トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 倉田 修
 

倉田 修

 
アバター
研究者氏名倉田 修
 
クラタ オサム
eメールkuratanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(水産学)

研究キーワード

 
サイトカイン , 炎症 , 免疫病理 , 魚類免疫学 , 魚病学

研究分野

 
  • 水圏応用科学 / 水圏生命科学 / 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京水産大学 水産学研究科 資源育成学専攻
 
 
 - 
1990年
東京水産大学 水産学部 水産養殖学科
 

受賞

 
2018年
日本魚病学会 日本魚病学会研究奨励賞 魚類の炎症反応調節・制御機構に関する研究
 

Misc

 
Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Edward J. Noga, Michael J. Dykstra, John S. Burke
Fish Pathology   44 151-153   2009年9月
Examination via light and electron microscopy of juvenile summer flounder Paralichthys dentatus experiencing a subacute to chronic mortality revealed severe necrotizing hepatitis characterized by necrotic multinucleated giant cells (syncytia). The...
Chutharat Munchan, Osamu Kurata, Shinpei Wada, Kishio Hatai, Noriyoshi Nakaoka, Hidemasa Kawakami
Fish Pathology   44 128-132   2009年9月
This study compared the histopathology of young striped jack Pseudocaranx dentex experimentally infected with the dematiaceous fungus Ochroconis humicola NJM 0472 with that of spontaneously infected fish. Moribund and freshly dead fish from both g...
和田 新平, 倉田 修, 畑井 喜司雄, 山本 桂子, 高橋 亮太, 小林 利充
Japanese journal of zoo and wildlife medicine   15(1) 31-36   2010年3月
エイ類はその興味深い形態学的特徴と行動から日本国内の水族館で多く展示されている。しかしながら,大型となることと尾部背側に鋭い棘を有することから,彼らの飼育および健康管理には危険が伴う場合が多い。したがって,このような作業を実施するには鎮静・麻酔を施す必要がある。本研究はウシバナトビエイ(Rhinoptera javanica)に対する2-phenoxyethanolの鎮静および麻酔効果について検討することを目的とした。オキナワマリンリサーチセンターで飼育されていたウシバナトビエイ合計12尾...
Pham Minh Duc, Pham Minh Duc, Kishio Hatai, Osamu Kurata, Kozue Tensha, Uchida Yoshitaka, Takashi Yaguchi, Shun Ichi Udagawa
Mycopathologia   167 229-247   2009年5月
Two fungal pathogens of the mantis shrimp (Oratosquilla oratoria) in Yamaguchi and Aichi Prefectures, Japan are described as the new species Plectosporium oratosquillae and Acremonium sp. (a member of the Emericellopsis marine clade). Both fungi i...
和田 新平, ウィーラクン ソンポ, 倉田 修, 畑井 喜司雄, 津田 英治
Japanese journal of zoo and wildlife medicine   14(2) 129-133   2009年9月
2004年に姫路市立水族館で飼育中の希少魚種であるニッポンバラタナゴ(Rhodeus ocellatus kurumeus)に死亡するものが認められた。病魚は体表に発赤および潰瘍が観察された。病魚の脾臓には様々な大きさの白色結節が認められ,数尾の魚では腎臓の顕著な腫大も観察された。最も顕著な病理組織学的所見は,頭腎,体腎,脾臓,心臓,腸管,腹膜,肝臓,鰓,躯幹筋,眼および脳にみられた肉芽腫性病変であった。これら肉芽腫性病変は類上皮細胞が渦巻状に配列する構造を呈していた。肉芽腫内には抗酸性を...
Masashi Yokota, Seiichi Watanabe, Kishio Hatai, Osamu Kurata, Mituru Furihata, Takahiko Usui
Journal of Aquatic Animal Health   20 207-214   2008年12月
The epidemic process of the parasite Ichthyophonus hoferi in cultured rainbow trout Oncorhynchus mykiss was quantitatively estimated by both the cohabitation experiment and two standard models (the Kermarck-McKendrick model and the Reed-Frost mode...
北本恵理, 小谷知也, 倉田修, 伏見浩, 畑井喜司雄, 佐藤秀一
福山大学内海生物資源研究所報告   (19) 44-45   2009年2月
Shinpei Wada, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Hideo Ishii, Kohichi Kasuya, Yuhsuke Watanabe
Fish Pathology   43 89-91   2008年6月
In 1998 and 1999, severe episodes of mortality, often reaching 90%, were recorded among cultured populations of ayu Plecoglossus altivelis reared in Japan. The diseased fish showed appetite reduction and abnormal swimming behavior. Histopathologic...
神嵜健太, 藤加菜子, 長谷川理, 倉田修, 河合純, 林崎良英, 坂本崇, 岡本信明
動物遺伝育種研究   36(2) 219   2008年12月
Osamu Kurata, Chutharat Munchan, Shinpei Wada, Kishio Hatai, Yasuyuki Miyoshi, Yutaka Fukuda
Fish Pathology   43 35-44   2008年3月
A dematiaceous fungus was isolated from Japanese flounder Paralichthys olivaceus with ulceration and erosion of the skin surface. The fungus was identified as an Exophiala species, with different morphological, biological and molecular characteris...

書籍等出版物

 
水産海洋ハンドブック第3版
倉田 修 (担当:分担執筆, 範囲:5.7.1疾病の種類 B.真菌病)
生物研究者   2016年3月   ISBN:978-4-915342-73-8
NK細胞の特性(共著)
日本水産学会監修 水産学シリーズ 「水産動物の生体防御」   1995年   

講演・口頭発表等

 
中島隼人, 鈴木究真, 倉田修, 田口仰星, 佐野元彦, 加藤豪司
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
NIN Lee Yih, KURATA Osamu, WADA Shinpei
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
Edwardsiella tarda-infected cell degeneration in Japanese flounder neutrophils
倉田 修、和田新平
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Inflammatory response with multi-nuclear giant cells in ayu, Plecoglossus altivelis, reared at low water temperature
田口仰星、倉田 修、和田新平、加地弘一
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Distribution of MHC class II positive cells in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus
戸田宗生、倉田 修、和田新平、坂井貴光
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   

所属学協会

 
日本生体防御学会 , 日本水産学会 , 日本魚病学会 , 国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology) , ヨーロッパ魚病学会(European Association of Fish Pathologists) , 日本免疫学会

競争的資金等の研究課題

 
天然水産資源の減少への感染症の影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 良永知義
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 倉田 修
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 倉田 修
抗体・プロテインチップを用いたヒラメの健康管理技術の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 中易千早
DNAマーカーを利用したヒラメのエドワジエラ症耐性品種の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 長谷川 理

特許

 
坂本 崇, 岡本 信明, 藤 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修