トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 三浦 孝之
 

三浦 孝之

 
アバター
研究者氏名三浦 孝之
 
ミウラ タカユキ
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 食品科学科 乳肉利用学教室
職名准教授
学位博士(農学)(北海道大学)
J-Global ID200901098529484680

研究キーワード

 
乳科学 ,畜産食品

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 准教授 
 
2012年4月
 - 
2017年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 講師 
 
2006年4月
 - 
2011年3月
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部 助教 
 

学歴

 
2002年4月
 - 
2005年9月
北海道大学大学院 農学部 博士課程 修了 
 
2000年4月
 - 
2002年3月
酪農学園大学大学院 修士課程 修了  
 

論文

 
 
F. Kobayashi   S. Odake   T. Miura   R. Akuzawa   
LWT - Food Science and Technology   71 221-226   2016年9月   [査読有り]
© 2016 Elsevier Ltd The inactivation efficiency of a two-stage system with low-pressure CO2 microbubbles (two-stage MBCO2) on Escherichia coli in physiological saline (PS) and commercial sterilized bovine milk (CBM), and aerobic bacteria in unpast...
 
Takayuki Miura   Kaori Tokumaru   Ryozo Akuzawa   
FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH   21(3) 353-357   2015年5月   [査読有り]
The application of cooking water abundant in phenolic compounds, obtained from cooking three types of beans (black soybean, yellow soybean and adzuki bean) and chestnut inner shell, to functional cheese product manufacturing was evaluated. Total p...
 
Shun Yamaguchi   Takayuki Miura   Asami Baba   Ryozo Akuzawa   
INTERNATIONAL DAIRY JOURNAL   23(2) 86-90   2012年4月   [査読有り]
Active acid phosphatase (AcP), 37 kDa, was completely separated from the purified lactoferrin fraction of bovine milk (LF-rich fraction). The N-terminal amino acid sequence of the 37 kDa molecule had 84% homology with bovine uteroferrin (Uf)-like ...
 
三浦 孝之   阿久 澤良造   
日本乳酸菌学会誌   22(2) 93-99   2011年   [査読有り]
ナチュラルチーズの種類は1000 以上とされるが、製造に必要な原材料は乳、凝乳剤、乳酸菌等の微生物および塩のみである。とくに乳酸菌はナチュラルチーズ製造時に重要な働きを示すだけでなく、製品の品質に及ぼす影響が大きい。Lactococcus 属、Leuconostoc 属を主体とした乳酸菌スターターは製造工程において原料乳のpH 低下および良好な凝乳反応を促し、乳酸菌由来のタンパク質分解酵素はチーズのテクスチャーや風味に多大な影響を示す。さらに乳タンパク質の分解産...
 
Takayuki Miura   Kanako Ono   Tomoe Izumi   Ryozo Akuzawa   
INTERNATIONAL DAIRY JOURNAL   20(2) 67-71   2010年2月   [査読有り]
The aim of this study was to determine the principal active molecules in the acid phosphatase (AcP) fraction of skim milk origin using immunostaining and AcP staining. The AcP fraction was separated from skim milk at 0.38 m NaCl using carboxymethy...

MISC

 
 
SUZUKI Satoshi   OHMORI Hideyuki   HAYASHIDA Sora   NOMURA Masaru   KOBAYASHI Miho   HAGI Tatsuro   NARITA Takumi   TOMITA Satoru   YAMASHITA Hideyuki   ARAKAWA Yousuke   MIURA Takayuki   SATO Kaoru   KUSUMOTO Ken-Ichi   
Food Science and Technology Research   27(3)    2021年   [査読有り]
 
Ryozo Akuzawa   Takayuki Miura   Hiroshi Kawakami   
Bioactive Components in Milk and Dairy Products   215-233   2009年12月   [査読有り]
 
三浦孝之   
Encyclopedia of Dairy Science 2nd Edition   507-511   2009年   
 
Y Kishioka   T Miura   J Wakamatsu   A Hattori   R Kambadur   M Thomas   M Sharma   T Nishimura   
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   15 303A-303A   2004年11月   [査読有り]
 
T Miura   Y Kishioka   J Wakamatsu   A Hattori   R Kambadur   A Hennebry   M Sharma   T Nishimura   
MOLECULAR BIOLOGY OF THE CELL   15 303A-303A   2004年11月   [査読有り]

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
食品咀嚼香発生および感性工学手法による咀嚼香知覚のメカニズム解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(B)
小竹 佐知子 阿久澤 良造 三浦 孝之 島村 智子 
研究期間: 2005年 - 2007年