トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 野瀬 出
 

野瀬 出

 
アバター
研究者氏名野瀬 出
 
ノセ イズル
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 比較発達心理学研究室
職名講師

研究キーワード

 
動物 , 生理 , 感情

研究分野

 
  • 心理学 / 実験心理学 / 

書籍等出版物

 
アルダート ヴレイ (担当:共訳, 範囲:13章 生理学的虚偽検出:機能的磁気共鳴画像法(fMRI))
福村出版   2016年7月   ISBN:4571250460
啓明出版   2014年4月   ISBN:4874480365
村井 潤一郎 (担当:共著, 範囲:9章嘘と精神生理学)
ナカニシヤ出版   2013年9月   ISBN:4779507669
野瀬 出 (担当:共著, 範囲:脳機能をはかる)
丸善   2013年6月   ISBN:4621085794
丸善出版   2013年5月   ISBN:4621086707
勁草書房   2013年3月   ISBN:4326250860
村井 潤一郎 (担当:共著, 範囲:7章:精神生理学的研究)
サイエンス社   2012年8月   ISBN:4781913075
Neil R.Carlson (担当:共訳, 範囲:9章睡眠と生体リズム)
丸善   2010年6月   ISBN:4621082574
心理学基礎実験(淑徳大学通信教育部指定教科書)
野瀬 出 (担当:編者)
ディーエスサービス   2009年   
NEIL R.CARLSON (担当:共訳, 範囲:9章睡眠と生体リズム)
丸善   2007年12月   ISBN:4621079131
野瀬 出 (担当:共著, 範囲:記憶のメカニズム)
丸善   2007年1月   ISBN:4621078070
NEIL R.CARLSON (担当:共訳, 範囲:9章睡眠と生体リズム)
丸善   2006年5月   ISBN:4621077198
野瀬 出 (担当:共著, 範囲:第2章3節脳とこころ)
東洋経済新報社   2003年4月   ISBN:4492041907

論文

 
KIJIMA Tsunekazu, NOSE Izuru, YAMASHITA Masako
応用心理学研究 = Japanese journal of applied psychology   38(0) 1-7   2012年11月
野瀬 出, 梶ヶ谷 恵理, 柿沼 美紀
日本獣医生命科学大学研究報告   (60) 53-57   2011年12月
Katsuyama N, Usui N, Nose I, Taira M
NeuroImage   54(1) 485-494   2011年1月   [査読有り]
野瀬 出, 村井 潤一郎, 泰羅 雅登
日本獣医生命科学大学研究報告   (59) 46-50   2010年12月
隠匿情報検査(CIT)とは,当事者にしか知り得ない情報を被験者が有しているかどうかを判定するための手続きであり,通常はポリグラフを用いて自律神経系活動を指標として実施する。一方,近年においてはfMRIなどの中枢神経系活動を指標としたCITに関する研究が進められている。著者らの研究から右側の腹外側前頭前野(vIPFC)の活動が隠匿情報の有無の判定に有効であることが示されたが,その際の正判定率はポリグラフによる正判定率をわずかに下回っていた。fMRIによるCITは,ポリグラフを用いる場合と比べ...
柿沼 美紀, 森 香奈, 畠山 仁, 土田 あさみ, 野瀬 出, 黒鳥 英俊, 永田 裕基, 木岡 真一, 東川上 純
日本獣医生命科学大学研究報告   (59) 35-45   2010年12月
チンパンジーは霊長類の中でも道具を使用する数少ない動物である。その道具使用獲得のメカニズムの検討は人の道具使用獲得過程を考えるうえでも重要である。これまでにも,チンパンジーの道具使用技術獲得のプロセスについては,野生下での観察,実験及び飼育下の実験で報告されている1-3,5,7,10-12)。本研究では,飼育下非実験場面である動物園(多摩動物公園)での観察データをもとにナッツ割り技術獲得に関する定量化を試みた。また,生育歴,血縁関係などをもとに,ナッツ割り技術獲得に必要な要件を検討した。そ...
木島 恒一, 野瀬 出, 山下 雅子
北陸学院大学・北陸学院大学短期大学部研究紀要   (3) 123-130   2010年
土師 知己, 野瀬 出, 勝山 成美, 泰羅 雅登
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   14(1) 121-130   2009年3月
Although recent advances in the computer graphics technique allow us to generate photo-like images (ex. painting), we can distinguish them from real photos. This suggests that an ability to detect the differences between real photo and photo-like ...
Nose I, Murai J, Taira M
NeuroImage   44(4) 1380-1386   2009年2月   [査読有り]
Ken-ichi Tabei, Izuru Nose, Nobuo Usui, Masato Taira
Neuroscience Research   65 S229   2009年1月   [査読有り]
Hashimoto T, Usui N, Taira M, Nose I, Haji T, Kojima S
NeuroImage   31(4) 1762-1770   2006年7月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
女性の顔の魅力が欺瞞性認知に及ぼす影響
村井潤一郎・野瀬出・滝口雄太
2018年9月25日   
イヌのパーソナリティとデモグラフィック特性との関係
野瀬出・柿沼美紀
日本心理学会第82回大会   2018年9月25日   
Gross motor development changes the mother-child relationship in captive chimpanzees.
137. Kakinuma, M., Hatakeyama, H., Nose, I., Kotani, Y., & Nonaka, M.
第79回日本動物心理学会大会   2018年8月28日   
Can eye-tracker be used as a screening device for Autistic Spectrum Disorder?
Kakinuma, M., Takarabe, M., Igarashi, K., Takahashi, M., Nose, I., Uechi, A., Konno, M., Uemura, K., Sakuma, T., Hiratani, M., & Jing, J.
Australia Eye-tracking Conference 2018   2018年4月26日   
前田采香, 小川彩香, 宇埜友美子, 野瀬出, 柿沼美紀
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   2018年3月31日   

学歴

 
 
 - 
2001年
日本大学 文学研究科 心理学
 
 
 - 
1995年
日本大学 文理学部(文科系) 心理
 

所属学協会

 
日本発達心理学会 , 日本教育心理学会 , 日本動物介在教育・療法学会 , 日本自閉症スペクトラム学会 , 日本生理心理学会 , 日本心理学会 , 日本応用心理学会 , 日本神経科学会

競争的資金等の研究課題

 
真偽刺激データベース作成の試み
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 村井 潤一郎
社会的認知能力としての痛みの理解と表出の発達
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 柿沼 美紀
イヌはなぜ人のベストパートナーになれたか-特化された社会的認知能力の検討
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 柿沼 美紀
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 財部 盛久
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 村井 潤一郎
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2014年 - 2016年    代表者: 野瀬 出
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 柿沼 美紀