トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 倉田 修
 

倉田 修

 
アバター
研究者氏名倉田 修
 
クラタ オサム
eメールkuratanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(水産学)

研究キーワード

 
サイトカイン , 炎症 , 免疫病理 , 魚類免疫学 , 魚病学

研究分野

 
  • 水圏応用科学 / 水圏生命科学 / 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京水産大学 水産学研究科 資源育成学専攻
 
 
 - 
1990年
東京水産大学 水産学部 水産養殖学科
 

受賞

 
2018年
日本魚病学会 日本魚病学会研究奨励賞 魚類の炎症反応調節・制御機構に関する研究
 

Misc

 
Daisuke Takuma, Ayako Sano, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai
Mycoscience   52 119-131   2011年3月
A species of Aphanomyces was isolated from juvenile soft-shelled turtles, Pelodiscus sinensis, cultured in Japan. Typically, an infected turtle showed small whitish maculae on the carapace. Many hyphae were observed in the epidermis. The hyphae we...
Osamu Kurata, Toru Iwasaki, Tomomasa Matsuyama, Chihaya Nakayasu, Shinpei Wada, Kishio Hatai
Fish and Shellfish Immunology   30 509-514   2011年2月
In this study, we aimed to identify the leukocyte population that expresses Fas ligand (FasL) in the Japanese flounder (Paralichthys olivaceus). The transcriptional activity of FasL was examined for the first time in the fish leukocytes. Transcrip...
和田新平, 倉田修
養殖衛生管理問題への調査・研究成果報告書   2010 13,15-23   2011年3月
Pham Minh Duc, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai
Fish Pathology   45 133-136   2010年9月
This study was carried out to assess the pathogenicity of Plectosporium oratosquillae NJM 0662 and Acremonium sp. NJM 0672, both of which were isolated from mantis shrimp Oratosquilla oratoris, to kuruma prawn Penaeus japonicus by intramuscular in...
Pham Minn Duc, Pham Minn Duc, Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai
Fish Pathology   45 109-114   2010年9月
Acremonium sp. NJM 0672, isolated from diseased mantis shrimp Oratosquilla oratoria, was susceptible In vitro to three kinds of antifungal agents: voriconazole, amphotericin B and terbinafine hydrochloride. Voriconazole was selected to treat kurum...
Hanjavanit Chutima, Panchai Kwanprasert, 和田 新平, 倉田 修, 畑井 喜司雄
水産増殖 = The aquiculture   58(4) 533-537   2010年12月
Osamu Kurata, Nilubol Kitancharoen, Atushi Fujiwara, Chihaya Nakayasu, Shinpei Wada, Kishio Hatai
Fish Pathology   45 121-129   2010年9月
The role of leukocytes from the kidney of Japanese flounder Paralichthys olivaceus in the encapsulation response was investigated using an in vitro model. The aggregation response of leukocytes to the target fish pathogen Ichthyophonus hoferi was ...
Laoprasert Thitiporn, Kanchanakhan Somkiat, 八木田 健司, 和田 新平, 倉田 修, CHINABUT Supranee, 畑井 喜司雄
水産増殖 = The aquiculture   58(3) 421-424   2010年9月
原生動物、分子構成、DNA、感染、特性。
Shinpei Wada, Kazuki Ozeki, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Aya Ishida, Kenjiroh Ui
Fish Pathology   45 92-95   2010年6月
In 2009, a disease with cumulative mortality of 52.5% was observed in a captive population of sailfin sandfish Arctoscopus japonicus reared at an aquarium in Japan. The affected fish had no apparent lesions on the body surfaces, with the exception...
C. Munchan, C. Munchan, O. Kurata, S. Wada, K. Hatai, A. Sano, K. Kamei, N. Nakaoka
Journal of Fish Diseases   32 893-900   2009年10月
This report describes Exophiala infection in cultured striped jack, Pseudocaranx dentex, in Japan in 2005. One hundred out of 35 000 fish died per day and mortalities continued for 1 month. Diseased fish showed swelling of the abdomen and kidney d...

書籍等出版物

 
水産海洋ハンドブック第3版
倉田 修 (担当:分担執筆, 範囲:5.7.1疾病の種類 B.真菌病)
生物研究者   2016年3月   ISBN:978-4-915342-73-8
NK細胞の特性(共著)
日本水産学会監修 水産学シリーズ 「水産動物の生体防御」   1995年   

講演・口頭発表等

 
中島隼人, 鈴木究真, 倉田修, 田口仰星, 佐野元彦, 加藤豪司
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
NIN Lee Yih, KURATA Osamu, WADA Shinpei
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
Edwardsiella tarda-infected cell degeneration in Japanese flounder neutrophils
倉田 修、和田新平
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Inflammatory response with multi-nuclear giant cells in ayu, Plecoglossus altivelis, reared at low water temperature
田口仰星、倉田 修、和田新平、加地弘一
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Distribution of MHC class II positive cells in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus
戸田宗生、倉田 修、和田新平、坂井貴光
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   

所属学協会

 
日本生体防御学会 , 日本水産学会 , 日本魚病学会 , 国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology) , ヨーロッパ魚病学会(European Association of Fish Pathologists) , 日本免疫学会

競争的資金等の研究課題

 
天然水産資源の減少への感染症の影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 良永知義
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 倉田 修
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 倉田 修
抗体・プロテインチップを用いたヒラメの健康管理技術の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 中易千早
DNAマーカーを利用したヒラメのエドワジエラ症耐性品種の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 長谷川 理

特許

 
坂本 崇, 岡本 信明, 藤 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修