トップページ > 応用生命科学部> 食品科学科 

食品科学科

研究者リスト >> 江草 愛
 

江草 愛

 
アバター
研究者氏名江草 愛
 
 
通称等の別名雜賀 愛
所属日本獣医生命科学大学
部署
職名講師
学位博士(農学)(広島大学)
J-Global ID201101091439860911

研究キーワード

 
鶏コラーゲン加水分解物 ,血管内皮前駆細胞 ,SHR ,畜産資源 ,循環器 ,畜産物利用 ,高血圧自然発症ラット ,高血圧 ,食品 ,血管 ,畜産食品学 ,食品化学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生産科学 / 
  • ライフサイエンス / 食品科学 / 食品機能化学

経歴

 

学歴

 

委員歴

 

受賞

 
2017年6月
公益財団法人 伊藤記念財団, 伊藤記念財団賞
 
 

論文

 
 
Ochiai K   Azakami D   Morimatsu M   Hirama H   Kawakami S   Nakagawa T   Michishita M   Egusa S. A   Sasaki T   Watanabe M   Omi T   
Oncology Reports   40(1) 488-4494   2018年4月   [査読有り]
 
Toshihide Nishimura   Shingo Goto   Kyo Miura   Yukiko Takakura   Ai S. Egusa   Hidehiko Wakabayashi   
FOOD CHEMISTRY   196 577-583   2016年4月   [査読有り]
We examined the influence of taste compounds on retronasal aroma sensation using a model chicken soup. The aroma intensity of a reconstituted flavour solution from which glutamic acid (Glu), inosine 5'-monophosphate (IMP), or phosphate was omitted...
 
Toshihide Nishimura   Ai Saiga Egusa   Akira Naga   Tsutomu Odahara   Takeshi Sugise   Noriko Mizoguchi   Yasuharu Nosho   
FOOD CHEMISTRY   192 724-728   2016年2月   [査読有り]
We aimed to examine the substance in a precipitate of heat-treated onion concentrate (HOC) that contributes to a sensation of lingering of aroma, a koku attribute induced by the sensing of richness and persistence in terms of taste, aroma and text...
 
Fumiko Iida   Yuki Miyazaki   Risako Tsuyuki   Kenichi Kato   Ai Egusa   Hiro Ogoshi   Toshihide Nishimura   
MEAT SCIENCE   112 46-51   2016年2月   [査読有り]
Analysis of the quality of highly marbled beef during dry aging for 60 days after slaughter showed that the changes in some qualities differed from those of conventional meat. The tenderness of these meats did not change during aging for 50 days b...
 
江草(雜賀) 愛   大野勇司   阿孫 健一   安松良恵   池田咲子   山下裕隆   西村敏英   
日本味と匂学会誌   21 351-354   2014年   [査読有り]

MISC

 
 
江草 愛   
鶏の研究   94(4) 22-26   2019年4月   [招待有り]
 
江草 愛   
鶏の研究   94(3) 36-39   2019年3月   [招待有り]
 
江草 愛   
鶏の研究   94(2) 22-26   2019年2月   [招待有り]
 
江草 愛   
養鶏の友   56(1) 14-18   2019年1月   [招待有り]

書籍等出版物

 
 
西村敏英, 浦野哲盟(担当:分担執筆, 範囲:14章 機能性食品(pp.169-181))
アイ・ケイ・コーポレーション      2015年      
 
松石昌典, 西邑隆徳, 山本克博(担当:分担執筆, 範囲:5章 食肉の栄養生理機能 5.3食肉の生体調節機能成分(pp.99-107))
朝倉書店      2015年      
 
扇元敬司, 韮澤圭二郎, 桑原正貴, 寺田文典, 中井裕, 杉浦勝明編(担当:分担執筆, 範囲:第9章 畜産物の機能と安全性-肉・肉製品- (pp.528-531))
講談社      2014年      
 
有原圭三監修(担当:分担執筆, 範囲:第32章 畜肉 ペプチド素材-豚エラスチンペプチド (pp.302-308))
シーエムシー出版      2009年      
 
津志田藤二郎, 梅垣敬三, 井上浩一, 村上明編(担当:分担執筆, 範囲:コラーゲン(pp.131-135))
サイエンスフォーラム      2007年      

講演・口頭発表等

 
 
カルノシン合成酵素遺伝子ノックアウトマウスの生理機能
江草(雜賀)愛   
日本栄養・食糧学会 第73回大会   2019年5月19日   
 
地鶏のおいしさを特徴づける要因の解明
江草(雜賀) 愛   
2018年度 地鶏銘柄鶏セミナー   2018年9月21日   
 
豚筋原線維タンパク質由来抗酸化ペプチドの構造解析
粂井和奈   江草(雜賀)愛   西村敏英   平山真   
日本畜産学会 第121回大会   2016年3月29日   
 
輸入鶏肉と国産鶏肉の官能特性と寄与因子の解明
江草(雜賀)愛   西村敏英   
日本官能評価学会 2015年度大会   2015年11月7日   
 
ニホンウズラのカルノシン・アンセリン含量に関する研究
江草(雜賀)愛   中尾暢宏   佐伯由真   相田成重   西村敏英   
日本家禽学会 秋季大会   2015年9月10日   

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
American chemical society
 
   
 
日本栄養・食糧学会
 
   
 
日本食品科学工学会
 
   
 
日本農芸化学会
 
   
 
日本畜産学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
カルノシンはβアラニンプールとして骨格筋のエネルギー代謝に関わるのか?
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
江草(雜賀) 愛 
研究期間: 2018年4月 - 2020年3月
 
研究期間: 2012年 - 2013年
 
畜産資源を由来とする血管再生因子の探索と作用機序の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
江草 愛 
研究期間: 2010年 - 2011年
 
研究期間: 2009年 - 2011年

産業財産権

 
 
大野 勇司   古屋 進之介   江草 愛   西村 敏英   安松 良恵   阿孫 健一   池田 咲子   山下 裕隆   
 
杉瀬 健   溝口 典子   小田原 努   江草 愛   西村 敏英   
 
小田原 努   溝口 典子   杉瀬 健   江草 愛   西村 敏英   
 
溝口 典子   小田原 努   杉瀬 健   江草 愛   西村 敏英   
 
杉瀬 健   溝口 典子   小田原 努   江草 愛   西村 敏英   

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他