トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 知久 和寛
 

知久 和寛

 
アバター
研究者氏名知久 和寛
 
チク カズヒロ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部
職名講師
学位博士(農学)(千葉大学)
科研費研究者番号30711618
ORCID ID0000-0001-6857-8894

研究キーワード

 
糖質科学 , , オリゴ糖 , 糖鎖 , 微生物酵素 , 担子菌

研究分野

 
  • 農芸化学 / 食品科学 / 
  • 農芸化学 / 応用生物化学 / 
  • 農芸化学 / 応用微生物学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科 講師
 
2014年10月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 食品科学科 助教
 
2013年4月
 - 
2014年9月
新潟大学 農学部 科学技術振興研究員
 
2012年4月
 - 
2013年3月
産業技術総合研究所 ナノシステム研究部門 スマートセンシンググループ 産総研特別研究員
 
2011年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品分析研究領域 状態分析ユニット 農研機構特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2009年3月
千葉大学大学院 自然科学研究科 生物資源応用科学専攻
 

論文

 
Kazuhiro Chiku(corresponding author), Mami Wada, Haruka Atsuji, Arisa Hosonuma, Mitsuru Yoshida, Hiroshi Ono, Motomitsu Kitaoka
Journal of Applied Glycoscience   66(1) 1-9   2019年2月   [査読有り]
We evaluated the stabilities of kojibiose and sophorose when heated under neutral pH conditions. Kojibiose and sophorose epimerized at the C-2 position of glucose on the reducing end, resulting in the production of 2-O-α-D-glucopyranosyl-D-mannose...
吉田 充,市川 水音,富田 樹,知久 和寛,八戸 真弓,濱松 潮香,岡留 博司
日本食品科学工学会誌   66(2) 47-51   2019年2月   [査読有り]
Mitsuru Yoshida, Marino Isamu, Kazuhiro Chiku
Food Safety   5(2) 54-60   2017年6月   [査読有り]
Acrylamide has neurotoxicity, carcinogenicity, and genotoxicity in experimental animals and cellular systems. Fried potato is one of the major intake sources of acrylamide in food, and fried onion was reported to contain up to 100 ng/g level of ac...
Tomohiro Tsuda, Takanori Nihira, Kazuhiro Chiku, Erika Suzuki, Takatoshi Arakawa, Mamoru Nishimoto, Motomitsu Kitaoka, Hiroyuki Nakai, Shinya Fushinobu
FEBS Letters   589(24 Pt B) 3816-3821   2015年11月   [査読有り]
Kazuhiro Chiku(Co-first), Takanori Nihira(Co-first), Erika Suzuki, Mamoru Nishimoto, Shinya Fushinobu, Motomitsu Kitaoka, Ken’ichi Ohtsubo, Hiroyuki Nakai
FEBS Letters   589(23) 3604-3610   2015年10月   [査読有り]
知久 和寛, 仁平 高則, 鈴木 絵里香, 西本 完, 北岡 本光, 中井 博之, 大坪 研一
応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌   5(2) 120-127   2015年5月   [査読有り][招待有り]
偏性嫌気性菌Bacteroides thetaiotaomicronおよび好熱性嫌気性菌Thermoanaerobacter sp. X-514から,糖質加水分解酵素ファミリー130に分類される3種の新規なβ-マンノシドホスホリラーゼ(BT_1033,Teth514_1788およびTeth514_1789)を見出した。BT_1033は,β-1,4-マンノシル-N-アセチルグルコサミンをリン酸存在下で可逆的に加リン酸分解する新規酵素であり,β-1,4-マンノシル-N-アセチルグルコサミンホス...
Kazuhiro Chiku, Takanori Nihira, Erika Suzuki, Mamoru Nishimoto, Motomitsu Kitaoka, Ken’ichi Ohtsubo, and Hiroyuki Nakai
PLoS One   9(12) e114882   2014年12月   [査読有り]
We characterized Teth514_1788 and Teth514_1789, belonging to glycoside hydrolase family 130, from Thermoanaerobacter sp. X-514. These two enzymes catalyzed the synthesis of 1,2-β-oligomannan using β-1,2-mannobiose and d-mannose as the optimal acce...
仁平 高則, 宮嶋 双葉, 知久 和寛, 北岡 本光, 中井 博之, 大坪 研一
応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌   4(2) 147-153   2014年5月   [査読有り][招待有り]
嫌気性土壌細菌Clostridium phytofermentansから糖加水分解酵素ファミリー65に分類される4種のホスホリラーゼ(Cphy_1019,Cphy_1874,Cphy_3313およびCphy_3314)を見出だした。Cphy_1874およびCphy_3313は,α-1,3-グルコ二糖であるニゲロースをリン酸存在下で加リン酸分解する新規酵素ニゲロースホスホリラーゼであることが判明した。またCphy_1019は,逆反応においてラムノースのみをアクセプターとして利用する新規酵素3...
Takanori Nihira, Futaba Miyajima, Kazuhiro Chiku, Mamoru Nishimoto, Motomitsu Kitaoka, Ken’ichi Ohtsubo, Hiroyuki Nakai
Journal of Applied Glycoscience   61(3) 75-80   2014年4月   [査読有り]
One-pot enzymatic production of nigerose was demonstrated from abundantly available sugar resources, including maltose, cellobiose, sucrose and starch. (i) 319 mM nigerose was generated from 500 mM maltose by the combined actions of maltose phosph...
Takanori Nihira, Yuka Saito, Kazuhiro Chiku, Motomitsu Kitaoka, Ken’ichi Ohtsubo, and Hiroyuki Nakai
FEBS Letters   587(21) 3382-3386   2013年11月   [査読有り]
We discovered a potassium ion-dependent trehalose phosphorylase (Bsel_1207) belonging to glycoside hydrolase family 65 from halophilic Bacillus selenitireducens MLS10. Under high potassium ion concentrations, the recombinant Bsel_1207 produced in ...
Kazuhiro Chiku, Masanobu Yamamoto, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Tadashi Ishii, Mitsuru Yoshida, Fumiko Taguchi, Yuki Ichinose, and Hiroshi Ono
Carbohydrate research   375 100-104   2013年5月   [査読有り]
Flagellin is a principal component of the flagellum filament. Previously, we reported that the flagellin of Pseudomonas syringae pv. tabaci 6605 (Pta6605) was glycosylated by oligosaccharides composed of two or three l-rhamnosyl (l-Rha) residues a...
Kazuhiro Chiku, Kazuhiko Tsunemi, Masanobu Yamamoto, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Tadashi Ishii, Mitsuru Yoshida, Fumiko Taguchi, Masako Iwaki, Yuki Ichinose, and Hiroshi Ono
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77(3) 505-510   2013年3月   [査読有り]
D-rhamnose (D-Rha) residue is a major component of lipopolysaccharides (LPSs) in strains of the phytopathogen Pseudomonas syringae pathovar glycinea. To investigate the effects of a deficiency in GDP-D-rhamnose biosynthetic genes on LPS structure ...
Yuki Ichinose, Fumiko Taguchi, Masanobu Yamamoto, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Tatsuo Atsumi, Masako Iwaki, Hiromi Manabe, Mio Kumagai, Quan Thanh Nguyen, Chi Linh Nguyen, Yoshishige Inagaki, Hiroshi Ono, Kazuhiro Chiku, Tadashi Ishii, Mitsuru Yoshida
Journal of General Plant Pathology   79(5) 359-365   2013年7月   [査読有り]
Glycosylation of flagellin is known to be involved in filament stabilization, motility, and virulence in Pseudomonas syringae. Here we investigated flagellin glycosylation in other phytopathogenic bacteria. Analyses of deduced amino acid sequences...
Taketoshi Iwata, Kazuhiro Chiku, Ken-ichi Amano, Masahiro Kusumoto, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Hiroshi Ono, Masato Akiba
PLoS One   8(2) e56900   2013年2月   [査読有り]
Campylobacter jejuni is the most common bacterium that causes diarrhea worldwide, and chickens are considered the main reservoir of this pathogen. This study investigated the effects of serial truncation of lipooligosaccharide (LOS), a major compo...
Linh Chi Nguyen, Fumiko Taguchi, Quang Minh Tran, Kana Naito, Masanobu Yamamoto, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Hiroshi Ono, Mitsuru Yoshida, Kazuhiro Chiku, Tadashi Ishii, Yoshishige Inagaki, Kazuhiro Toyoda, Tomonori Shiraishi, and Yuki Ichinose
Molecular Plant Pathology   13(7) 764-774   2012年9月   [査読有り]
Type IV pilin (PilA) is a major constituent of pilus and is required for bacterial biofilm formation, surface motility and virulence. It is known that mature PilA is produced by cleavage of the short leader sequence of the pilin precursor, followe...
Takanori Nihira, Hiroyuki Nakai, Kazuhiro Chiku, and Motomitsu Kitaoka
Applied Microbiology and Biotechnology   93(4) 1513-1522   2012年2月   [査読有り]
A novel phosphorylase from Clostridium phytofermentans belonging to the glycoside hydrolase family (GH) 65 (Cphy1874) was characterized. The recombinant Cphy1874 protein produced in Escherichia coli showed phosphorolytic activity on nigerose in th...
北岡 本光, 西本 完, 井上 公輔, 知久 和寛, 中島 将博
応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌   2(2) 136-141   2012年5月   [査読有り][招待有り]
ビフィズス菌の菌体内にガラクト-N-ビオース(GNB,Galβ1,3GalNAc)およびラクト-N-ビオースI(LNB,Galβ1,3GlcNAc)を選択的に代謝するGNB/LNB経路を発見した。GNB/LNB経路に含まれる酵素群およびそのホモログを用いた実用的なオリゴ糖調製法について報告する。スクロースとGlcNAcを基質として,β-1,3-ガラクトシル-N-アセチルヘキソサミンホスホリラーゼ(GLNBP)を含む四種類の酵素を同時に作用させることによりLNBを高収率にて調製した。LNB調...
Masanobu Yamamoto, Mayumi Ohnishi-Kameyama, Chi L. Nguyen, Fumiko Taguchi, Kazuhiro Chiku, Tadashi Ishii, Hiroshi Ono, Mitsuru Yoshida, and Yuki Ichinose
Genes   2(4) 788-803   2011年10月   [査読有り]
Previously we revealed that flagellin proteins in Pseudomonas syringae pv. tabaci 6605 (Pta 6605) were glycosylated with a trisaccharide, modified viosamine (mVio)-rhamnose-rhamnose and that glycosylation was required for virulence. We further ide...
Kazuhiro Chiku, Mamoru Nishimoto, Motomitsu Kitaoka
Carbohydrate Research   345(13) 1901-1908   2010年9月   [査読有り]
β-d-Galactopyranosyl-(1→3)-2-acetamido-2-deoxy-d-glucose (LNB) and β-d-galactopyranosyl-(1→3)-2-acetamido-2-deoxy-d-galactose (GNB) decompose rapidly upon heating into d-galactose and mono-dehydrated derivatives of the corresponding 2-acetamido-2-...
Ikuo Sato, Jun Yoshikawa, Akiko Furusawa, Kazuhiro Chiku, Seigo Amachi, Takaaki Fujii
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   74(1) 75-81   2010年1月   [査読有り]
Malic enzyme (ME) was purified as an electrophoretically homogenous protein from Rhodopseudomonas palustris No. 7. The molecular weight of ME was estimated to be 650 kDa and that of its subunit, 86 kDa. ME activity was remarkably enhanced by di- a...

Misc

 
中性加温条件下に起こるオリゴ糖とアミノ糖の分解特性の評価
知久 和寛
アグリバイオ   1(4) 94-99   2017年4月   [依頼有り]
齋藤 政則, 篠山 浩文, 齋藤 明広, 知久 和寛, 安藤 昭一, 知久 和寛, 安藤 昭一
食と緑の科学   (65) 75-80   2011年3月   [査読有り]
Pestalotiopsis spp. strains were isolated from leaves of 17 out of 23 plant species. Some of the Pestalotiopsisspp. isolates showed catechol-xylosylation activity. A catechol-xylosylating enzyme was purified from the culturefiltrate of an isolated...
齋藤 政則, 篠山 浩文, 齋藤 明広, 篠山 浩文, 安藤 昭一, 齋藤 明広, 知久 和寛, 安藤 昭一
食と緑の科学   (64) 35-41   2010年3月   [査読有り]
市販されている各種糸状菌由来の糖質分解酵素剤に注目し、加水分解活性が弱く配糖化活性が強い酵素の有無を調べ、その精製を試みた。その結果、Trichoderma sp.由来の市販キシラン分解酵素剤に、キシランのみを基質とした場合、その加水分解活性がないにも関わらず、キシランとカテコール共存下ではキシランを分解しカテコールを配糖化する酵素が認められた。本酵素は分子量約73,000の単量体で機能するものであり、20残基のN末端アミノ酸配列は既知のキシラナーゼと相同性が認められなかった。これらの諸性...

書籍等出版物

 
植物細胞壁実験法
吉田 充、知久 和寛 (担当:分担執筆, 範囲:NMRによる糖鎖の構造解析)
弘前大学出版会   2016年2月   ISBN:978-4-907192-21-1

講演・口頭発表等

 
新規1,2-β-オリゴマンナンホスホリラーゼ
仁平高則、知久和寛、鈴木絵里香、西本完、北岡本光、中井博之、大坪研一
日本応用糖質科学会平成26年度大会(第63回)   2014年9月24日   
Saccharophagus degradans 2-40由来4-O-β-D-マンノシル-D-グルコースホスホリラーゼによる非還元性二糖の生産
鈴木絵里香、知久和寛、仁平高則、西本完、北岡本光、中井博之、大坪研一
日本応用糖質科学会平成26年度大会(第63回)   2014年9月24日   
ニゲラン代謝に関わるClostridium phytofermentans由来の新規ホスホリラーゼの発見
仁平高則、宮嶋双葉、知久和寛、北岡本光、中井博之、大坪研一
日本応用糖質科学会・平成25年度大会   2013年9月27日   
Chloroflexus aurantiacus J-10-fl 由来の耐熱性コージビオースホスホリラーゼの機能解析
斉藤由華、仁平高則、知久和寛、北岡本光、中井博之、大坪研一
日本応用糖質科学会・平成25年度大会   2013年9月26日   
LOSの構造変化がカンピロバクター環境抵抗性に及ぼす影響
岩田剛敏、知久和寛、天野憲一、楠本正博、秋庭正人
第22回内毒素・LPS研究会   2013年6月27日   
Recent Development of Phosphorylase Possessing Large Potential for Oligosaccharide Synthesis
知久和寛
10th Carbohydrate Bioengineering Meeting Satellite Workshop   2013年4月   
細胞表面糖鎖の構造変化がカンピロバクター環境抵抗性に及ぼす影響
岩田剛敏、知久和寛、天野憲一、楠本正博、秋庭正人
第 86 回 日本細菌学会総会   2013年3月19日   
Campylobacter jejuni の 胆汁酸抵抗性及び鶏腸管内定着に重要な LOS 糖鎖構造
岩田剛敏、知久和寛、天野憲一、楠本正博、秋庭正人
第 5 回日本カンピロバクター研究会   2012年11月30日   
可搬型生物剤・化学剤検知用バイオセンサの開発
鵜沢浩隆、知久和寛、近藤里志、田中大輝
2012年産総研オープンラボ   2012年10月   
Acidovorax avenae の病原性を異にするK1株およびN1141株のフラジェリン糖鎖構造
吉田充、小野裕嗣、知久和寛、平井洋行、亀山眞由美、山本雅信、蔡晃植、石井忠、一瀬勇規
日本農芸化学会・2012年度大会   2012年3月23日   
植物病原細菌のflagellin糖鎖構造の解明:P. syringaeのflagellin糖鎖について
山本雅信、知久和寛、石井忠、亀山眞由美、小野裕嗣、吉田充、田口富美子、一瀬勇規
日本農芸化学会・2012年度大会   2012年3月23日   
Pseudomonas syringaeのD-RhaとL-Rha生合成関連遺伝子破壊株中のLPS構造と運動性への影響
知久 和寛、常見 和彦、山下 祐佳里、山本 雅信、亀山 眞由美、小野 裕嗣、吉田 充、田口 冨美子、岩城 雅子、一瀬 勇規、石井 忠
日本農芸化学会・2012年度大会   2012年3月   
Clostridium phytofermentans由来の新規ニゲロースホスホリラーゼ
仁平 高則,中井 博之,知久 和寛,北岡 本光
日本応用糖質科学会平成23年度大会(第60回)・第19回糖質関連酵素化学シンポジウム   2011年9月   
ビフィズス菌酵素を利用したオリゴ糖の実用的調製法
北岡 本光、西本 完、井上 公輔、知久 和寛,中島 将博
日本応用糖質科学会平成23年度大会(第60回)・第19回糖質関連酵素化学シンポジウム   2011年9月   
植物病原細菌の病原性制御糖鎖の解析:リポ多糖とフラジェリン糖鎖について
知久 和寛,山本 雅信,亀山 眞由美,小野 裕嗣,吉田 充,田口 冨美子,一瀬 勇規,石井 忠
日本糖質学会・グライコサイエンス若手の会   2011年8月   
Pseudomonas syringaeの異なる病原型間でのリポ多糖構造の比較
知久 和寛,山本 雅信,亀山 眞由美,小野 裕嗣,吉田 充,田口 冨美子,一瀬 勇規,石井 忠
第30回日本糖質学会年会   2011年7月   
ビフィズス菌GNB/LNB経路関連酵素を利用した糖鎖工学
北岡 本光、西本 完、井上 公輔、知久 和寛
第30回日本糖質学会年会   2011年7月   
新規加リン酸分解酵素、ニゲロースホスホリラーゼの発見
仁平 高則,中井 博之,知久 和寛,北岡 本光
第30回日本糖質学会年会   2011年7月   
植物病原細菌のflagellin糖鎖構造の解明:P. syringaeおよびB. glumaeのflagellin糖鎖について
山本 雅信,知久 和寛,石井 忠,亀山 眞由美,小野 裕嗣,吉田 充,熊谷 美生,田口 富美子,一瀬 勇規
日本農芸化学会・2011年度大会   2011年3月   
ダイズ斑点病原細菌由来リポ多糖のO-抗原糖鎖の構造解析
知久 和寛,山本 雅信,亀山 眞由美,小野 裕嗣,吉田 充,田口 富美子,一瀬 勇規,石井 忠
日本農芸化学会・2011年度大会   2011年3月   

担当経験のある科目

 
  • 食品安全学 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品添加物論 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品安全学実験 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品化学実験 (日本獣医生命科学大学)
  • 食べ物の科学入門 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品科学基礎実験 (日本獣医生命科学大学)
  • 食品科学概論実験 (日本獣医生命科学大学)
  • 卒業論文 (日本獣医生命科学大学)
  • Food Science in English (日本獣医生命科学大学)
  • 特別講義 (日本獣医生命科学大学大学院)

所属学協会

 
日本農芸化学会 , 日本応用糖質科学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費助成金(若手研究B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 知久 和寛
キノコが産生する新規ホスホリラーゼの機能解析
公益財団法人ホクト生物科学振興財団: 研究奨励金
研究期間: 2016年       代表者: 知久 和寛
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2015年 - 2016年    代表者: 知久 和寛
生理機能の恒常性維持に有効な糖タンパク質の低コスト大量製造技術開発
科学技術振興機構: Aステップ 【FS】探索タイプ
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 知久 和寛
文部科学省: 科学研究費補助金(研究活動スタート支援)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 知久 和寛

特許

 
知久 和寛、篠山 浩文
特願2008‐170103