫抑制能の異なる準種の用いたウイルス動態の検討
塩川舞、内山汐里、安部優理、藤本悠里、田村友和、迫田義博、青木博史
第22回トガ・フラビ・ペスチウイルス研究会   2015年11月21日   
次世代シークエンスを利用した牛下痢便サンプルのウイルス遺伝子全長解析による牛感染性下痢症の原因解析
長井誠、島田紗彩、大松勉、青木博史、増田恒幸、高井光、水谷哲也、白井淳資
第82回日本家畜衛生学会   2015年7月11日   
家畜配合飼料に使用される油粕のサルモネラ汚染リスク
北澤秀基、行縄陽介、盛田隆行、青木博史、植田富貴子、望月真理子
第24回日本動物看護学会   2015年7月4日   
迫田義博, 加納大聖, 青木博史, 福所秋雄
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1996年8月   

担当経験のある科目

 
  • 動物感染症学Ⅰ (日本獣医生命科学大学獣医学科)
  • 公衆衛生学(人獣共通感染症) (日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科)
  • 動物防疫学 (日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科)
  • 動物免疫学 (日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科)
  • 動物微生物学 (日本獣医生命科学大学獣医保健看護学科)

所属学協会

 
日本ウイルス学会 , 日本獣医学会 , 獣医疫学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 青木 博史
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2007年 - 2009年    代表者: 迫田 義博