トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 倉田 修
 

倉田 修

 
アバター
研究者氏名倉田 修
 
クラタ オサム
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(水産学)

研究キーワード

 
サイトカイン , 炎症 , 免疫病理 , 魚病学 , 魚類免疫学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 水圏生命科学 / 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京水産大学 水産学研究科 
 
 
 - 
1996年
東京水産大学  
 
 
 - 
1990年
東京水産大学 水産学部 
 
 
 - 
1990年
東京水産大学  
 

受賞

 
2018年
日本魚病学会 日本魚病学会研究奨励賞 魚類の炎症反応調節・制御機構に関する研究
 

MISC

 
Yih Nin Lee, Kishio Hatai, Osamu Kurata
Fish Pathology   52 31-37   2017年1月
© 2017 The Japanese Society of Fish Pathology.Mass mortality of eggs and larvae of the mud crab Scylla tranquebarica occurred at a hatchery in Sabah, Malaysia in June 2014. The mortality of the larvae reached nearly 100% within 5 days post-hatchin...
Y. N. Lee, K. Hatai, O. Kurata
BULLETIN OF THE EUROPEAN ASSOCIATION OF FISH PATHOLOGISTS   37(6) 226-234   2017年
Fungal infection occurred during mud crab spawning in a hatchery and caused almost 100% mortality in mud crab larvae after 5 days post-hatching. A fungus was isolated from eggs and larvae using PYGS agar and named IPMB 1603. During morphological i...
Y. N. Lee, K. Hatai, O. Kurata
Bulletin of the European Association of Fish Pathologists   36 111-117   2016年1月
In April 2014, marine Oomycetes were first isolated from mud crab Scylla tranquebarica eggs and larvae at the University Malaysia Sabah shrimp hatchery. A fungus was isolated from infected eggs and larvae using PYGS agar. It was thought that the s...
Kwanprasert Panchai, Chutima Hanjavanit, Nilubon Rujinanont, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai
AACL Bioflux   8 70-81   2015年2月
© 2015 BIOFLUX SRL. All rights reserved. Experimental infection of Nile tilapia (Oreochromis niloticus) fry using 6 Achlya isolates from cultured Nile tilapia with water mold infections was attempted. The experimental fish were exposed to 1.0 x 10...
Hanako Fukano, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kaori Mizuno, Kazue Nakanaga, Yoshihiko Hoshino
Fish Pathology   50 68-74   2015年1月
© 2015 The Japanese Society of Fish Pathology. In 2009 and 2010, unusually high mortality events were recorded among cultured populations of thread-sail filefish Stephanolepis cirrhifer in Ehime Prefecture, Japan. Diseased fish exhibited abdominal...

書籍等出版物

 
倉田 修 (担当:分担執筆, 範囲:5.7.1疾病の種類 B.真菌病)
生物研究者   2016年3月   ISBN:9784915342738
日本水産学会監修 水産学シリーズ 「水産動物の生体防御」   1995年   

講演・口頭発表等

 
中島隼人, 鈴木究真, 倉田修, 田口仰星, 佐野元彦, 加藤豪司
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
NIN Lee Yih, KURATA Osamu, WADA Shinpei
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
倉田 修, 和田新平
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
田口仰星, 倉田 修, 和田新平, 加地弘一
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
戸田宗生, 倉田 修, 和田新平, 坂井貴光
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   

所属学協会

 
日本免疫学会 , ヨーロッパ魚病学会(European Association of Fish Pathologists) , 国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology) , 日本魚病学会 , 日本水産学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究C)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月

産業財産権

 
坂本 崇, 岡本 信明, 藤 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修