トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 生野 佐織
 

生野 佐織

 
アバター
研究者氏名生野 佐織
 
 
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医保健看護学科
職名
学位博士(獣医保健看護学)
J-Global ID201801001385781088

研究キーワード

 
酸化ストレス ,動物介在教育 ,動物栄養学 ,臨床動物看護学 ,獣医公衆衛生学

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 動物栄養学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 動物看護学
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 公衆衛生学

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科 助教 
 

学歴

 
2015年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 獣医保健看護学専攻博士後期課程
 
2013年4月
 - 
2015年3月
日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 獣医保健看護学専攻博士前期課程
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医保健看護学科
 

委員歴

 
2021年3月
 - 
現在
動物介在教育・療法学会  理事
 
2019年5月
 - 
現在
動物介在教育・療法学会  学会誌編集委員
 

受賞

 
2016年7月
日本ペット栄養学会第18回大会, 優秀発表賞,イヌにおけるアセトアミノフェン検出キットの有用性の検討
 

論文

 
 
生野 佐織   佐伯 香織   秋山 蘭   小田 民美   上田 香織   丸山 夏輝   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   19(2) 74-81   2016年   [査読有り]
運動による血糖変動は、食事内容および食事時間によって低血糖や消化吸収遅延など、様々な弊害を引き起こすことが報告されている。犬でも、食後に猟を行った猟犬において低血糖と思われる意識障害が報告されているが、その詳細は不明である。そこで本実験では、健常犬(n=4)に対する運動実施前の糖摂取が糖脂質代謝に及ぼす影響を検討した。運動は経口糖負荷試験開始30分後の血中グルコースおよびインスリン濃度が高値を示す時間帯で行った。結果より、血中グルコースおよびインスリン濃度共に高値を示す時間帯での運動実施は...
 
平松 朋子   佐伯 香織   秋山 蘭   生野 佐織   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   19(1) 21-26   2016年   [査読有り]
血糖変動に最も影響を与える栄養素は炭水化物であり、グルコースの消化吸収速度を緩やかにできれば、食後の血糖上昇を抑制できる。桑の葉にはグルコースと構造が類似したDNJが含まれ、グルコース吸収を抑制すると考えられている。ヒトでは桑の葉投与により食後の血糖上昇が抑制されたが、イヌでの効果は明らかにされていない。そこで、本研究では、桑の葉が健常犬の糖・脂質代謝に与える影響を検討した。6頭の健常犬に高炭水化物食とともに桑の葉粉末を0.5 g/頭で4日間給与した結果、桑の葉給与群では無給与群と比較して...
 
A. Mori   H. Oda   E. Onozawa   S. Shono   T. Takahashi   S. Yamashita   H. Fujimoto   T. Sako   
POLISH JOURNAL OF VETERINARY SCIENCES   19(4) 707-713   2016年   [査読有り]
This study evaluated the accuracy and reproducibility of a human portable blood glucose meter (PBGM) for canine and feline whole blood. Reference plasma glucose values (RPGV) were concurrently measured using glucose oxidation methods. Fifteen heal...
 
秋山 蘭   生野 佐織   丸山 夏輝   上田 香織   佐伯 香織   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   18(1) 12-17   2015年   [査読有り]
ヒト糖尿病患者において、血糖値に影響を与えやすいとされる炭水化物に着目した食事療法が多く用いられている。本研究では健常犬に対し、市販食で炭水化物源の異なる食事を与え、食後の糖代謝パラメーターの比較検討を行った。主要な炭水化物源が米・トウモロコシ・小麦である3種の市販食を用いた。その結果、食後の血糖変動は3種のフードの間に差は認められなかった。食後のインスリン分泌の結果から、小麦、トウモロコシ、米の順で消化・吸収速度が速くなる傾向がみられた。また、インクレチンであるGIPは炭水化物源の違いよ...
 
Satoshi Nozawa   Hitomi Oda   Ran Akiyama   Kaori Ueda   Kaori Saeki   Saori Shono   Natsuki Maruyama   Atsuki Murata   Hiroyuki Tazaki   Akihiro Mori   Yutaka Momota   Daigo Azakami   Toshinori Sako   Katsumi Ishioka   
The Journal of veterinary medical science   76(8) 1177-82   2014年8月   [査読有り]
Hyperadrenocorticism (HAC) is a common endocrine disorder in dogs, in which excess glucocorticoid causes insulin resistance. Disturbance of insulin action may be caused by multiple factors, including transcriptional modulation of insulin signal mo...

MISC

 
 
銀梓   佐藤稲子   美濃輪史子   生野佐織   石岡克己   大久保公裕   望月眞理子   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   161st    2018年
 
生野佐織   杉原思穂   小野沢栄里   小田民美   森昭博   左向敏紀   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 471-471   2017年8月   
 
小野沢栄里   生野佐織   小竹隼人   酒井麻有   杉原思穂   小田民美   呰上大吾   森昭博   石岡克己   左向敏紀   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th 457-457   2017年8月   
 
石井聡子   小野沢栄里   生野佐織   後藤杏依   宮島芙美佳   小田民美   森昭博   左向敏紀   
関東・東京合同地区獣医師大会・獣医学術関東・東京合同地区学会   2016 78   2016年9月   
 
生野 佐織   三ッ山 陽子   宮代 和広   小野沢 栄里   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
J-vet : jounral for veterinary practitioner   29(9) 86-88   2016年9月   

書籍等出版物

 
 
緑書房編集部(担当:共著, 範囲:第3部 公衆衛生学:第5章(6,7))
緑書房   2020年3月   (ISBN:9784895314138)
 

講演・口頭発表等

 
 
生野 佐織   根本 紗季   望月 眞理子   的場 美芳子   
第12回動物介在教育・療法学会学術大会   2019年11月10日   
 
生野 佐織   根本 紗季   銀 梓   菊池 満帆   菊池 恭乃   石岡 克己   望月 眞理子   
日本動物看護学会 第27回大会   2018年10月28日   
 
銀 梓   佐藤 稲子   美濃 輪史子   生野 佐織   石岡 克己   田崎 弘之   大久保 公裕   望月 眞理子   
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
 
杉原 思穂   澤田 治美   生野 佐織   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年   
 
石王丸 春佳   生野 佐織   瀬尾 美帆   宮? 未菜   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
第14回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2018年   

所属学協会

 
2019年
 - 
現在
動物介在教育・療法学会
 
   
 
日本動物看護職協会
 
   
 
日本ペット栄養学会