トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 倉田 修
 

倉田 修

 
アバター
研究者氏名倉田 修
 
クラタ オサム
eメールkuratanvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名教授
学位博士(水産学)

研究キーワード

 
サイトカイン , 炎症 , 免疫病理 , 魚類免疫学 , 魚病学

研究分野

 
  • 水圏応用科学 / 水圏生命科学 / 

学歴

 
 
 - 
1996年
東京水産大学 水産学研究科 資源育成学専攻
 
 
 - 
1990年
東京水産大学 水産学部 水産養殖学科
 

受賞

 
2018年
日本魚病学会 日本魚病学会研究奨励賞 魚類の炎症反応調節・制御機構に関する研究
 

Misc

 
小谷 知也, 北本 恵理, 倉田 修, 平山 敬大, 伏見 浩, 佐藤 秀一, 畑井 喜司雄, 宮嶋 暁, 能味 堂郎, 嶋田 貴志
水産増殖 = The aquiculture   56(3) 375-382   2008年9月
腸球菌Enterococcus faecalis FK-23加熱死菌体(FK-23)添加配合飼料を給餌し、ワクチンを接種した時のトラフグおよびヒラメの特異免疫能向上について検討した。FK-23添加濃度を0〜1.25%の5段階に調節した配合飼料を用意した。ワクチンとしてVibrio anguillarumホルマリン不活化菌体を2度接種し、1度目の接種後から毎週血清を採取し、血清中抗体のV. anguillarum細胞への凝集能を観察した。トラフグでは、1.25%添加飼料給餌区で凝集能が最も上...
Osamu Kurata, Madoka Nakabayashi, Kishio Hatai
Developmental and Comparative Immunology   32 726-734   2008年1月
We developed an in vitro model to study the cellular and molecular mechanisms of granulomatous inflammation in response to invading pathogens. Ichthyophonus hoferi was used as a target for encapsulation by cultivated leukocytes from the kidney of ...
福田穣, 三吉泰之, 倉田修
大分県農林水産研究センター水産試験場事業報告   2006 105-106   2008年3月
Sompoth Weerakhun, Nao Aoki, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Harunao Nibe, Tatsumu Hirae
Fish Pathology   42 79-84   2007年6月
Recently, Mycobacterium infection has been observed in cultured yellowtail Seriola quinqueradiata in Japan but not studied in detail. Diseased fish were lethargic, anorexic and emaciated, and showed hemorrhagic cutaneous ulceration and ascites. Th...
和田 新平, ウィーラクン ソンポ, 倉田 修, 畑井 喜司雄, 松崎 章平, 柳澤 牧央, 内田 詮三, 大城 真理子
Japanese journal of zoo and wildlife medicine   13(1) 39-43   2008年3月
2004年に沖縄美ら海水族館で飼育中の希少魚種であるリュウキュウアユ(Plecoglossus altivelis ryukyuensis)に死亡するものが認められた。病魚は回転しながら遊泳,あるいは力なく遊泳し,体表に微細な出血点が散在していた。病魚の肝臓には様々な大きさの白色結節が認められ,数尾の魚では腎臓の顕著な腫大も観察された。最も顕著な病理組織学的所見は,体腎,脾臓,肝臓,心臓,鰓および脳膜にみられた肉芽腫性病変であった。これら肉芽腫性病変はマクロファージ様細胞が敷石状に配列する...
Chutharat Munchan, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Noriko Hashiba, Noriyoshi Nakaoka, Hidemasa Kawakami
Fish Pathology   41 179-182   2006年12月
In April 2004, a fungal infection occurred in cultured young striped jack Pseudocaranx dentex at a fish farm in Ehime Prefecture, Japan. The cumulative mortality reached about 25% in one month after the disease was first recognized. Moribund fish ...
小谷 知也, 北本 恵理, 倉田 修, 平山 敬大, 伏見 浩, 佐藤 秀一, 畑井 喜司雄, 宮嶋 暁, 能味 堂郎, 嶋田 貴志
水産増殖   56(3) 375-382   2008年
腸球菌Enterococcus faecalis FK-23加熱死菌体(FK-23)添加配合飼料を給餌し,ワクチンを接種した時のトラフグおよびヒラメの特異免疫能向上について検討した。FK-23添加濃度を0~1.25%の5段階に調節した配合飼料を用意した。ワクチンとしてVibrio anguillarumホルマリン不活化菌体を2度接種し,1度目の接種後から毎週血清を採取し,血清中抗体のV. anguillarum細胞への凝集能を観察した。トラフグでは...
Shinpei Wada, Chutima Hanjavanit, Osamu Kurata, Kishio Hatai
Fisheries Science   71 682-684   2005年6月
倉田修
養殖   44(1) 41   2007年1月
Panarat Phadee, Osamu Kurata, Kishio Hatai, Ikuo Hirono, Takashi Aoki
Journal of Aquatic Animal Health   16 220-230   2004年12月
Aphanomyces piscicida is an important pathogen that plays a role in the morbidity and mortality of various fish species around the world. The poor quality of current identification techniques for this fungus led to the development of highly sensit...

書籍等出版物

 
水産海洋ハンドブック第3版
倉田 修 (担当:分担執筆, 範囲:5.7.1疾病の種類 B.真菌病)
生物研究者   2016年3月   ISBN:978-4-915342-73-8
NK細胞の特性(共著)
日本水産学会監修 水産学シリーズ 「水産動物の生体防御」   1995年   

講演・口頭発表等

 
中島隼人, 鈴木究真, 倉田修, 田口仰星, 佐野元彦, 加藤豪司
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
NIN Lee Yih, KURATA Osamu, WADA Shinpei
日本魚病学会大会プログラムおよび講演要旨   2018年3月3日   
Edwardsiella tarda-infected cell degeneration in Japanese flounder neutrophils
倉田 修、和田新平
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Inflammatory response with multi-nuclear giant cells in ayu, Plecoglossus altivelis, reared at low water temperature
田口仰星、倉田 修、和田新平、加地弘一
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   
Distribution of MHC class II positive cells in Japanese flounder, Paralichthys olivaceus
戸田宗生、倉田 修、和田新平、坂井貴光
10th Symposium on Diseases in Asian Aquaculture   2017年8月30日   

所属学協会

 
日本生体防御学会 , 日本水産学会 , 日本魚病学会 , 国際比較免疫学会(International Society of Developmental and Comparative Immunology) , ヨーロッパ魚病学会(European Association of Fish Pathologists) , 日本免疫学会

競争的資金等の研究課題

 
天然水産資源の減少への感染症の影響評価
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2015年4月 - 2019年3月    代表者: 良永知義
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 倉田 修
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 倉田 修
抗体・プロテインチップを用いたヒラメの健康管理技術の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 中易千早
DNAマーカーを利用したヒラメのエドワジエラ症耐性品種の開発
農林水産省: 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 長谷川 理

特許

 
坂本 崇, 岡本 信明, 藤 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修
岡本 信明, 坂本 崇, 小林 加菜子, 長谷川 理, 河合 純, 倉田 修