トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 有村裕
 

有村裕

 
アバター
研究者氏名有村裕
 
アリムラ ユタカ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科 動物生体防御学
職名教授

研究キーワード

 
シグナル伝達 , MHC , RT1 , ICOS , チロシンホスファターゼ , 細胞死 , T細胞 , 補助刺激受容体 , Th分化 , CD28 , ホスファターゼ , 免疫シグナル , H4 , Th cell differentiation , D-galactosamine , IL-2 , IL-4 , STAT5 , 毒素性ショック , 炎症 , LECT2 , Co-stimulation , ヘルパーT細胞分化 , SEA , 敗血症性ショック , 感染免疫 , 敗血症

研究分野

 
  • 動物生命科学 / 統合動物科学 / 
  • 基礎医学 / 免疫学 / 
  • 生物科学 / 機能生物化学 / 

経歴

 
2016年
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部・動物科学科・動物生体防御学 教授
 
2013年
 - 
2016年
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部・動物科学科・動物生体防御学 准教授
 
2007年
 - 
2013年
東京女子医科大学 医学部・微生物学免疫学 講師
 
2004年10月
 - 
2007年5月
The Burnham Institute (La Jolla, CA) postdoc
 
1999年
 - 
2007年
東京女子医科大学 医学部・微生物学免疫学 助教
 
1995年
 - 
1999年
東京都神経科学総合研究所 流動研究員
 

学歴

 
1991年
 - 
1995年
北海道大学 大学院医学研究科(免疫科学研究所) 
 
1985年
 - 
1991年
北海道大学 獣医学部 
 

論文

 
Dang MH, Kato H, Ueshiba H, Omori-Miyake M, Yamagoe S, Ando K, Imanishi K, Arimura Y, Haruta I, Kotani T, Ozaki M, Suzuki K, Uchiyama T, Yagi J
Clinical Immunology (Orlando, Fla.)   137(3) 311-321   2010年12月   [査読有り]
Arimura Y, Yagi J
Science Signaling   3(137) rs1   2010年8月   [査読有り]
Haruta I, Kikuchi K, Hashimoto E, Nakamura M, Miyakawa H, Hirota K, Shibata N, Kato H, Arimura Y, Kato Y, Uchiyama T, Nagamune H, Kobayashi M, Miyake Y, Shiratori K, Yagi J
Laboratory Investigation   90(4) 577-588   2010年4月   [査読有り]
Arimura Y, Ezaki T, Koyanagi M, Uchiyama T, Koyasu S, Yagi J
Journal of Leukocyte Biology   87(3) 493-500   2010年3月   [査読有り]
Wu S, Vossius S, Rahmouni S, Miletic AV, Vang T, Vazquez-Rodriguez J, Cerignoli F, Arimura Y, Williams S, Hayes T, Moutschen M, Vasile S, Pellecchia M, Mustelin T, Tautz L
Journal of Medicinal Chemistry   52(21) 6716-6723   2009年11月   [査読有り]

Misc

 
細菌由来スーパー抗原性毒素に対するin vivo免疫応答の解析
有村裕
日本獣医生命科学大学研究報告   62 43-52   2013年
有村 裕
臨床免疫   38(5) 544-549   2002年11月
有村 裕, 加藤 秀人, 岡本 俊宏, 三好(秋山) 徹, 内山 竹彦, 八木 淳二
東京女子医科大学雑誌   71(11)    2001年12月
陳 露秋, 八木 淳二, 小柳 円, 張 瑞華, 秋山 徹, 有村 裕, 加藤 秀人, 今西 健一, 内山 竹彦
東京女子医科大学雑誌   69(12)    1999年12月
チロシンホスファターゼによるリンパ球シグナルの制御
有村裕、荻本真美、片桐達雄、矢倉英隆
タンパク質核酸酵素(6月号増刊)   43 1169-1175   1998年

講演・口頭発表等

 
C型肝炎ウイルスに対する感染中和E2抗体の樹立
吉田南風、渡邉則幸、Hussein H Aly、小柳円、有村裕、相崎英樹、村松正道、脇田隆字
第67回 日本ウイルス学会   2019年10月29日   
Establishment of neutralizing E2 antibody from E2-immunized mouse
Minami Yoshida, Noriyuki Watanabe, Hussein H Aly, Madoka Koyanagi, Yutaka Arimura, Hideki Aizaki, Masamichi Muramatsu, Takaji Wakita
HCV2019   2019年10月5日   
SLE疾患モデルであるMRLlpr/lprマウスにおけるICOSの役割の解析
小林嵩史、沖田真樹、小柳円、有村裕
第7回 日本比較病理学研究会   2019年2月23日   
マウスへの線虫C. elegans 投与によるIgE産生機序の解析
後藤夢実、小峰奈緒、小柳円、有村裕
日本獣医生命科学大学シンポジウム   2018年12月7日   
Heligmosomoides polygyrusの感染初期動態と再感染防御メカニズム
島田実季、小柳円、有村裕、石渡賢治
第41回 日本分子生物学会   2018年11月28日   
グルココルチコイド受容体の多型によるストレス感受性への影響
石川あゆ子、小柳円、有村 裕
第41回 日本分子生物学会   2018年11月28日   
高ウイルス産生能を有するレポーターキメラC型肝炎ウイルスの構築
佐藤李香、渡邉則幸、Hussein H Aly、小柳円、有村裕、相崎英樹、村松正道、脇田隆字
第66回 日本ウイルス学会   2018年10月28日   
Construction of chimeric reporter HCV with efficient production capacity
Rika Sato, Noriyuki Watanabe, Hussein H Aly, Madoka Koyanagi, Yutaka Arimura, Hideki Aizaki, Masamichi Muramatsu, Takaji Wakita
HCV2018   2018年10月8日   
ルシフェラーゼ遺伝子を有するC型肝炎ウイルスび性状解析
佐藤李香、小柳円、有村裕、渡邉則幸、脇田隆二
第6回 日本比較病理学研究会   2018年3月3日   
In vitroにおけるサイトカインを用いた好酸球の分化・増殖の試み
岡美寿季、小柳円、有村裕
第6回 日本比較病理学研究会   2018年3月3日   

担当経験のある科目

 
  • 動物防疫学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物防疫学 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物微生物学 (日本獣医生命科学大学)
  • 生体防御学 (日本獣医生命科学大学)
  • 基礎分析化学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物資源科学概論 (日本獣医生命科学大学)
  • 免疫生物学 (東京農工大学)
  • 微生物学免疫学実習 (東京女子医科大学)
  • 実習「生体と微生物学」「生体の防御反応」 (東京女子医科大学)
  • 免疫学 (東京女子医科大学)
  • 微生物学 (東京女子医科大学)

所属学協会

 
日本免疫学会 , 獣医疫学会