トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 森田 達志
 

森田 達志

 
アバター
研究者氏名森田 達志
 
モリタ タツシ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医寄生虫学研究室
職名准教授
学位博士(獣医学)(日本獣医生命科学大学)

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 寄生虫学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 

経歴

 
2018年10月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 准教授
 
2007年4月
 - 
2018年9月
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医学科 講師
 
1995年4月
 - 
2007年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部獣医学科 助手
 
1995年
   
 
- Research Associate, Faculty of Veterinary and
 
 
   
 
Animal Science, NVAU.
 

学歴

 
 
 - 
1995年
日本獣医生命科学大学 獣医学研究科 
 
 
 - 
1995年
日本獣医生命科学大学  
 
 
 - 
1991年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 
 
 
 - 
1991年
日本獣医生命科学大学  
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
農林水産省獣医事審議会  専門委員
 
2014年4月
 - 
現在
日本寄生虫学会  評議員
 

論文

 
Imai S, Oku Y, Morita T, Ike K, Guirong
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   66(2) 209-212   2004年2月   [査読有り]
Ike K, Uchida Y, Morita T, Imai S
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   65(11) 1253-1255   2003年11月   [査読有り]
Shibata A, Yachimori S, Morita T, Kanda E, Ike K, Imai S
Journal of wildlife diseases   39(2) 437-440   2003年4月   [査読有り]
三浦 春水, 金本 東学, 森田 達志, 柵木 利明
日本獣医師会雑誌   54(9) 701-705   2001年9月   [査読有り]
両後肢不全麻痺を呈する猫が来院後, 時間経過とともに後弓反張を呈し, 昏睡状態に陥った.血液検査, ウイルス検査, X線検査, CT検査などの各種検査および対症療法を実施したが, 原因不明のまま死亡した.剖検において, 脳底部に長さ13cmの虫体1隻, ならびに三尖弁の腱索に絡み付いた長さ9.5cmの虫体1隻が認められた.また, 病理組織検査において左側脳室から側頭葉を経て髄膜下にいたる虫道が確認された.検出された2隻の虫体は, ともに雄の犬糸状虫<I>Dirofilam im...
T. Morita, H. Saeki, S. Imai, T. Ishii
Veterinary Parasitology   63 1-7   1996年5月   [査読有り]
We have already reported that anti-erythrocyte antibody induced by Babesia gibsoni infection (aEAb) showed higher reactivity against aged and/or oxidized erythrocytes than intact ones in vitro (Morita et al, 1995). To clarify the meaning of such a...
Tatsushi Morita, Kayo Asano, Hideharu Saeki, Soichi Imai, Toshio Ishii
The Journal of Protozoology Research   5 129-135   1995年   [査読有り]
T. Morita, H. Saeki, S. Imai, T. Ishii
Veterinary Parasitology   58 291-299   1995年1月   [査読有り]
Effects of ageing treatment of erythrocytes to binding activity of the anti-erythrocyte antibody (s) in the serum of dogs infected artificially with Babesia gibsoni were examined by enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA) using fixed cell antige...

MISC

 
森田 達志
GO-VET   2(4) 96-102   2019年9月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(3) 86-91   2019年6月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(2) 56-60   2019年3月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   2(1) 92-97   2018年12月   [依頼有り]
森田 達志
GO-VET   1(4) 114-119   2018年9月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
社)日本動物保健看護系大学協会カリキュラム委員会, 森田達志 (担当:共著, 範囲:第2章(寄生虫)4(衛生動物))
インターズー   2020年1月   ISBN:9784866710877
森田 達志 (担当:共著, 範囲:第22章外部寄生虫)
学窓社   2019年9月   
森田達志 (担当:分担執筆, 範囲:各論第8章外部寄生性節足動物)
講談社サイエンティフィク   2019年4月   ISBN:9784061537446
森田 達志 (担当:分担執筆, 範囲:第4章犬の外部寄生虫感染症1〜4,第9章すべて)
緑書房   2019年4月   
森田達志 (担当:分担執筆, 範囲:犬の外部寄生虫感染症(「マダニ寄生」を除く)および猫の外部寄生虫感染症)
緑書房   2018年11月   

講演・口頭発表等

 
森田 達志, 伊藤 ななお, 堤 若菜, 桜井 普子, 伊從 慶太, 池 和憲
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月14日   
菊池康樹, 土井寛大, 牛根奈々, 古河花織, 佐々木晴子, 加藤卓也, 野村 亮, 森田達志, 羽山伸一
第23回 日本野生動物医学会大会   2017年9月2日   
Tatsushi MORITA
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月18日   
Tatsushi MORITA
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   2016年11月   
杉浦奈都子, 加藤卓也, 山本俊昭, 落合和彦, 森田達志, 梶ヶ谷博, 羽山伸一
日本野生動物医学会大会・講演要旨集   2016年   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 獣医寄生虫病学I (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 獣医寄生虫病学II (日本獣医生命科学大学 獣医学科)
  • 畜産(寄生虫部分) (瑞穂農芸高校 畜産科学科)
  • 医動物学(衛生動物部分) (明治薬科大学 薬学部)
  • 熱帯病・寄生虫学(衛生動物部分) (杏林大学 医学部)

所属学協会

 
世界獣医寄生虫学会(World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology) , 日本獣医寄生虫学会 , アメリカ衛生動物学会(The Entomological Society of America) , 日本ダニ学会 , 日本衛生動物学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
研究期間: 1995年