トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 栃木 裕貴
 

栃木 裕貴

 
アバター
研究者氏名栃木 裕貴
 
トチギ ユウキ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医生理学教室
職名講師
学位獣医学博士(酪農学園大学)

研究キーワード

 
神経科学 , 獣医生理学 , 遺伝性疾患 , 疾患モデル

研究分野

 
  • 神経科学 / 神経解剖学・神経病理学 / 
  • 生物科学 / 分子生物学 / 
  • 生物科学 / 細胞生物学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 

学歴

 
 
 - 
2006年
酪農学園大学 獣医学研究科 獣医学専攻
 
 
 - 
2000年
酪農学園大学 酪農学部 獣医学科
 

論文

 
Iwakuma T, Tochigi Y, Van Pelt CS, Caldwell LC, Terzian T, Parant JM, Chau GP, Koch JG, Eischen CM, Lozano G
Oncogene   27(13) 1813-1820   2008年3月   [査読有り]

Misc

 
N Agarwal, Y Tochigi, AS Adhikari1, S Cui1, Y Cui and T Iwakuma
Cell Death and Differentiation   18(7) 1208-1219   2011年
Y Tochigi, N Sato, T Sahara, C Wu, S Saito, T Irie, W Fujibuchi, T Goda, R Yamaji, M Ogawa, Y Ohmiya and S Ohgiya
Analytical Chemistry   82(13) 5768-5776   2010年
T Iwakuma, Y Tochigi, CS Van Pelt, LC Caldwell, T Terzian, JM Parant, GP Chau, JG Koch, CM Eischen5 and G Lozano
Oncogene   27(13) 1813-1820   2008年
Y Tochigi, N Yamashiki, S Ohgiya, S Ganaha and H Yokota
Drug Metabolism and Disposition   33 1391-1398   2005年

講演・口頭発表等

 
The role of MTBP in mitotic progression via modulating spindle checkpoint protein Bub1.
Louisiana Cancer Research Consortium Scientific Retreat   2009年   
分泌型ルシフェラーゼを用いた新規酵母ハイスループットレポーターアッセイ系の構築とその応用技術の開発
第28回 日本分子生物学会年会   2005年   
ラット腹腔マクロファージにおけるUDP-glucuronosyltransferaseについて
第75回 日本生化学会年会   2002年   
ラット腹腔マクロファージにおけるUDP-glucuronosyltransferase活性の検出と分子種の同定
第74回 日本生化学会年会   2001年   

担当経験のある科目

 
  • 獣医生理学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医遺伝子工学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医遺伝・動物育種学 (日本獣医生命科学大学)
  • 獣医生理学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本分子生物学会 , 日本獣医学会

競争的資金等の研究課題

 
WOREE症候群モデルラットの中枢神経系における病理発生メカニズムの解明
株式会社ケー・エー・シー: 創立40周年記念研究助成
研究期間: 2018年4月       代表者: 栃木 裕貴
腫瘍抑制因子Wwoxの中枢神経系構築過程における機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業若手研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 栃木 裕貴
Astrinの欠損に起因したセルトリ細胞分裂障害の発生機構
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金(若手研究者奨励金)
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 栃木 裕貴
Astrinの欠損に起因した精細管形成不全発生機構の解明
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金(若手研究者奨励金)
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 栃木 裕貴
脳組織障害を伴うてんかんモデルラットの確立
日本獣医生命科学大学: 若手研究者研究支援経費
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月    代表者: 栃木 裕貴

特許

 
分泌型発光酵素を用いたレポーターアッセイ
特願2007-520177
高効率分泌シグナルペプチド及びそれらを利用したタンパク質発現系
特願2006-297923