トップページ > 応用生命科学部> 動物科学科 

動物科学科

研究者リスト >> 有村 裕
 

有村 裕

 
アバター
研究者氏名有村 裕
 
アリムラ ユタカ
所属日本獣医生命科学大学
部署応用生命科学部 動物科学科 動物生体防御学
職名教授

研究キーワード

 
シグナル伝達 , MHC , RT1 , ICOS , チロシンホスファターゼ , 細胞死 , T細胞 , 補助刺激受容体 , Th分化 , CD28 , ホスファターゼ , 免疫シグナル , H4 , Th cell differentiation , D-galactosamine , IL-2 , IL-4 , STAT5 , 毒素性ショック , 炎症 , LECT2 , Co-stimulation , ヘルパーT細胞分化 , SEA , 敗血症性ショック , 感染免疫 , 敗血症

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 実験動物学 / 
  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学 / 
  • ライフサイエンス / 免疫学 / 
  • ライフサイエンス / 機能生物化学 / 

経歴

 
2016年
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部・動物科学科・動物生体防御学 教授
 
2013年
 - 
2016年
日本獣医生命科学大学 応用生命科学部・動物科学科・動物生体防御学 准教授
 
2007年
 - 
2013年
東京女子医科大学 医学部・微生物学免疫学 講師
 
2004年10月
 - 
2007年5月
The Burnham Institute (La Jolla, CA) postdoc
 
1999年
 - 
2007年
東京女子医科大学 医学部・微生物学免疫学 助教
 

学歴

 
1991年
 - 
1995年
北海道大学 大学院医学研究科(免疫科学研究所) 
 
1985年
 - 
1991年
北海道大学 獣医学部 
 

論文

 
Bauler TJ, Hughes ED, Arimura Y, Mustelin T, Saunders TL, King PD
Journal of Immunology (Baltimore, Md. : 1950)   178(6) 3680-3687   2007年3月   [査読有り]
Massimo Bottini, Federica D'Annibale, Andrea Magrini, Fabio Cerignoli, Yutaka Arimura, Marcia I. Dawson, Enrico Bergamaschi, Nicola Rosato, Antonio Bergamaschi, Tomas Mustelin
INTERNATIONAL JOURNAL OF NANOMEDICINE   2(2) 227-233   2007年   [査読有り]
To enhance diagnostic or therapeutic efficacy, novel nanomaterials must be engineered to function in biologically relevant environments, be visible by conventional fluorescent microscopy, and have multivalent loading capacity for easy detection or...
Junji Yagi, Yutaka Arimura, Hiroaki Takatori, Hiroshi Nakajima, Itsuo Iwamoto, Takehiko Uchiyama
INTERNATIONAL IMMUNOLOGY   18(12) 1681-1690   2006年12月   [査読有り]
Comparative studies using T(h)2-prone BALB/c and T(h)1-prone C57BL/6 mice were performed to clarify the influence of genetic background on T-h cell differentiation. The results showed IL-4, the production of which is induced by IL-2, to be much mo...
K Fukada, M Koyanagi, Y Arimura, H Ogiuchi, T Uchiyama, J Yagi
CELLULAR IMMUNOLOGY   238(2) 103-112   2005年12月   [査読有り]
We previously reported that V beta 3(+) CD4(+) T cells maintained a protracted expansion, with the phenotypes of memory Th2 cells, for 30 days in C57BL/6 (B6) mice implanted with SEA-containing mini-osmotic pumps. In the present Study, we followed...
Y Arimura, F Shiroki, S Kuwahara, H Kato, U Dianzani, T Uchiyama, J Yagi
JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY   279(12) 11408-11416   2004年3月   [査読有り]
Both CD28 and its relative, inducible costimulator ( ICOS), have a binding motif for phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) in their cytoplasmic tail, and the binding of PI3K leads to activation of a serine/threonine kinase, Akt. The role of Akt in ...

MISC

 
有村裕
日本獣医生命科学大学研究報告   62 43-52   2013年
有村 裕
臨床免疫   38(5) 544-549   2002年11月
有村 裕, 加藤 秀人, 岡本 俊宏, 三好(秋山) 徹, 内山 竹彦, 八木 淳二
東京女子医科大学雑誌   71(11)    2001年12月
陳 露秋, 八木 淳二, 小柳 円, 張 瑞華, 秋山 徹, 有村 裕, 加藤 秀人, 今西 健一, 内山 竹彦
東京女子医科大学雑誌   69(12)    1999年12月
有村裕, 荻本真美, 片桐達雄, 矢倉英隆
タンパク質核酸酵素(6月号増刊)   43 1169-1175   1998年

講演・口頭発表等

 
吉田南風, 渡邉則幸, Hussein H Aly, 小柳円, 有村裕, 相崎英樹, 村松正道, 脇田隆字
第67回 日本ウイルス学会   2019年10月29日   
Minami Yoshida, Noriyuki Watanabe, Hussein H Aly, Madoka Koyanagi, Yutaka Arimura, Hideki Aizaki, Masamichi Muramatsu, Takaji Wakita
HCV2019   2019年10月5日   
小林嵩史, 沖田真樹, 小柳円, 有村裕
第7回 日本比較病理学研究会   2019年2月23日   
後藤夢実, 小峰奈緒, 小柳円, 有村裕
日本獣医生命科学大学シンポジウム   2018年12月7日   
島田実季, 小柳円, 有村裕, 石渡賢治
第41回 日本分子生物学会   2018年11月28日   

担当経験のある科目(授業)

 
  • 微生物学免疫学実習 (東京女子医科大学)
  • 実習「生体と微生物学」「生体の防御反応」 (東京女子医科大学)
  • 基礎分析化学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物防疫学実習 (日本獣医生命科学大学)
  • 動物資源科学概論 (日本獣医生命科学大学)

所属学協会

 
日本免疫学会 , 獣医疫学会