トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 三浦亮太朗
 

三浦亮太朗

 
アバター
研究者氏名三浦亮太朗
 
ミウラリョウタロウ
eメールryotaro.miuranvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署臨床獣医学部門 治療学分野II
職名講師
学位獣医学博士(岐阜大学大学院連合獣医学研究科)

研究キーワード

 
, 受胎 , 卵胞 , 卵巣

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 産業動物臨床学

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 助教
 
2015年4月
 - 
2016年3月
動物衛生研究所 病態研究領域 特別研究員
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年3月
岐阜大学大学院 連合獣医学研究科 臨床獣医学連合講座
 
2005年4月
 - 
2011年3月
帯広畜産大学 畜産学部 獣医学科
 

論文

 
Double ovulation rate of the first follicular wave follicles is higher in the first follicular wave dominant follicle in the ovary contralateral to the corpus luteum treated with human chorionic gonadotropin five days after estrus in lactating dairy cows.
Miura R, Matsumoto N, Haneda S, Matsui M.
Journal of Veterinary Medical Science      2019年   [査読有り]
Comparative evaluation of the cost and efficiency of four types of sexing methods for the production of dairy female calves.
Obuchi T, Osada M, Ozawa T, Nakagawa H, Hayashi M, Akiyama K, Sakagami N, Miura R, Geshi M, Ushijima H.
65(4) 345-352   2019年8月   [査読有り]
Physiological characteristics and effects on fertility of the first follicular wave dominant follicle in cattle.
Miura R.
Journal of reproduction and Development   65(4) 289-295   2019年8月   [査読有り][招待有り]
Estrous detection by continuous measurements of vaginal temperature and conductivity with supervised machine learning in cattle.
Higaki S, Miura R, Suda T, Andersson LM, Okada H, Zhang Y, Itoh T, Miwakeichi F, Yoshioka K.
Theriogenology   123 90-99   2019年1月   [査読有り]
Effects of human chorionic gonadotropin treatment after artificial inseminations on conception rate with the first follicular wave dominant follicle in the ovary ipsilateral to the corpus luteum in lactating dairy cows.
Miura R, Matsumoto N, Izumi T, Kayano M, Haneda S, Matsui M.
Journal of reproduction and Development   64(6) 485-488   2018年12月   [査読有り]

Misc

 
牛の受胎性に関与する発情周期中の卵巣内構造物
三浦亮太朗
家畜診療   66(8) 467-473   2019年8月   [査読有り][依頼有り]
Bモード超音波検査を用いた卵胞および黄体形態の観察
三浦亮太朗
畜産技術   2019(8) 13-18   2019年8月   [依頼有り]
牛卵巣内での卵胞の発育動態に着目した受胎性評価と繁殖成績改善の可能性
三浦亮太朗
MPアグロジャーナル   2017年7月(30) 19-22   2017年7月   [依頼有り]
超音波診断装置による卵巣の観察と繁殖管理への応用
三浦亮太朗、松井基純
臨床獣医 臨時増刊号 新しい牛の繁殖~新技術の現場応用と近未来への展望~   35(7) 38-44   2017年6月   [依頼有り]

講演・口頭発表等

 
適切なホルモン製剤の使用による乳牛の受胎率改善の可能性 [招待有り]
三浦亮太朗
平成29年度北海道地区学会   2017年9月8日   
温暖期および寒冷期における乳牛の尾根部腹側体表温による分娩時間帯予測
古山敬祐、小山毅、杉本昌仁、草刈直仁、三浦亮太朗、吉岡耕治、平子誠
北海道受精卵移植研究会   2017年7月28日   
牧場実習におけるウシのストレスに関する研究
若林真由, 銀梓, 佐藤巧, 藤平篤志, 三浦亮太朗, 水谷尚, 天尾弘実, 山田裕, 神谷新司, 吉村格, 望月眞理子
動物介在教育・療法学雑誌(Web)   2017年3月31日   
PGF2αを12時間間隔で2回投与した ホルスタイン種搾乳牛における 血中P4濃度の動態と受胎性について
星 恵理子、江原 和則、黒澤 重人、冨安 洵平、硲野 健、三浦 亮太朗、山元 真、米山 修、松井 基純
平成28年度 日本獣医師会獣医学術学会年次大会   2017年2月24日   
ウシの卵巣所見を基にしたホルモン処置による受胎率向上の試み-人工授精前後の卵巣内での卵胞と黄体の発育動向を考慮した処置により受胎率は向上するか? [招待有り]
三浦亮太朗
第8回管理獣医師セミナー   2017年1月27日   
ウシの受胎性に関する人工授精後の第1卵胞波主席卵胞と黄体の位置関係 [招待有り]
三浦亮太朗
第37回動物臨床医学会年次大会   2016年11月19日   
ウシ人工授精後の第一卵胞波主席卵胞と黄体の位置関係が卵胞および黄体の機能と受胎率に及ぼす影響
硲野 健、服部 昌大、三浦 亮太朗、高橋 啓人、羽田 真悟、松井 基純
第159回日本獣医学会学術集会   2016年9月6日   
PGF 2α 製剤を12時間間隔で2回投与したホルスタイン種搾乳牛における血中P4濃度の動態と受胎性について
星 恵理子、江原和則、黒澤重人、太田 明、山村文之介、冨安洵平、硲野 健、三浦亮太朗、山元 真、米山 修、松井基純
平成28年度北海道地区学会   2016年9月1日   
ウシの尾根部体表温測定における季節の違いが発情前後の体表温変化に及ぼす影響
三浦亮太朗、吉岡耕治、宮本亨、野上大史、岡田浩尚、大屋英稔、伊藤寿浩
2016年9月   
泌乳牛における体表温センサによる分娩予知および腟内センサによる排卵予知
古山敬祐、小山毅、松井義貴、杉本昌仁、草刈直仁、三浦亮太朗、平子誠、吉岡耕治
第159回日本獣医学会学術集会   2016年9月   

担当経験のある科目

 
  • 牧場実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物衛生学実習Ⅱ (日本獣医生命科学大学)
  • 動物衛生学実習Ⅰ (日本獣医生命科学大学)
  • 大動物臨床実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 畜産学概論 (日本獣医生命科学大学)
  • 生産動物臨床学Ⅱ (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本獣医学会 , 日本繁殖生物学会

競争的資金等の研究課題

 
牛卵巣内での第1卵胞波主席卵胞と黄体の位置関係が子宮機能および胚発育に与える影響
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 三浦亮太朗
お灸はウシの卵巣機能の向上をもたらすか?
公益財団法人 伊藤記念財団: 
研究期間: 2016年4月 - 2017年3月    代表者: 三浦亮太朗