トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 森田 達志
 

森田 達志

 
アバター
研究者氏名森田 達志
 
モリタ タツシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医寄生虫学研究室
職名准教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)

研究分野

 
  • 基礎生物学 / 動物生理・行動 / 
  • 畜産学・獣医学 / 基礎獣医学・基礎畜産学 / 
  • 基礎医学 / 寄生虫学(含衛生動物学) / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2018年9月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 講師
 
1995年4月
 - 
2007年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部獣医学科 助手
 

学歴

 
 
 - 
1995年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 獣医学
 
 
 - 
1991年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
農林水産省獣医事審議会  専門委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  評議員
 

論文

 
Imai S, Oku Y, Morita T, Ike K, Guirong
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   66(2) 209-212   2004年2月   [査読有り]
Ike K, Uchida Y, Morita T, Imai S
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   65(11) 1253-1255   2003年11月   [査読有り]
Shibata A, Yachimori S, Morita T, Kanda E, Ike K, Imai S
Journal of wildlife diseases   39(2) 437-440   2003年4月   [査読有り]
三浦 春水, 金本 東学, 森田 達志, 柵木 利明
日本獣医師会雑誌   54(9) 701-705   2001年9月   [査読有り]
両後肢不全麻痺を呈する猫が来院後, 時間経過とともに後弓反張を呈し, 昏睡状態に陥った.血液検査, ウイルス検査, X線検査, CT検査などの各種検査および対症療法を実施したが, 原因不明のまま死亡した.剖検において, 脳底部に長さ13cmの虫体1隻, ならびに三尖弁の腱索に絡み付いた長さ9.5cmの虫体1隻が認められた.また, 病理組織検査において左側脳室から側頭葉を経て髄膜下にいたる虫道が確認された.検出された2隻の虫体は, ともに雄の犬糸状虫Dirofilam immitis<...
T. Morita, H. Saeki, S. Imai, T. Ishii
Veterinary Parasitology   63 1-7   1996年5月   [査読有り]
We have already reported that anti-erythrocyte antibody induced by Babesia gibsoni infection (aEAb) showed higher reactivity against aged and/or oxidized erythrocytes than intact ones in vitro (Morita et al, 1995). To clarify the meaning of such a...
T. Morita, H. Saeki, S. Imai, T. Ishii
Veterinary Parasitology   58 291-299   1995年1月   [査読有り]
Effects of ageing treatment of erythrocytes to binding activity of the anti-erythrocyte antibody (s) in the serum of dogs infected artificially with Babesia gibsoni were examined by enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) using fixed cell antige...
Invasion of Babesia gibsoni into mouse erythrocytes
Tatsushi Morita, Kayo Asano, Hideharu Saeki, Soichi Imai, Toshio Ishii
The Journal of Protozoology Research   5 129-135   1995年   [査読有り]

Misc

 
斯くして顕れ給へる腹の虫 第7回 エキノコックス感染
森田 達志
GO-VET   2(3) 86-91   2019年6月   [依頼有り]
斯くして顕れ給へる腹の虫 第6回 ジアルジアGiardia intestinalis
森田 達志
GO-VET   2(2) 56-60   2019年3月   [依頼有り]
斯くして顕れ給へる腹の虫 第5回 瓜実条虫(犬条虫)
森田 達志
GO-VET   2(1) 92-97   2018年12月   [依頼有り]
斯くして顕れ給へる腹の虫 第4回 犬小回虫
森田 達志
GO-VET   1(4) 114-119   2018年9月   [依頼有り]
斯くして顕れ給へる腹の虫 第3回 胃寄生性線虫Ollulanus tricuspis
森田 達志
GO-VET   1(3) 86-91   2018年6月   [依頼有り]
斯くして顕れ給へる腹の虫 第2回 壺形吸虫
森田 達志
GO-VET   1(2) 90-95   2018年3月   [依頼有り]
斯くして顕れ給へる腹の虫 第1回 消化管内寄生性毛細線虫
森田 達志
GO-VET   1(1) 110-116   2017年11月   [依頼有り]
野良猫の被毛ダニLynxacarus radovskyi :診断方法、好寄生部位、同時感染外部寄生虫および寄生率の検討(翻訳)
森田 達志
獣医皮膚科臨床   27(1) 66-70   2017年3月   [依頼有り]
ニキビダニの生物学
森田 達志
Small Animal Dermatology   11(6) 5-12   2015年11月   [依頼有り]
森田 達志
小児科   54(1) 81-87   2013年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
最新 獣医寄生虫学・寄生虫病学
石井俊雄 (担当:分担執筆, 範囲:各論第8章外部寄生性節足動物)
講談社サイエンティフィク   2019年4月   ISBN:978-4-06-153744-6
動物病院スタッフのための犬と猫の感染症ガイド
森田 達志 (担当:分担執筆, 範囲:第4章犬の外部寄生虫感染症1〜4,第9章すべて)
緑書房   2019年4月   
臨床獣医師のための犬と猫の感染症診療
前田健・佐藤宏(監修)森田 達志(分担執筆) (担当:分担執筆, 範囲:犬の外部寄生虫感染症(「マダニ寄生」を除く)および猫の外部寄生虫感染症)
緑書房   2018年11月   
猫の診療指針 Part 3
石田卓夫(総監修)森田 達志(分担執筆) (担当:分担執筆, 範囲:肺毛細線虫症および肺虫症)
緑書房   2018年7月   
SA Medicine BOOKS 犬と猫の治療ガイド2015 -私はこうしている-
監修:辻本元、大草潔、小山秀一、兼島孝 (担当:分担執筆, 範囲:トキソプラズマ症/ハエウジ症)
インターズー   2015年9月   
寄生虫病学
寄生虫病学共通テキスト編集委員会編 (担当:分担執筆)
緑書房   2014年6月   
動物寄生虫学
内田明彦、浅川満彦、森田達志 (担当:共著)
インターズー   2014年4月   
人獣共通感染症学・環境衛生学
獣医公衆衛生学教育研修協議会 編 (担当:分担執筆)
文永堂出版   2014年4月   
動物看護師統一認定試験 完全攻略!問題&解説集
緑書房   2013年   
SA Medicine BOOKS 犬と猫の治療ガイド2012 -私はこうしている-
監修:辻本元、大草潔、小山秀一、兼島孝 (担当:分担執筆, 範囲:トキソプラズマ症/ハエウジ症)
インターズー   2012年9月   

講演・口頭発表等

 
ヒゼンダニ類Ursicoptes procyoni 感染によるシセンレッサーパンダの皮膚症状とその治療
森田 達志、伊藤 ななお、堤 若菜、桜井 普子、伊從 慶太、池 和憲
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
東京都に生息する外来鳥類ガビチョウ(Garrulax canorus)の外部寄生虫相
菊池康樹, 土井寛大, 牛根奈々, 古河花織, 佐々木晴子, 加藤卓也, 野村 亮, 森田達志, 羽山伸一
第23回 日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
Tatsushi MORITA
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月18日   
あなたは理解していますか「エキノコックス」 [招待有り]
Tatsushi MORITA
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月   
杉浦奈都子, 加藤卓也, 山本俊昭, 落合和彦, 森田達志, 梶ヶ谷博, 羽山伸一
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2016年   

担当経験のある科目

 
  • 獣医寄生虫病学I (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 獣医寄生虫病学II (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 衛生動物学 (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 獣医医療面接実習 (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 動物寄生虫学 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
  • 獣医寄生虫学実習 (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 動物寄生虫学実習 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科)
  • 基礎生物学III・IV (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 研究用機器論 (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 総合獣医学 (日本獣医生命科学大学 獣医学科)

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本寄生虫学会 , 日本衛生動物学会 , 日本ダニ学会 , アメリカ衛生動物学会(The Entomological Society of America) , 日本獣医寄生虫学会 , 世界獣医寄生虫学会(World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology)

Works

 
生薬由来殺ネコノミ剤の開発
1999年
ヨード系消毒剤の殺ノミ卵効果
1999年

競争的資金等の研究課題

 
外部寄生虫、特にノミおよび疥癬虫の生理学的および病態生理学的研究
研究期間: 1995年   
Babesia 感染時における宿主応答に関する研究
研究期間: 1991年   
肝蛭の分類学的および生理学的研究
研究期間: 1995年   
臨床寄生虫材料の同定
研究期間: 1995年