トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 堀 達也
 

堀 達也

 
アバター
研究者氏名堀 達也
 
ホリ タツヤ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科 獣医臨床繁殖学研究室
職名教授
学位博士(獣医学)

研究キーワード

 
, Cryotop法 , 凍結胚 , 加齢に伴う影響 , 高齢犬 , 子宮潅流法 , 凍結精液 , 造精機能 , 内視鏡 , 凍結保存 , 臨床繁殖 , OEP , ラウリル硫酸ナトリウム , 投げ込み法 , 精子 , , 卵管摘出法 , 卵管潅流法 , 産科 , ガラス化法

研究分野

 
  • 畜産学・獣医学 / 臨床獣医学 / 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 
  • 畜産学・獣医学 / 応用獣医学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 教授
 
1995年4月
 - 
2006年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 助手
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師
 
2009年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 准教授
 

受賞

 
2017年9月
日本獣医学会 最優秀論文賞
 
1992年3月
(株)日本獣医師会褒賞
 
2007年3月
日本獣医学会獣医繁殖学分科会 日本獣医繁殖学・優秀発表賞
 

論文

 
Toshihiko Tsutsui, Masayoshi Hase, Akihiro Tanaka, Nanae Fujimura, Tatsuya Hori, Eiichi Kawakami
Journal of Veterinary Medical Science   62(6) 603-606   2000年6月   [査読有り]
Our previous report indicated that addition of Orvus ES Paste (OEP) to the extender of frozen canine semen protected acrosomes and maintained sperm motility after thawing. In this study, artificial insemination (AI) using the frozen semen was carr...
Toshihiko Tsutsui, Masayoshi Hase, Tatsuya Hori, Kaoru Komoriya, Noriko Shimizu, Keiichi Nagakubo, Eiichi Kawakami
Journal of Veterinary Medical Science   62(5) 537-538   2000年5月   [査読有り]
Using the triple-stain technique, we investigated whether sperm acrosornes in frozen canine semen were protected during freezing and thawing by addition of a surfactant, Orvus ES Paste (OEP), to the extender. Acrosomes were clearly shown to be pro...
Toshihiko Tsutsui, Masayoshi Hase, Tatsuya Hori, Tetsuya Ito, Eiichi Kawakami
Journal of Veterinary Medical Science   62(5) 533-535   2000年5月   [査読有り]
Because of weak resistance of canine sperm to freezing, an applicable method of preparing canine frozen semen has not yet been established. We added various concentrations of Orvus ES Paste (OEP) to egg yolk Tris-fructose citrate, and investigated...
Kawakami E, Hori T, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   62(5) 529-531   2000年5月   [査読有り]
Hase M, Hori T, Kawakami E, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   62(3) 243-248   2000年3月   [査読有り]
Kawakami E, Hori T, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   62(2) 203-206   2000年2月   [査読有り]
Kawakami E, Arai T, Oishi I, Hori T, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   62(1) 65-68   2000年1月   [査読有り]
Kawakami E, Hori T, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   61(10) 1107-1111   1999年10月   [査読有り]
Eiichi Kawakami, Tatsuya Hori, Toshihiko Tsutsui
Journal of Veterinary Medical Science   60(6) 765-767   1998年6月   [査読有り]
Plasma LH and testosterone (T) levels and semen quality after a single intramuscular injection of 1,000 IU hCG were investigated in a Beagle dog with azoospermia and a Beagle dog with poor semen quality. The plasma LH levels of both dogs did not c...
Kawakami E, Hori T, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   60(5) 607-614   1998年5月   [査読有り]
E. Kawakami, M. Shimizu, H. Orima, M. Fujita, T. Hori, T. Tsutsui
International Journal of Andrology   21(4) 67-73   1998年4月   [査読有り]
Eight beagles with benign prostatic hypertrophy (BPH) were treated by subcutaneous implantation of pellets containing 10 mg/kg chlormadinone acetate (CMA), a synthetic anti-androgen, plus daily oral administration of CMA at 2 mg/kg, per day for 7 ...
Kawakami E, Hori T, Tsutsui T.
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   60(2) 197-202   1998年2月   [査読有り]
Eiichi Kawakami, Tatsuya Hori, Toshihiko Tsutsui
Animal Reproduction Science   47(1-2) 157-167   1997年5月   [査読有り]
Plasma luteinizing hormone (LH) and testosterone (T) levels in three normal male Beagles increased markedly, the LH levels peaking at 30 or 45 min and the T levels at 45 or 60 min respectively, after a subcutaneous injection of 1 μg kg-1 gonadotro...
M. Shimizu, T. Tsutsui, E. Kawakami, T. Hori, M. Fujita, H. Orima, A. Ogasa
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   57(3) 395-399   1995年6月   [査読有り]
Chlormadinone acetate (GS implant, CMA) pellet, a synthetic luteal hormone preparation, was subcutaneously implanted at 5, 10 and 20 mg/kg in four normal male dogs ranging in age from 3 to 10 years to determine the changes in the prostatic volume,...

Misc

 
小林正典, 渡部志歩, 田村恭一, 盆子原誠, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st 411   2018年8月
遠藤舞, 栗田大資, 米澤彩, 西角知也, 堀達也
動物園水族館雑誌   59(2) 59   2017年11月
堀達也
Clinic Note   15(2) 64‐69   2019年2月
堀達也
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   39th(1) 57‐61   2018年11月
堀達也
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   37th(1) 78‐81   2016年11月
堀達也
Clinic Note   13(11) 23‐26   2017年11月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   19th(Vol.1) 362‐365   2017年9月
小林正典, 地主真実子, 地主真実子, 田村恭一, 盆子原誠, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 440   2017年8月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   18th(Vol.1) 406‐411   2016年9月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   18th(Vol.2) 167‐171   2016年9月
小林正典, 豊田藍, 河野里映, 地主真実子, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   159th 431   2016年8月
堀達也
動物臨床医学会年次大会プロシーディング   36th(1) 86-90   2015年11月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   17th(Vol.2) 120‐126   2015年9月
堀達也
日本臨床獣医学フォーラム年次大会プロシーディング   17th(Vol.2) 127‐130   2015年9月
田島日出男, 田島日出男, 吉澤円, 佐々木真一, 山本藤生, 成島悦雄, 佐高友里恵, 小林正典, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 380   2015年8月
小林正典, 手島友子, 原田佳保, 佐藤一音, 飯島智大, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   158th 384   2015年8月
堀達也
CAP (Companion Anim Pract)   (306) 12-17   2014年12月
堀達也
CAP (Companion Anim Pract)   (306) 8-11   2014年12月
堀達也, 小川由華, 成島悦雄, 田島日出男, 佐々木真一, 山本藤生, 織間博光, 筒井敏彦
獣医畜産新報   67(1) 17-21   2014年1月
堀 達也
MPアグロジャーナル   (15) 2-7   2013年10月
堀達也
AS   25(12) 4-18   2013年12月
堀達也
日本獣医学会学術集会講演要旨集   149th 155   2010年
堀達也
SA Med   11(6) 47-50   2009年12月
堀達也
SA Med   11(6) 51-53   2009年12月
堀達也, 河上栄一, 筒井敏彦
日本獣医生命科学大学研究報告(CD-ROM)   (57) 12-16   2008年12月
堀 達也
日本獣医生命科学大学研究報告   56 100-102   2007年12月
河上 栄一, 平野 太一, 堀 達也, 筒井 敏彦
The journal of veterinary medical science   69(12) 1259-1262   2007年12月
片側の精巣に腫瘍の発生が認められた犬50頭におけるセルトリ細胞腫、精上皮腫およびライディッヒ細胞腫の発生割合は、それぞれ52%、36%、12%であった。とくに、セルトリ細胞腫の発生は、潜在精巣で高率(71%)であった。犬の潜在精巣にセルトリ細胞腫の発生が多い要因を調べる目的で、5-15歳の腫瘍形成のない潜在精巣をもつ犬10頭、片側潜在精巣にセルトリ細胞腫の発生があった犬10頭および正常犬10頭の精巣およびセルトリ細胞腫内スーパーオキサイド・ディスムターゼ(SOD)活性値およびヒートショック...
平野 太一, 益子原 誠, 河上 栄一, 宮田 知宏, 佐久間 真求, 筒井 敏彦
日本獣医生命科学大学研究報告   55    2006年12月
堀達也
SA Med   9(2) 34-43   2007年4月
堀 達也
日本獣医畜産大学研究報告   54 92-94   2005年12月
桐原 信之, 永縄 敦子, 堀 達也, 河上 栄一, 筒井 敏彦
The journal of veterinary medical science   67(1) 1-6   2005年1月
犬において,黄体退行による流産および分娩誘起,子宮蓄膿症の治療などに各種PGF_<2α>-analogue(PGA)が使用されている.しかし,犬の臨床に副作用の少ない,最も適したPGAを検索している段階である.そこで,犬では未検討であるPGAのetiprostontromethamine(PGA-E)について,犬で比較的多く使用されているcloprostenol(PGA-C)をコントロールとして検討した.PGA-E100,200,400,800μg,PGA-C12.5,25,50,100μ...
堀達也
CAP (Companion Anim Pract)   (178) 6-9   2004年4月
河上 栄一, 田口 尚美, 平野 太一, 堀 達也, 筒井 敏彦
The journal of veterinary medical science   65(12) 1343-1345   2003年12月
血中estradiol-17β(E_2)値が高い無精子症犬2頭に,アロマターゼ阻害薬(AI)である4-androstene-4-ol-3,17-dioneを2mgずつ4週間隔日で皮下投与した.AI投与前の2頭の血中E_2値(それぞれ21,22pg/ml)は,正常犬2頭のその値(8.1,12.3pg/ml)より高値であったが,AI投与開始後1-4週では11-17pg/mlに低下し,血中testosterone値は,2.1-3.1ng/mlに増加した.AI投与開始後3-6週で,2頭の精液中に少...
堀 達也, 秋川 貴子, 河上 栄一, 筒井 敏彦
The journal of veterinary medical science   64(9) 807-811   2002年9月
犬の黄体に及ぼす長期持続性プロスタグランジン類縁物質fenprostaleneの投与による影響について検討した.雌ビーグル犬23頭(年齢1〜6歳)24例を6群に分け,fenprostaleneを1頭あたり排卵後25日に150〜5μgを各々皮下に1回投与し,その影響を末梢血中progesterone(P_4)値から検討した.また,投与後の性周期の短縮やその発情における繁殖性についても検討した.その結果,犬におけるfenprostaleneの50μg/head以上の投与では投与後2日に末梢血中...
河上 栄一, 森田 悠子, 堀 達也, 筒井 敏彦
The journal of veterinary medical science   64(7) 543-549   2002年7月
犬の精巣上体内の精子表面における糖蛋白質の特性を調べる目的で,12頭から摘出した精巣および精巣上体の頭部・体部・尾部の割面をスライドグラスにスタンプし,各部位の精子を6種類のFITC-レクチン(ConA,DBA,PNA,PSA,SBA,WGA)で蛍光染色した.また,精巣上体体部の精子を3回洗浄し,それら精子へのレクチン結合性を調べた.さらに,洗浄した精巣上体体部および尾部精子を24時間培養し,それら精子の受精能を,精子活力(%MO),hyperactivation誘起率(%HR),acro...

書籍等出版物

 
犬と猫の治療ガイド2015
辻本 元 他3名(編) 堀 達也 他(著)
インターズー   2015年   
伴侶動物治療指針 Vol.6
石田卓夫(監修) 堀 達也 他33名(著) (担当:分担執筆, 範囲:子宮蓄膿症における治療法の選択 (pp.121-129))
緑書房   2015年   
動物園動物管理学
村田浩一・楠田哲士(監訳) 堀 達也 他20名(訳) (担当:共訳, 範囲:雄の繁殖:評価、治療、生殖補助および生殖コントロール(pp.509-529))
文永堂出版   2014年   
動物臨床繁殖学
小笠 晃 他2名(監修) 堀 達也 他10名(著) (担当:分担執筆, 範囲:生殖器の発生と分化、雌性生殖器、卵子、雌犬・雌猫の繁殖障害(pp.1-2, 23-35, 301-308))
朝倉書店   2014年   
犬と猫の治療ガイド2012
辻本 元 他3名(編) 堀 達也 他(著)
インターズー   2012年   

講演・口頭発表等

 
田中亜由子, 塩野雅孝, 横須賀誠, 林貴子, 堀達也, 村尾育子, 清水敏光, 筒井敏彦, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1990年9月   
横須賀誠, 田中亜由子, 塩野雅孝, 林貴子, 堀達也, 村尾育子, 筒井敏彦, 河上栄一, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1990年9月   
堀達也, 林貴子, 大久保隆行, つる野晋吉, 佐藤千尋, 筒井敏彦, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1991年8月   
林貴子, 堀達也, 大久保隆行, つる野晋吉, 佐藤千尋, 筒井敏彦, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1991年8月   
堀達也, 大久保隆行, 筒井敏彦, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1993年8月   
清水幹子, 織間博光, 藤田道郎, 筒井敏彦, 河上栄一, 堀達也, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1994年8月   
河上栄一, 筒井敏彦, 清水幹子, 織間博光, 藤田道郎, 堀達也, 小笠晃
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1994年8月   
堀達也, 大久保隆行, 清水敏光, 田中章弘, 水谷渉, 山根一真, 筒井敏彦
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1995年9月   
佐々木順子, 楢本昌邦, 小野邦桜, 根本子子, 堀達也, 河上栄一
日本獣医学会学術集会講演要旨集   1996年8月   

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本繁殖生物学会

競争的資金等の研究課題

 
遺伝的価値の高い犬の生殖子の有効利用を目的とした体外授精および顕微授精技術の 確立
文部科学省:科学研究費補助金(基板研究(C)): 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(萌芽研究)
研究期間: 2006年 - 2007年    代表者: 堀 達也
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2004年 - 2005年    代表者: 堀 達也