トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 有村 裕
 

有村 裕

 
アバター
研究者氏名有村 裕
 
アリムラ ユタカ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科 動物生体防御学教室
職名教授
J-Global ID201501004715879753

研究キーワード

 
補助刺激受容体 ,LECT2 ,ICOS ,シグナル伝達 ,MHC ,RT1 ,チロシンホスファターゼ ,細胞死 ,T細胞 ,Th分化 ,CD28 ,ホスファターゼ ,免疫シグナル ,H4 ,Th cell differentiation ,D-galactosamine ,IL-2 ,IL-4 ,STAT5 ,毒素性ショック ,炎症 ,Co-stimulation ,ヘルパーT細胞分化 ,SEA ,敗血症性ショック ,感染免疫 ,敗血症

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 

経歴

 
2016年
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部・動物科学科・動物生体防御学 教授 
 
2013年
 - 
2016年
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部・動物科学科・動物生体防御学 准教授 
 
2007年
 - 
2013年
東京女子医科大学 医学部・微生物学免疫学 講師 
 
2004年10月
 - 
2007年5月
The Burnham Institute (La Jolla, CA)  postdoc 
 
1999年
 - 
2007年
東京女子医科大学 医学部・微生物学免疫学 助教 
 

学歴

 
1991年
 - 
1995年
北海道大学 大学院医学研究科(免疫科学研究所) 
 
1985年
 - 
1991年
北海道大学 獣医学部 
 

論文

 
 
Madoka Koyanagi   Yutaka Arimura   
Immunological investigations   1-192019年12月   [査読有り]
Background: Psychological stress affects the immune system. Upon stress occurrence, glucocorticoid is released that binds to the glucocorticoid receptor and regulates gene expression. Thus, we aimed to examine the stress-induced immunomodulatory m...
 
Nagashima M   Koyanagi M   Arimura Y   
Immunological Investigations   48(3) 303-3202019年4月   [査読有り]
 
山崎承美   多治見弘史   尾池紹子   原巧樹   安田紗紀江   有村裕   鈴木亜由美   吉村格   岡田幸之助   牛島仁   
日本胚移植研究会誌   2018年5月   [査読有り]
 
Madoka Koyanagi   So Kawakabe   Yutaka Arimura   
CYTOTECHNOLOGY   68(4) 1489-14982016年8月   [査読有り]
Cell proliferation assays are basic and essential techniques for assessing cellular function. Various colorimetric assays, such as MTT-, WST-1-, and resazurin-based assays, are available; however, studies directly comparing the suitability of each...
 
Yutaka Arimura   Kazuhiko Shimizu   Madoka Koyanagi   Junji Yagi   
CELLULAR SIGNALLING   26(12) 2721-27292014年12月   [査読有り]
T cell activation is regulated by a balance between phosphorylation and dephosphorylation that is under the control of kinases and phosphatases. Here, we examined the role of a non-receptor-type protein tyrosine phosphatase, PTP-PEST, using retrov...

MISC

 
 
Kazuhiko Shimizu   Yutaka Arimura   Taichi Ezaki   
FASEB JOURNAL   29 2015年4月   
 
有村裕   
日本獣医生命科学大学研究報告   62 43-522013年   
 
Shuangding Wu   Sofie Vossius   Souad Rahmouni   Ana V. Miletic   Torkel Vang   Jesus Vazquez-Rodriguez   Fabio Cerignoli   Yutaka Arimura   Scott Williams   Tikva Hayes   Michel Moutschen   Stefan Vasile   Maurizio Pellecchia   Tomas Mustelin   Lutz Tautz   
JOURNAL OF MEDICINAL CHEMISTRY   52(24) 8058-80582009年12月   
 
内山 竹彦   今西 健一   八木 淳二   藤巻 わかえ   加藤 秀人   秋山 徹   有村 裕   小柳 円   趙 吉子   深田 健治   大西 礼子   
東京女子医科大学総合研究所紀要   24 26-272004年7月   
スーパー抗原によるT細胞の活性化機序と感染症発症機序,さらにヒトとマウスT細胞の分化成熟について解析した.TSST-1やSPE-AはヒトやマウスのMHCクラスII分子に結合しT細胞を活性化し,マウスT細胞をin vitroにおいてSEEで感作したところ,CD8細胞のみVβ特異的にトレランスが誘導された.スーパー抗原活性を持つ新しい外毒素としてY.pseudotuberculosisからYPMを発見した.マウスT細胞のSEA応答性はアクセサリー細胞の種類により異なった.マウスSEA投与による...
 
小柳円   有村裕   八木淳二   内山竹彦   
日本細菌学雑誌   59(1) 3152004年2月   

講演・口頭発表等

 
 
線虫C.elegans投与マウスに産生された血中抗体の標的分子の探索(1)
小峰奈緒   小柳円   有村裕   
第42回 日本分子生物学会   2019年12月6日   
 
線虫C.elegans投与マウスに産生された血中抗体の標的分子の探索(2)
小峰奈緒   小柳円   有村裕   
第2回ニチジュウシンポジウム   2019年12月6日   
 
SLE疾患モデルマウスであるMRL-lpr/lprマウスにおけるICOSの役割の解析
境野泉玖   苅谷優綺   小林崇史   沖田真樹   小柳円   有村裕   
第2回ニチジュウシンポジウム2019   2019年12月6日   
 
C型肝炎ウイルスに対する感染中和E2抗体の樹立
吉田南風   渡邉則幸   Hussein H Aly   小柳円   有村裕   相崎英樹   村松正道   脇田隆字   
第67回 日本ウイルス学会   2019年10月29日   
 
Establishment of neutralizing E2 antibody from E2-immunized mouse
Minami Yoshida   Noriyuki Watanabe   Hussein H Aly   Madoka Koyanagi   Yutaka Arimura   Hideki Aizaki   Masamichi Muramatsu   Takaji Wakita   
HCV2019   2019年10月5日   

担当経験のある科目(授業)

 
2013年4月
 - 
現在
動物防疫学 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
微生物学免疫学実習 (東京女子医科大学)
 
   
 
実習「生体と微生物学」「生体の防御反応」 (東京女子医科大学)
 
   
 
基礎分析化学実習 (日本獣医生命科学大学)
 
   
 
動物防疫学実習 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本免疫学会
 
   
 
獣医疫学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
研究期間: 2018年 - 2020年