トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 植田 富貴子
 

植田 富貴子

 
アバター
研究者氏名植田 富貴子
 
ウエダ フキコ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 疾病予防獣医学部門 衛生・公衆衛生学分野
職名教授
学位農学博士(東京大学), 農学修士(東京大学)
J-Global ID200901018164880243

研究キーワード

 
応用獣医学 ,Applied Veterinary Medicine.

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

学歴

 
 
 - 
1984年
東京大学 農学系研究科 獣医学専門課程
 
 
 - 
1984年
東京大学  
 
 
 - 
1979年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 
 
 - 
1979年
日本獣医生命科学大学  
 

論文

 
 
Yoshitsugu Ochiai   Otgonchirneg Batmunkh   Kunitoshi Ogasawara   Mariko Mochizuki   Ryo Hondo   Fukiko Ueda   
INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY   127(1-2) 12-172008年9月   [査読有り]
Phylogenetic analyses were carried out on a total of 118 Listeria monocytogenes isolates from foods or food processing environments, and 7 isolates from listeriosis patients in Japan to evaluate the genetic variation in the pathogen in this countr...
 
Mariko Mochizuki   Makoto Mori   Ryo Hondo   Fukiko Ueda   
Environmental Monitoring and Assessment   137(1-3) 35-492008年2月   [査読有り]
The degree of cadmium (Cd) contamination in wildlife is often used as an indicator in the environmental monitoring of Cd poisoning. However, previous studies have not clarified the correlation between levels in wildlife and levels in the environme...
 
C. Oya   Y. Ochiai   Y. Taniuchi   T. Takano   A. Fujima   F. Ueda   R. Hondo   Y. Yoshikawa   
LABORATORY ANIMALS   42(1) 99-1032008年1月   
Herpes B virus infection is almost asymptomatic in macaques (Macaca spp.), which are the natural hosts of this pathogen, but is the cause of high mortality in humans. Reactivation of the latent virus in the trigeminal ganglia (TG) results in the s...
 
Akikazu Fujima   Yoshitsugu Ochiai   Aya Saito   Yuki Omori   Atsuya Noda   Yukumasa Kazuyama   Hiroshi Shoji   Kiyoshi Tanabayashi   Fukiko Ueda   Yasuhiro Yoshikawa   Ryo Hondo   
JOURNAL OF CLINICAL MICROBIOLOGY   46(1) 56-612008年1月   [査読有り]
The antigenic cross-reactive characteristics of herpes B virus and herpes simplex virus (HSV) type 1 (HSV-1) and HSV-2 are responsible for false-positive diagnoses by serological assays in humans and macaques. In the present study, we developed a ...
 
Takahashi T   Ochiai Y   Matsudate H   Hasegawa K   Segawa T   Fukuda M   Hondo R   Ueda F   
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   69(10) 1077-10792007年10月   [査読有り]

書籍等出版物

 
 
 
   1986年      

講演・口頭発表等

 
 
鶏肉からの Campylobacter 属菌および Listeria 属菌の分離状況(2)
小林清美   吉川悠子   髙野貴士   落合由嗣   望月眞理子   植田富貴子   
第162回日本獣医学会   2019年9月11日   
 
鶏肉からの Campylobacter 属菌および Listeria 属菌の分離状況
小林清美   吉川悠子   髙野貴士   落合由嗣   望月眞理子   植田富貴子   
第161回日本獣医学会   2018年9月12日   
 
Listeria monocytogenesの塩化ベンザルコニウムに対する抵抗菌の出現状況
小林清美   吉川悠子   高野貴士   落合由嗣   望月眞理子   植田富貴子   
平成30年度 関東・東京合同地区獣医師大会(茨城、獣医学術関東・東京合同地区学会   2018年9月9日   
 
食品から分離されたListeria monocytogenesのストレス抵抗性に関する解析
落合由嗣   吉川悠子   山田文也   高野貴士   望月眞理子   本藤良   植田富貴子   
第160回日本獣医学会   2017年9月14日   

所属学協会

 
 
   
 
環境科学会
 
   
 
日本獣医学会