トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 落合 和彦
 

落合 和彦

 
アバター
研究者氏名落合 和彦
 
オチアイ カズヒコ
URLhttp://www.nvlu.ac.jp/
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科 日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科
職名准教授
学位博士(獣医学)(岐阜大学)

研究キーワード

 
実験動物学 , 基礎獣医学 , 分子生物学

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 応用動物科学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 

経歴

 
2005年4月
 - 
2007年3月
 福島県いわき家畜保健衛生所 獣医技師
 
2007年4月
 - 
2009年3月
 岡山大学ナノバイオ標的医療イノベーションセンター 特任助教
 
2009年4月
 - 
2011年3月
 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部総合研究支援センター動物資源研究部門 助教
 
2011年4月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 助教
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 講師
 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 准教授
 

学歴

 
 
 - 
2005年
岐阜大学 大学院連合獣医学研究科 
 
 
 - 
2001年
岩手大学 農学部 獣医学科
 

論文

 
Michishita M, Saito N, Nozawa S, Furumoto R, Nakagawa T, Sato T, Ochiai K, Azakami D, Katayama K, Nakahira R, Tazaki H, Machida Y, Ishiwata T
The Journal of veterinary medical science      2019年7月   [査読有り]
Kawata R, Ii T, Hori T, Machida Y, Ochiai K, Azakami D, Ishiwata T, Michishita M
The Journal of veterinary medical science   81(2) 186-189   2019年2月   [査読有り]
Azakami D, Saito A, Ochiai K, Ishiwata T, Takahashi K, Kaji N, Kaji D, Kaji N, Michishita M
Journal of comparative pathology   166 5-8   2019年1月   [査読有り]
Yoshimura H, Otsuka A, Michishita M, Yamamoto M, Ashizawa M, Zushi M, Moriya M, Azakami D, Ochiai K, Matsuda Y, Ishiwata T, Kamiya S, Takahashi K
Veterinary pathology   300985818823772   2019年1月   [査読有り]
Ochiai K, Azakami D, Morimatsu M, Hirama H, Kawakami S, Nakagawa T, Michishita M, Egusa AS, Sasaki T, Watanabe M, Omi T
Oncology reports   40(1) 488-494   2018年5月   [査読有り]
Kawakami S, Ochiai K, Azakami D, Kato Y, Michishita M, Morimatsu M, Ishiguro-Oonuma T, Onozawa E, Watanabe M, Omi T
Veterinary research communications   42(1) 49-56   2017年12月   [査読有り]
Ochiai K, Oda H, Shono S, Kato Y, Sugihara S, Nakazawa S, Azakami D, Michishita M, Onozawa E, Bonkobara M, Sako T, Shun-Ai L, Ueki H, Watanabe M, Omi T
Veterinary and comparative oncology   15(4) 1181-1186   2017年12月   [査読有り]
Kawakami S, Ochiai K, Kato Y, Michishita M, Hirama H, Obara R, Azakami D, Watanabe M, Omi T
The Journal of veterinary medical science   80(1) 85-91   2017年11月   [査読有り]
Xu J, Sadahira T, Kinoshita R, Li SA, Huang P, Wada K, Araki M, Ochiai K, Noguchi H, Sakaguchi M, Nasu Y, Watanabe M
Oncology letters   14(5) 5638-5642   2017年11月   [査読有り]
Horikawa Y, Watanabe M, Sadahira T, Ariyoshi Y, Kobayashi Y, Araki M, Wada K, Ochiai K, Li SA, Nasu Y
Oncology letters   14(3) 3223-3228   2017年9月   [査読有り]
Ishimori M, Michishita M, Yoshimura H, Azakami D, Ochiai K, Ishiwata T, Takahashi K.
Journal of Veterinary Medical Science   79(9) 1503-1506   2017年9月   [査読有り]
Hayama SI, Tsuchiya M, Ochiai K, Nakiri S, Nakanishi S, Ishii N, Kato T, Tanaka A, Konno F, Kawamoto Y, Omi T
Scientific reports   7(1) 3528   2017年6月   [査読有り]
Sakaguchi M, Sadahira T, Ueki H, Kinoshita R, Murata H, Yamamoto KI, Futami J, Nasu Y, Ochiai K, Kumon H, Huh NH, Watanabe M
Oncology reports   38(2) 1108-1114   2017年6月   [査読有り]
Kato Y, Ochiai K, Kawakami S, Nakao N, Azakami D, Bonkobara M, Michishita M, Morimatsu M, Watanabe M, Omi T
BMC veterinary research   13(1) 170   2017年6月   [査読有り]
Kishimoto TE, Yashima S, Nakahira R, Onozawa E, Azakami D, Ujike M, Ochiai K, Ishiwata T, Takahashi K, Michishita M
The Journal of veterinary medical science   79(7) 1155-1162   2017年5月   [査読有り]
Michishita M, Takagi M, Kishimoto TE, Nakahira R, Nogami T, Yoshimura H, Hatakeyama H, Azakami D, Ochiai K, Takahashi K
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   29(3) 325-330   2017年5月   [査読有り]
Mori A, Watanabe M, Sadahira T, Kobayashi Y, Ariyoshi Y, Ueki H, Wada K, Ochiai K, Li SA, Nasu Y
Acta medica Okayama   71(2) 135-142   2017年4月   [査読有り]
Nakahira R, Michishita M, Kato M, Okuno Y, Hatakeyama H, Yoshimura H, Azakami D, Ochiai K, Bonkobara M, Takahashi K
Journal of veterinary diagnostic investigation : official publication of the American Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians, Inc   29(1) 105-108   2017年1月   [査読有り]
Kobayashi M, Saito A, Tanaka Y, Michishita M, Kobayashi M, Irimajiri M, Kaneda T, Ochiai K, Bonkobara M, Takahashi K, Hori T, Kawakami E
The Journal of veterinary medical science   79(4) 719-725   2017年2月   [査読有り]
Omi T, Nakazawa S, Udagawa C, Tada N, Ochiai K, Chong YH, Kato Y, Mitsui H, Gin A, Oda H, Azakami D, Tamura K, Sako T, Inagaki T, Sakamoto A, Tsutsui T, Bonkobara M, Tsuchida S, Ikemoto S
PloS one   11(10) e0165000   2016年10月   [査読有り]
Okamura H, Yoshida K, Morimoto H, Teramachi J, Ochiai K, Haneji T, Yamamoto A
Journal of clinical medicine   6(23)    2017年2月   [査読有り]
Teramachi J, Inagaki Y, Shinohara H, Okamura H, Yang D, Ochiai K, Baba R, Morimoto H, Nagata T, Haneji T
Oral diseases   23 181-188   2016年10月   [査読有り]
Azakami D, Onozawa E, Miyabe M, Ochiai K, Michishita M, Hirano T, Momota Y, Ishioka K, Sako T
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   78(5) 913-916   2016年6月   [査読有り]
Ochiai K, Morimatsu M, Kato Y, Ishiguro-Oonuma T, Udagawa C, Rungsuriyawiboon O, Azakami D, Michishita M, Ariyoshi Y, Ueki H, Nasu Y, Kumon H, Watanabe M, Omi T
Oncotarget   7(3) 3283-3296   2016年1月   [査読有り]
Kawauchi K, Watanabe M, Kaku H, Huang P, Sasaki K, Sakaguchi M, Ochiai K, Huh NH, Nasu Y, Kumon H
Acta medica Okayama   66(1) 7-16   2012年2月   [査読有り]
Kato Y, Ochiai K, Michishita M, Azakami D, Nakahira R, Morimatsu M, Ishiguro-Oonuma T, Yoshikawa Y, Kobayashi M, Bonkobara M, Kobayashi M, Takahashi K, Watanabe M, Omi T
Veterinary journal (London, England : 1997)   206(2) 143-148   2015年11月   [査読有り]
Ishiguro-Oonuma T, Ochiai K, Hashizume K, Iwanaga T, Morimatsu M
The Japanese journal of veterinary research   63(3) 107-114   2015年8月   [査読有り]
Watanabe M, Ueki H, Ochiai K, Huang P, Kobayashi Y, Nasu Y, Sasaki K, Kaku H, Kashiwakura Y, Kumon H
Oncology reports   26(4) 769-775   2011年10月   [査読有り]
Yoshikawa Y, Morimatsu M, Ochiai K, Ishiguro-Oonuma T, Wada S, Orino K, Watanabe K
BMC veterinary research   11(1) 159   2015年7月   [査読有り]
Fujio K, Watanabe M, Ueki H, Li SA, Kinoshita R, Ochiai K, Futami J, Watanabe T, Nasu Y, Kumon H
Oncology reports   33(4) 1585-1592   2015年4月   [査読有り]
Ochiai K, Watanabe M, Ueki H, Huang P, Fujii Y, Nasu Y, Noguchi H, Hirata T, Sakaguchi M, Huh NH, Kashiwakura Y, Kaku H, Kumon H
Biochemical and biophysical research communications   412(2) 391-395   2011年8月   [査読有り]
Ishiguro-Oonuma T, Ochiai K, Hashizume K, Morimatsu M
Biomedical research (Tokyo, Japan)   36(2) 103-107   2015年   [査読有り]
Ochiai K, Ishiguro-Oonuma T, Yoshikawa Y, Udagawa C, Kato Y, Watanabe M, Bonkobara M, Morimatsu M, Omi T
Biomedical research (Tokyo, Japan)   36(2) 155-158   2015年   [査読有り]
Udagawa C, Tada N, Asano J, Ishioka K, Ochiai K, Bonkobara M, Tsuchida S, Omi T
BMC research notes   7(1) 904   2014年12月   [査読有り]
Tanaka T, Kasai H, Yamashita A, Okuyama-Dobashi K, Yasumoto J, Maekawa S, Enomoto N, Okamoto T, Matsuura Y, Morimatsu M, Manabe N, Ochiai K, Yamashita K, Moriishi K
Journal of virology   88(22) 13352-13366   2014年11月   [査読有り]
Ochiai K, Hayama S, Nakiri S, Nakanishi S, Ishii N, Uno T, Kato T, Konno F, Kawamoto Y, Tsuchida S, Omi T
Scientific reports   4 5793   2014年7月   [査読有り]
Horiuchi N, Aihara N, Mizutani H, Kousaka S, Nagafuchi T, Ochiai M, Ochiai K, Kobayashi Y, Furuoka H, Asai T, Oishi K
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   76(2) 243-248   2014年3月   [査読有り]
Watanabe M, Sakaguchi M, Kinoshita R, Kaku H, Ariyoshi Y, Ueki H, Tanimoto R, Ebara S, Ochiai K, Futami J, Li SA, Huang P, Nasu Y, Huh NH, Kumon H
Oncology reports   31(3) 1089-1095   2014年3月   [査読有り]
Ishikawa M, Yoshida K, Okamura H, Ochiai K, Takamura H, Fujiwara N, Ozaki K
Biochimica et biophysica acta   1832(12) 2035-2043   2013年12月   [査読有り]
Ochiai K, Watanabe M, Azakami D, Michishita M, Yoshikawa Y, Udagawa C, Metheenukul P, Chahomchuen T, Aoki H, Kumon H, Morimatsu M, Omi T
Veterinary journal (London, England : 1997)   197(3) 769-775   2013年9月   [査読有り]
Hayama S, Nakiri S, Nakanishi S, Ishii N, Uno T, Kato T, Konno F, Kawamoto Y, Tsuchida S, Ochiai K, Omi T
PloS one   8(7) e68530   2013年   [査読有り]
Yoshida K, Okamura H, Ochiai K, Hoshino Y, Haneji T, Yoshioka M, Hinode D, Yoshida H
Molecular and cellular endocrinology   361(1-2) 99-105   2012年9月   [査読有り]
Ueki H, Watanabe M, Kaku H, Huang P, Li SA, Ochiai K, Hirata T, Noguchi H, Yamada H, Takei K, Nasu Y, Kashiwakura Y, Kumon H
International journal of oncology   41(1) 135-140   2012年7月   [査読有り]
Yoshikawa Y, Morimatsu M, Ochiai K, Okuda K, Taoda T, Chikazawa S, Shimamura A, Omi T, Bonkobara M, Orino K, Watanabe K
BMC research notes   5 173   2012年4月   [査読有り]
Yoshikawa Y, Ochiai K, Morimatsu M, Suzuki Y, Wada S, Taoda T, Iwai S, Chikazawa S, Orino K, Watanabe K
PloS one   7(10) e45833   2012年   [査読有り]
Ochiai K, Yoshikawa Y, Oonuma T, Tomioka Y, Hashizume K, Morimatsu M
Veterinary journal (London, England : 1997)   190(2) 293-295   2011年11月   [査読有り]
Ochiai K, Yoshikawa Y, Yoshimatsu K, Oonuma T, Tomioka Y, Takeda E, Arikawa J, Mominoki K, Omi T, Hashizume K, Morimatsu M
FEBS letters   585(12) 1771-1777   2011年6月   [査読有り]
Fukumura T, Kose H, Takeda C, Kurita Y, Ochiai K, Yamada T, Matsumoto K
Exp. Anim.   60(2) 125-132   2011年
Zhang K, Watanabe M, Kashiwakura Y, Li SA, Edamura K, Huang P, Yamaguchi K, Nasu Y, Kobayashi Y, Sakaguchi M, Ochiai K, Yamada H, Takei K, Ueki H, Huh NH, Li M, Kaku H, Na Y, Kumon H.
Int. J. Oncol.   37(6) 1495-1501   2010年
Chen J, Watanabe M, Huang P, Sakaguchi M, Ochiai K, Nasu Y, Ouchida M, Huh NH, Shimizu K, Kashiwakura Y, Kaku H, Kumon H.
Int J Mol Med.   24(6) 789-794   2009年11月
The reduced expression in immortalized cells (REIC)/Dickkopf (Dkk)-3, a member of the Dkk gene family, is a tumor suppressor in a broad range of cancers. REIC/Dkk-3 transfected stable clones of mouse prostate cancer RM9 cells (RM9-REIC) and the em...
Sakaguchi M, Kataoka K, Abarzua F, Tanimoto R, Watanabe M, Murata H, Than SS, Kurose K, Kashiwakura Y, Ochiai K, Nasu Y, Kumon H, Huh NH.
J Biol Chem.   284(21) 14236-14244   2009年5月
We previously showed that the tumor suppressor gene REIC/Dkk-3, when overexpressed by an adenovirus (Ad-REIC), exhibited a dramatic therapeutic effect on human cancers through a mechanism triggered by endoplasmic reticulum stress. Adenovirus vecto...
Watanabe M, Kashiwakura Y, Huang P, Ochiai K, Futami J, Li SA, Takaoka M, Nasu Y, Sakaguchi M, Huh NH, Kumon H.
Int J Oncol.   34(3) 657-663   2009年4月
The REIC/Dkk-3 gene has been reported to be a tumor suppressor and the expression is significantly down-regulated in a broad range of cancer cell types. The protein is secretory, but the physiological function remains unclear. This study demonstra...
Abarzua F, Kashiwakura Y, Takaoka M, Watanabe M, Ochiai K, Sakaguchi M, Iwawaki T, Tanimoto R, Nasu Y, Huh NH, Kumon H.
Biochem Biophys Res Commun.   375(4) 614-618   2008年10月
Overexpression of REIC/Dkk-3 (a tumor suppressor gene) induces cancer cell apoptosis through endoplasmic reticulum (ER) stress. Therefore, the identification of the portion of REIC/Dkk-3 that causes ER stress may be essential for the development o...
Kashiwakura Y, Ochiai K, Watanabe M, Abarzua F, Sakaguchi M, Takaoka M, Tanimoto R, Nasu Y, Huh NH, Kumon H.
Cancer Res.   ;68(20) 8333-8341   2008年10月
REIC/Dickkopf-3 (Dkk-3), a tumor suppressor gene, has been investigated in gene therapy studies. Our previous study suggested that REIC/Dkk-3-induced apoptosis mainly resulted from phosphorylation of c-Jun-NH2 kinase (JNK) in prostate cancer cells...
Yoshikawa Y, Morimatsu M, Ochiai K, Nagano M, Tomioka Y, Sasaki N, Hashizume K, Iwanaga T
American journal of veterinary research   69(10) 1323-1328   2008年10月   [査読有り]
Kawasaki K, Watanabe M, Sakaguchi M, Ogasawara Y, Ochiai K, Nasu Y, Doihara H, Kashiwakura Y, Huh NH, Kumon H, Date H.
Cancer Gene Ther.   16(1) 65-72   2008年
The overexpression of reduced expression in immortalized cells (REIC)/Dickkopf-3 (Dkk-3), a tumor suppressor gene, induced apoptosis in human prostatic and testicular cancer cells. The aim of this study is to examine the potential of REIC/Dkk-3 as...
Oonuma, T., Morimatsu, M., Ochiai, K., Iwanaga, T. and Hashizume, K.
J. Vet. Med. Sci.   69(3) 279-284   2007年
Yoshikawa, Y., Morimatsu, M., Ochiai, K., Nagano, M., Yamane, Y., Tomizawa, N., Sasaki, N. and Hashizume, K.
J. Vet. Med. Sci.   67(10) 1013-1017   2005年
Yoshikawa, Y., Morimatsu, M., Ochiai, K., Nagano, M., Yamane, Y., Tomizawa, N., Sasaki, N. and Hashizume, K.
Biomed Res.   26(3) 109-116   2005年
Yoshikawa, Y., Morimatsu, M., Ochiai, K., Nagano, M., Yamane, Y., Tomizawa, N., Sasaki, N. and Hashizume, K.
J. Vet. Med. Sci.   67(10) 1013-1017   2005年
イヌの遺伝性乳ガン原因遺伝子Brca2の構造と機能
落合和彦、森松正美、吉川泰永、宇賀聡、首藤文榮、橋爪一善
獣医生化学   41(2) 51-59   2004年
cDNA microarray analysis of bovine embryo gene expression profiles during the pre-implantation period.
Ushizawa, K., Herath, CB., Kaneyama, K., Shiojima, S., Hirasawa, A., Takahashi,T., Imai, K., Ochiai, K., Tokunaga, T., Tsunoda, Y., Tsujimoto, G. and Hashizume, K.
Reprod Biol Endocrinol.   24(2) 77   2004年
Ochiai, K., Morimatsu, M., Yoshikawa, Y. Syuto, B. and Hashizume, K.
Biomed. Res.   25(6) 269-275   2004年
Lee BH, Yoshimatsu K, Maeda A, Ochiai K, Morimatsu M, Araki K, Ogino M, Morikawa S, Arikawa J.
Virus Res.   98(2003) 83-91   2003年
Oonuma T, Morimatsu M, Ochiai K, Syuto B.
J Vet Med Sci.   65(10) 1123-1126   2003年
Ochiai K, Morimatsu M, Tomizawa N, Syuto B
J Vet Med Sci.   63(10) 1103-1108   2001年

講演・口頭発表等

 
AB型が疑われたB型ネコに見出した新規CMAH遺伝子変異
矢口 雅美、宇埜友美子、落合和彦、山根咲恵、金子直博、稲垣健志、坂本敦司、小野沢栄里、土田修一、近江俊徳
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
HSO-37 p.468
新規の犬前立腺癌細胞株CHP-2に対するRAF阻害剤GDC-0879の抗腫瘍活性
小林 正典、大竹陽奈、齊藤千祥、長島智和、落合和彦、田村恭一、道下正貴、盆子原誠、堀達也、河上栄一
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
GO-24 p.442
猫の乳腺腫瘍におけるPSF1の発現
斎藤綾乃、町田雪乃、落合和彦、道下正貴
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
BO-11 p.349
犬のリンパ腫におけるPKM2発現と臨床病理学的および病理組織学的特徴との関連性
高添夏希、町田雪乃、野上英、原田知享、落合和彦、呰上大吾、道下正貴
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
BO-5 p.348
犬のメラノーマにおけるCD271の免疫組織学的検索
大森万里奈、町田雪乃、落合和彦、道下正貴
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
BO-4 p.347
犬の肺腺癌におけるヒトWHO分類に準拠した亜型分類および予後との関連性
高木香奈、呰上大吾、町田雪乃、落合和彦、道下正貴
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
BO-1 p.347
がん抑制遺伝子p53に変異を有するイヌ乳腺腫瘍細胞に対する血管新生阻害薬の抗腫瘍効果 の解析
中沢綾香、石黒(大沼)俊名、落合和彦、森松正美、木崎景一郎
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
IO-10 p.481
BRCA2のC末端RAD51結合領域におけるRAD51との結合に影響を与えるアミノ酸残基の同 定
吉川泰永、森松正美、落合和彦、田中杏里咲、折野宏一
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
IO-2 p.479
イヌRAD51変異が複合体形成におよぼす影響の検討
植村光希、落合和彦、森松正美、柏木伸旭、宇埜友美子、道下正貴、呰上大吾、小野沢栄里、近江俊徳
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
IO-7 p.479
比較臨床Ⅱ:小動物がん遺伝子研究の最前線 [招待有り]
落合 和彦
第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2019年2月16日   一般社団法人日本獣医内科学アカデミー
抄録集 p.143
ネコAB式血液型を担うCMAH遺伝子のジェノタイピング:c.364C>T変異型ホモ接合体を有するAB型ネコの同定
金岡春央梨、中村知尋、佐藤茉水、本田安里紗、矢口雅美、川上翔太、宇埜友美子、坂本敦司、呰上大吾、盆子原誠、落合和彦、土田修一、近江俊徳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月12日   
HSO-54 p.438
がん抑制遺伝子p53に変異を有するイヌ乳腺腫瘍由来細胞の性状解析
中沢綾香、石黒(大沼)俊名、落合和彦、森松正美、木崎景一郎
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
IO-10 p.447
イヌIDH1の新規変異が機能に及ぼす影響の検討
川上翔太、落合和彦、道下正貴、森松正美、近江俊徳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
IO-7 p.446
イヌ乳腺腫瘍細胞株で生じたp53遺伝子変異の検出と機能解析
落合和彦、平間日奈子、森松正美、川上翔太、道下正貴、中川貴之、 呰上大吾、稲垣健志、坂本敦司、近江俊徳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
HSO-25 p.431
R132 MUTATIONS IN CANINE ISOCITRATE DEHYDROGENASE 1 (IDH1) LEAD TO FUNCTIONAL CHANGES
Kawakami S, Ochiai K, Kato Y, Azakami D, Michishita M, Omi T
XVIIIth ISACP Congress   2018年8月7日   
P-7
ENDOGENOUS LEU332GLN MUTATION IN P53 DISRUPTS THE TETRAMERIZATION ABILITY IN THE CANINE MAMMARY GLAND TUMOR CELL LINE.
Ochiai K, Azakami D, Hirama H, Kawakami S, Uno Y, Omi T
XVIIIth ISACP Congress   2018年8月7日   
P-12
イヌ乳腺腫瘍細胞株で生じたp53遺伝子変異の検出と機能解析
平間日奈子、落合和彦、道下正貴、近江俊徳
第48回日本比較臨床医学会学術集会   2017年12月10日   
がん関連遺伝子の細胞内相互作用解析から見えてくるもの [招待有り]
落合 和彦
獣医がん分子生物研究会   2017年9月13日   
CMAH遺伝子解析による猫 AB式血液型の分子基盤
近江俊徳、中澤翔太、宇田川智野、多田尚美、三井寛子、落合和彦、 加藤由比子、呰上大吾、左向敏紀、筒井敏彦、盆子原誠、土田修一
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
IDH1イヌホモログの変異が機能におよぼす影響の検討
川上翔太,落合和彦、尾原涼、道下正貴、近江俊徳
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3ネコホモログの構造と乳腺腫瘍に対するアポトーシス誘導能の解析
落合和彦、杉原思穂、小田民美、川上翔太、平間日奈子、呰上大吾、近江俊徳
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月13日   
イヌIDH1ホモログのクローニングと機能解析
川上翔太、落合和彦、道下正貴、近江俊徳
日本獣医臨床病理学会2017年大会   2017年6月25日   
SGTA機能制御を起点とした前立腺がん新規治療戦略の創出
加藤由比子、落合和彦、近江俊徳
第39回日本分子生物学会年会   2016年11月30日   
イヌ前立腺がん関連遺伝子SGTA分子内ドメインの機能解析
加藤由比子,落合和彦,川上翔太,近江俊徳
第47回日本比較臨床医学会学術集会   2016年10月   
イヌとヒトで異なるアミノ酸配列がDNA相同組換えタンパク質RAD51の機能に及ぼす影響の解析
落合和彦、閑野大輝、澤谷瑞季、蓮見翔、宇田川智野、近江俊徳
第47回日本比較臨床医学会学術集会   2016年10月   
イヌ前立腺がん関連遺伝子SGTAがARシグナル伝達に与える影響の検討
加藤由比子、落合和彦、近江俊徳
第159回日本獣医学会学術集会   2016年9月   
前立腺がん関連遺伝子SGTAイヌホモログの構造および機能解析
加藤由比子、落合和彦、中平嶺、道下正貴、呰上大吾、高橋公正、近江俊徳
第158回日本獣医学会学術集会   2015年9月   
イヌSGTAホモログのクローニングと前立腺がん細胞のアンドロゲンシグナル伝達機構に与える影響の検討
落合和彦、加藤由比子、中平嶺、道下正貴、呰上大吾、高橋公正、近江俊徳
日本獣医臨床病理学会2015年大会   2015年5月30日   
DNA相同組換えタンパク質RAD51の動物種特異的アミノ酸配列が機能に及ぼす影響の解析
落合和彦、閑野大輝、宇田川智野、呰上大吾、大沼俊名、吉川泰永、森松正美、近江俊徳
第157回日本獣医学会学術集会   2014年9月11日   
新規がん治療候補遺伝子REIC/Dkk-3イヌホモログの構造とアポトーシス誘導能の解析
落合和彦、宇田川智野、呰上大吾、近江俊徳
第44回日本比較臨床医学会学術大会   2013年11月9日   
がん抑制遺伝子REIC/Dkk-3イヌホモログの構造と乳腺腫瘍に対するアポトーシス誘導能の解析
落合和彦、渡部昌実、宇田川智野、呰上大吾、森松正美、大沼俊名、近江俊徳
第156回日本獣医学会学術集会   2013年9月21日   
イヌ乳腺腫瘍関連遺伝子BRCA2のBRC repeat 3に存在するSNPsの頻度および機能に及ぼす影響の検討
落合和彦、塩入弓絵、染田沙織、大澤有加、宇田川智野、森松正美、吉川泰永、盆子原誠、土田修一、近江俊徳
第155回日本獣医学会学術集会   2013年3月28日   
放射線治療抵抗性がんに対するRAD51の制御を基軸とした改変型BRCによる新規治療戦略の開発に向けた基礎研究
落合和彦、森松正美、吉川泰永、宇田川智野、多田尚美、近江俊徳
第154回日本獣医学会学術集会   2012年9月15日   
動物種間解析によって得られたBRCA2のBRC repeat 4のアミノ酸がDNA相同組換え修復に必須なRAD51ホモ会合体形成に与える影響
落合和彦、宇田川智野、多田尚美、近江俊徳
第43回日本比較臨床医学会学術集会   2012年   
イヌ乳腺腫瘍関連遺伝子産物BRCA2のBRC repeat 4のアミノ酸がDNA相同組換え修復に必須なRAD51ホモ会合体形成に与える影響
落合和彦、吉川泰永、近江俊徳、森松正美
第152回日本獣医学会学術集会   2011年9月20日   
イヌ乳腺腫瘍関連遺伝子Brca2のBRC repeat 4のアミノ酸配列がRad51との相互作用に及ぼす影響
落合和彦、吉川泰永、大沼俊名、橋爪一善、森松正美
第150回日本獣医学会学術集会   2010年9月17日   
がん抑制遺伝子産物Brca2のイヌ型BRC repeat 4の構造と機能
落合和彦、森松正美 、橋爪一善
第138回日本獣医学会学術集会   2004年9月11日   
乳腺腫瘍関連遺伝子産物Brca2のBRC repeatsの機能解析
落合和彦、森松正美
第136回日本獣医学会学術集会   2003年10月4日   
イヌ乳腺腫瘍関連遺伝子Brca2とRad51の哺乳類細胞内での相互作用の解析
落合和彦、森松正美、冨澤伸行、首藤文榮
第134回日本獣医学会学術集会   2002年9月20日   
イヌBrca2とRad51のクローニングおよび相互作用の解析
落合和彦、森松正美
第24回日本分子生物学会総会   2001年12月10日   
イヌの乳腺腫瘍関連遺伝子Brca2とRad51の相互作用の解析
落合和彦、森松正美、冨澤伸行、首藤文榮
第132回日本獣医学会学術集会   2001年10月7日   

所属学協会

 
日本比較臨床医学会 , 日本獣医学会 , 日本分子生物学会 , 日本実験動物学会

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2008年 - 2010年    代表者: 松本 耕三
イヌ乳腺腫瘍関連遺伝子Brca2の機能解析
新規がん抑制遺伝子REIC/Dkk3の機能解析
研究期間: 2011年   

特許

 
公文 裕巳, 渡部 昌実, 二見 淳一郎, 藤井 康之, 植木 英雄, 落合 和彦
大槻 高史, 宍戸 昌彦, 公文 裕巳, 柏倉 祐司, 落合 和彦