トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 森田 達志
 

森田 達志

 
アバター
研究者氏名森田 達志
 
モリタ タツシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医寄生虫学研究室
職名准教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 寄生虫学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2018年9月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 講師
 
1995年4月
 - 
2007年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部獣医学科 助手
 
1995年
   
 
- Research Associate, Faculty of Veterinary and
 
 
   
 
Animal Science, NVAU.
 

学歴

 
 
 - 
1995年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 
 
 
 - 
1991年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  評議員
 
2017年6月
 - 
2020年6月
農林水産省獣医事審議会  専門委員
 

論文

 
MATSUO Shiro, MORITA Tatsushi, IMAI Soichi, IKE Kazunori
Journal of Veterinary Epidemiology   18(2) 124-129   2014年   [査読有り]
The hearts, diaphragms, hind legs, and back muscles of 64 Japanese sika deer (Cervus nippon centralis) caught in a mountainous area of Hyogo Prefecture, Japan, were examined for Sarcocystis infection by detecting sarcocysts. Sarcocysts were detect...
Hidenori Kabeya, Kai Inoue, Yasuhito Izumi, Tatsushi Morita, Soichi Imai, Soichi Maruyama
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   73(12) 1561-1567   2011年12月   [査読有り]
The purpose of this study was to assess the role of fleas for transmission of Bartonella species among wild rodents in Japan. Flea samples were collected from wild rodents and examined genetically for Bartonella infection. Bartonella DNA was detec...
M. Honda, K. Namikawa, H. Hirata, S. Neo, T. Maruo, J. Lynch, A. Chida, T. Morita
JOURNAL OF PARASITOLOGY   97(4) 731-734   2011年8月   [査読有り]
In June 2009, 27 guinea pigs kept at an animal petting facility at a zoo in Kanagawa Prefecture, Japan, were observed to scratch intensely, weaken, and develop lesions. Three sarcoptiform mites were found in skin scrapings taken from affected area...
Keiko Hamaguchi, Kazunori Ike, Yuko Yamazaki, Tatsushi Morita, Soichi Imai
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   73(2) 263-267   2011年2月   [査読有り]
Zinc (Zn) is an essential trace element for DNA synthesis and for cell growth and differentiation. The deficiency induces a wide range of disorders including immunodeficiency. In this study, the influence of Zn deficiency to the mice infected with...
Yuri Terada, Nobuo Murayama, Hiroshi Ikemura, Tatsushi Morita, Masahiko Nagata
VETERINARY DERMATOLOGY   21(6) 608-612   2010年12月   [査読有り]
A 10-year-old castrated male Shih Tzu presented with severe generalized pruritus. Skin scrapings revealed the presence of Sarcoptes scabiei var. canis. A Yorkshire terrier in the same household simultaneously developed pruritus due to scabies. Bot...
佐鹿 万里子, 森田 達志, 的場 洋平, 岡本 実, 谷山 弘行, 猪熊 壽, 浅川 満彦
日本野生動物医学会誌   14(2) 125-128   2009年9月
2005年2月、北海道北広島市にて腰部から尾部にかけ著しい脱毛と痂皮を形成したアライグマProcyon lotor雄幼獣一個体が捕獲され、当該病変部から多数の小型ダニ類が検出された。形態および2nd internal transcribed spacer(ITS-2)の塩基配列から、これらのダニ類はSarcoptes scabieiと同定された。本症例は日本産アライグマのS.scabieiによる疥癬の初報告となった。(著者抄録)
寺田有里, 村山信雄, 永田雅彦, 森田達志
皮膚病診療   31(8) 992-997   2009年8月
Keiko Hamaguchi, Kazunori Ike, Rie Yamamoto, Tatsushi Morita, Soichi Imai
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   71(8) 1085-1088   2009年8月   [査読有り]
Zinc deficiency induces a wide range of disorders including immunodeficiency. It is known that microbial infections occur with a high frequency in the zinc-deficient hosts, but the study on the correlation between parasitic infection and zinc stat...
K. Furuya, T. Asakura, M. Igarashi, T. Morita
VETERINARY RECORD   165(3) 85-86   2009年7月   [査読有り]
Tatsushi Morita, Ken-ichi Haruta, Akiko Shibata-Haruta, Eiji Kanda, Soichi Imai, Kazunori Ike
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   69(4) 417-420   2007年4月   [査読有り]
Prevalence of lung worms belonging to the genus Metastrongylus was surveyed on 42 Japanese wild boars (Sus scrofa leucomystax) captured officially for wildlife damage control in the western parts of Tokyo, Japan from April 2000 to April 2001. The ...

MISC

 
森田達志
GO-VET   3(1) 112-118   2019年12月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(4) 96-102   2019年9月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(3) 86-91   2019年6月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(2) 56-60   2019年3月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(1) 92-97   2018年12月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
社)日本動物保健看護系大学協会カリキュラム委員会, 森田達志 (担当:共著, 範囲:第2章(寄生虫)4(衛生動物))
インターズー   2020年1月   ISBN:9784866710877
森田 達志 (担当:共著, 範囲:第22章外部寄生虫)
学窓社   2019年9月   
森田達志 (担当:分担執筆, 範囲:各論第8章外部寄生性節足動物)
講談社サイエンティフィク   2019年4月   ISBN:9784061537446
森田 達志 (担当:分担執筆, 範囲:第4章犬の外部寄生虫感染症1〜4,第9章すべて)
緑書房   2019年4月   
森田達志 (担当:分担執筆, 範囲:犬の外部寄生虫感染症(「マダニ寄生」を除く)および猫の外部寄生虫感染症)
緑書房   2018年11月   

講演・口頭発表等

 
森田 達志, 伊藤 ななお, 堤 若菜, 桜井 普子, 伊從 慶太, 池 和憲
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
菊池康樹, 土井寛大, 牛根奈々, 古河花織, 佐々木晴子, 加藤卓也, 野村 亮, 森田達志, 羽山伸一
第23回 日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
Tatsushi MORITA
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月18日   
Tatsushi MORITA
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月   
杉浦奈都子, 加藤卓也, 山本俊昭, 落合和彦, 森田達志, 梶ヶ谷博, 羽山伸一
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2016年   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 獣医寄生虫病学I (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 獣医寄生虫病学II (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 畜産(寄生虫部分) (瑞穂農芸高校 畜産科学科)
  • 医動物学(衛生動物部分) (明治薬科大学 薬学部)
  • 熱帯病・寄生虫学(衛生動物部分) (杏林大学 医学部)

所属学協会

 
世界獣医寄生虫学会(World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology) , 日本獣医寄生虫学会 , アメリカ衛生動物学会(The Entomological Society of America) , 日本ダニ学会 , 日本衛生動物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
研究期間: 1995年