トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 片山 健太郎
 

片山 健太郎

 
アバター
研究者氏名片山 健太郎
 
カタヤマ ケンタロウ
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部獣医学科 獣医生理学研究室
職名准教授
学位博士(学術)(岡山大学)

研究キーワード

 
糖尿病 , 軟骨形成 , ゴルジ体 , 疾患モデル動物 , 遺伝性疾患 , Animal Genetics , 糖尿病性腎症

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 遺伝学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 准教授
 
2012年4月
 - 
2016年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 講師
 
2007年12月
 - 
2012年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 助教
 
2007年10月
 - 
2007年11月
岡山大学大学院 自然科学研究科 博士研究員
 

学歴

 
 
 - 
2007年
岡山大学 自然科学研究科 
 
 
 - 
2004年
岡山大学  
 
 
 - 
2002年
日本獣医生命科学大学 獣医畜産学部 
 
 
 - 
2002年
日本獣医生命科学大学  
 

委員歴

 
2017年12月
 - 
2019年9月
NPO法人獣医系大学間獣医学教育支援機構  獣医学共用試験 センター委員
 

受賞

 
2009年11月
日本動物遺伝育種学会第10回大会 学会長特別賞
 

論文

 
Sogawa C, Tsuji T, Shinkai Y, Katayama K, Kunieda T
The Journal of heredity   98(6) 575-580   2007年9月   [査読有り]
Katayama K, Furuno A, Akiyama K, Tsuji T, Kunieda T
Mammalian genome : official journal of the International Mammalian Genome Society   18(4) 246-254   2007年4月   [査読有り]
Ohtani S, Shinkai Y, Horibe A, Katayama K, Tsuji T, Matsushima Y, Tachibana M, Kunieda T
Experimental animals   55(5) 491-495   2006年10月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
Mahmud Md. Abdullah-Al, 土門 綾華, 栃木 裕貴, 片山 健太郎, 鈴木 浩悦
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
大山 量平, Mahmud, Md. Abdullah-Al, 山田 峻史, 栃木 裕貴, 片山 健太郎, 鈴木 浩悦
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
浦上 ちえり, 平田 千夏, 栃木 裕貴, 片山 健太郎, 鈴木 浩悦
第162回日本獣医学会学術集会   2019年9月10日   
Mahmud Md. Abdullah-Al, 土門 綾華, 栃木 裕貴, 片山 健太郎, 鈴木浩悦
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
土門 綾華, 横山 滝, 片山 健太郎, 栃木 裕貴, 鈴木 浩悦
第160回日本獣医学会学術集会   2017年9月15日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 獣医遺伝育種学 (東京農工大学)
  • 家畜育種学 (東京農工大学)
  • 獣医遺伝子工学 (日本獣医生命科学大学)
  • 総合獣医学(獣医生理学担当) (日本獣医生命科学大学)
  • 大学院特別講義 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本獣医学会 , 動物遺伝育種学会 , 日本実験動物学会 , Japan Association for Laboratory Animal Science

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究B)
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月
Grant-in-Aid for Young Scientists (B)
研究期間: 2009年4月 - 2012年3月
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ))
研究期間: 2008年 - 2009年
研究期間: 2002年 - 2006年