トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 倉田 修
 

倉田 修

 
アバター
研究者氏名倉田 修
 
クラタ オサム
eメールkuratanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(水産学)

研究キーワード

 
サイトカイン , 炎症 , 免疫病理 , 魚類免疫学 , 魚病学

研究分野

 
  • 水圏応用科学 / 水圏生命科学 / 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京水産大学 水産学研究科 資源育成学専攻
 
 
 - 
1990年
東京水産大学 水産学部 水産養殖学科
 

受賞

 
2018年
日本魚病学会 日本魚病学会研究奨励賞 魚類の炎症反応調節・制御機構に関する研究
 

Misc

 
Kwanprasert Panchai, Chutima Hanjavanit, Nilubon Rujinanont, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai
AACL Bioflux   7 529-542   2014年12月
© 2014, BIOFLUX SRL. All rights reserved. Water mold-infected Nile tilapia (Oreochromis niloticus) from cultured net cages along the Nam Phong River, Khon Kaen Province, northeast Thailand, were collected from September 2010 to August 2011. The 34...
N. Tanaka, T. Izawa, M. Kuwamura, N. Higashiguchi, C. Kezuka, O. Kurata, S. Wada, J. Yamate
Journal of Fish Diseases   37 401-405   2014年1月
Osamu Kurata, Shinpei Wada, Tomomasa Matsuyama, Takamitsu Sakai, Tomokazu Takano
Fish and Shellfish Immunology   38 361-366   2014年1月
The objective of this study was to locate the functional region responsible for the chemotaxis-inducing activity of flounder interleukin 8 (IL-8), which lacks the glutamic acid-leucine-arginine (ELR) motif essential for the induction of neutrophil...
Shinpei Wada, Osamu Kurata, Hitoshi Hatakeyama, Azumi Yamashita, Shusaku Takagi, Toyohiko Nishizawa, Hiroshi Yokoyama
Fish Pathology   49 7-15   2014年1月
In 2008, several episodes of mortality were recorded in cultured populations of juvenile greater amberjack reared in the southwest region of Japan. Diseased fish had asymmetrical abdominal distention and pale gills. The head kidney, trunk kidney, ...
C. Saejung, K. Hatai, S. Wada, O. Kurata, L. Sanoamuang, L. Sanoamuang
Journal of Fish Diseases   34 911-920   2011年12月
In this study, black disease infecting fairy shrimps, Streptocephalus sirindhornae Sanoamuang, Murugan, Weekers & Dumont, and Branchinella thailandensis Sanoamuang, Saengphan & Murugan, in Thailand, was investigated. The typical signs of the disea...
腎腫大と脾腫を特徴とする養殖カンパチ稚魚の大量死に関する疫学的特徴
山下亜純・高木修作・和田新平・倉田 修・福田 穣・平江多績・中西健二・黒原健朗
魚病研究   49(1) 35-38   2014年   [査読有り]
Shinpei Wada, Hiroko Atami, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Kohichi Kasuya, Yusuke Watanabe, Hideo Fukuda
Fish Pathology   46 59-61   2011年9月
We investigated the histopathological features of the gill lesions of diseased ayu Plecoglossus altivelis that had been diagnosed with 'Boke'. The features were classified into three types: one characterized by atypical gill epithelial cells, one ...
山下 亜純, 倉田 修, 高木 修作, 和田 新平
魚病研究   48(2) 63-65   2013年6月
Tomoki Ozaki, Hitoshi Hatakeyama, Shinpei Wada, Osamu Kurata
Fish Pathology   46 11-18   2011年9月
We developed a long-term culture system for Japanese flounder Paralichthys olivaceus leukocytes supported by JFF07-1 feeder cells established from Japanese flounder fin tissue. Kidney leukocytes were seeded onto a monolayer of the feeder cells in ...
和田新平, 倉田修
養殖衛生管理問題への調査・研究成果報告書   2011 31,33-43   2012年3月

書籍等出版物

 
水産海洋ハンドブック第3版
倉田 修 (担当:分担執筆, 範囲:5.7.1疾病の種類 B.真菌病)
生物研究者   2016年3月   ISBN:978-4-915342-73-8
NK細胞の特性(共著)
日本水産学会監修 水産学シリーズ 「水産動物の生体防御」   1995年   

講演・口頭発表等

 
中島隼人, 鈴木究真, 倉田修, 田口仰星, 佐野元彦, 加藤豪司
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
NIN Lee Yih, KURATA Osamu, WADA Shinpei
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
Edwardsiella tarda-infected cell degeneration in Japanese flounder neutrophils
倉田 修、和田新平
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Inflammatory response with multi-nuclear giant cells in ayu, Plecoglossus altivelis, reared at low water temperature
田口仰星、倉田 修、和田新平、加地弘一
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Distribution of MHC class II positive cells in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus
戸田宗生、倉田 修、和田新平、坂井貴光
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   

所属学協会

 
日本生体防御学会 , 日本水産学会 , 日本魚病学会 , 国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology) , ヨーロッパ魚病学会(European Association of Fish Pathologists) , 日本免疫学会

競争的資金等の研究課題

 
天然水産資源の減少への感染症の影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 良永知義
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 倉田 修
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 倉田 修
抗体・プロテインチップを用いたヒラメの健康管理技術の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 中易千早
DNAマーカーを利用したヒラメのエドワジエラ症耐性品種の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 長谷川 理

特許

 
坂本 崇, 岡本 信明, 藤 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修