トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 栃木 裕貴
 

栃木 裕貴

 
アバター
研究者氏名栃木 裕貴
 
トチギ ユウキ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医生理学教室
職名講師
学位獣医学博士(酪農学園大学)
J-Global ID200901000480854690

研究キーワード

 
遺伝性疾患 ,疾患モデル ,獣医生理学 ,神経科学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 神経形態学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 細胞生物学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 講師 
 
2010年12月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 助教 
 
2009年7月
 - 
2010年11月
国立研究開発法人産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 産総研特別研究員 
 
2006年4月
 - 
2009年6月
ルイジアナ州立大学 医学部遺伝学研究部門 ポスドク研究員 
 

学歴

 
 
 - 
2006年
酪農学園大学 獣医学研究科 獣医学専攻
 
 
 - 
2000年
酪農学園大学 酪農学部 獣医学科
 

論文

 
 
K. Katayama   H. Yasuda   Y. Tochigi   H. Suzuki   
ANDROLOGY   1(2) 301-3072013年3月   [査読有り]
Male hypogonadic (hgn/hgn) rats show male sterility, reduced female fertility, progressive renal insufficiency and body growth retardation. These defects are associated with loss-of-function mutation of astrin and appear to be related to organ hyp...
 
N. Agarwal   Y. Tochigi   A. S. Adhikari   S. Cui   Y. Cui   T. Iwakuma   
CELL DEATH AND DIFFERENTIATION   18(7) 1208-12192011年7月   
Murine double minute 2 (MDM2) binding protein (MTBP) has been implicated in tumor cell proliferation, but the underlying mechanisms remain unclear. The results of MTBP expression analysis during cell cycle progression demonstrated that MTBP protei...
 
Yuki Tochigi   Natsuko Sato   Takehiko Sahara   Chun Wu   Shinya Saito   Tsutomu Irie   Wataru Fujibuchi   Takako Goda   Ryoichi Yamaji   Masahiro Ogawa   Yoshihiro Ohmiya   Satoru Ohgiya   
ANALYTICAL CHEMISTRY   82(13) 5768-57762010年7月   
The yeast reporter assay has been widely used in various applications such as detection of endocrine disruptors and analysis of protein-protein interactions by the yeast two-hybrid system. The molecular characteristics of the reporter enzyme are c...
 
T. Iwakuma   Y. Tochigi   C. S. Van Pelt   L. C. Caldwell   T. Terzian   J. M. Parant   G. P. Chau   J. G. Koch   C. M. Eischen   G. Lozano   
ONCOGENE   27(13) 1813-18202008年3月   [査読有り]
Mdm2 inhibits the function of the p53 tumor suppressor. Mdm2 is overexpressed in many tumors with wild-type p53 suggesting an alternate mechanism of loss of p53 activity in tumors. An Mdm2-binding protein (MTBP) was identified using a yeast two-hy...
 
Y Tochigi   N Yamashiki   S Ganaha   H Yokota   
DRUG METABOLISM AND DISPOSITION   33(9) 1391-13982005年9月   
Phase I drug-metabolizing enzymes such as cytochrome P450 in immunocytes are known to play a role in metabolic activation of toxic and immunosuppressive compounds such as polycyclic aromatic hydrocarbon (PAH). UDP-glucuronosyltransferase (UGT), a ...

講演・口頭発表等

 
 
腎実質の増加を呈する新規糖モデルラットにおける糖尿病発症機序に関する研究 :sglt2阻害剤投与と腎臓摘出術の影響
土門綾華   片山健太郎   栃木裕貴   鈴木浩悦   
第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会   2020年2月1日   
 
骨軟骨形成不全症(OCD)ラット脊髄にみられる髄鞘低形成
浦上 ちえり   平田 千夏   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木 浩悦   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
 
微小管結合蛋白質Astrinの精巣内分布と細胞内局在
大山 量平   Mahmud   Md. Abdullah-Al   山田 峻史   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木 浩悦   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
 
Delayed spermatogenesis and increased apoptotic spermatocytes in Wwox deficient rats
Mahmud Md. Abdullah-Al   土門 綾華   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木 浩悦   
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
 
The immunohistological localization of Wwox protein during spermatogenesis in rats
Mahmud Md. Abdullah-Al   土門 綾華   栃木 裕貴   片山 健太郎   鈴木浩悦   
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
獣医生理学実習 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医遺伝子工学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医遺伝・動物育種学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
獣医生理学 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本分子生物学会
 
   
 
日本獣医学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
Wwoxの欠損に起因したWOREE症候群の病態発生メカニズムを探索する
日本獣医生命科学大学: 2019年度日本獣医生命科学大学研究者研究支援経費
研究期間: 2019年7月 - 2020年3月
 
WOREE症候群モデルラットの中枢神経系における病理発生メカニズムの解明
株式会社ケー・エー・シー: 創立40周年記念研究助成
栃木 裕貴 
研究期間: 2018年4月
 
腫瘍抑制因子Wwoxの中枢神経系構築過程における機能の解明
日本学術振興会: 科学研究費助成事業若手研究(B)
栃木 裕貴 
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月
 
Astrinの欠損に起因したセルトリ細胞分裂障害の発生機構
日本私立学校振興・共済事業団: 学術研究振興資金(若手研究者奨励金)
栃木 裕貴 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月
 
脳組織障害を伴うてんかんモデルラットの確立
日本獣医生命科学大学: 若手研究者研究支援経費
栃木 裕貴 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月