researchmapからのお知らせ

研究者業績

研究者検索結果一覧 >> 鈴木周二
 

鈴木周二

 
アバター
研究者氏名鈴木周二
 
スズキ シュウジ
eメールshujisuzukinvlu.ac.jp
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部 獣医学科
職名助教
学位博士(獣医学)

論文

 
Momota Y, Yasuda J, Arai N, Yamamoto M, Yoshimura H, Ikezawa M, Suzuki S, Takahashi K, Sako T
JFMS open reports   3(1) 2055116917691175   2017年1月   [査読有り]
Yoshiyuki R, Nakata TM, Fukayama T, Hamabe L, Huai-Che H, Suzuki S, Machida N, Fukushima R, Tanaka R
Journal of medical ultrasonics (2001)   41(2) 173-180   2014年4月   [査読有り]
Hamabe L, Fukushima R, Kawamura K, Shinoda Y, Huai-Che H, Suzuki S, Aytemiz D, Iwasaki T, Tanaka R
Journal of veterinary science   14(3) 355-362   2013年   [査読有り]
Fukushima R, Yoshiyuki R, Machida N, Matsumoto H, Kim S, Hamabe L, Huai-Che H, Fukayama T, Suzuki S, Aytemiz D, Tanaka R, Yamane Y
The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science   75 1111-1114   2013年   [査読有り]
Suzuki S, Fukushima R, Ishikawa T, Yamamoto Y, Hamabe L, Kim S, Yoshiyuki R, Machida N, Tanaka R
BMC veterinary research   8 166   2012年9月   [査読有り]

Misc

 
佐々木 紀之, 田中 綾, 鈴木 周二, 福島 隆治
動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation   18(4) 115-119   2009年12月
動脈管開存症(以下PDA)のコイルオクルージョン直後の残存血流の確認には,現在のところ術中の聴診に加えてX線透視下による心血管造影が用いられている。<br> 今回,PDAと確定診断した8カ月齢のパピヨンに対してコイルオクルージョンを行った。その際に,聴診,X線透視下での心血管造影に加え,経食道心エコー(以下TEE)によって残存血流の消失の確認を行った。プローブを胃や食道に挿入したことによる合併症も認められなかった。<br> 今回の症例において,TEEを使用したことによる利点として,第1に,...

書籍等出版物

 
Boon June A., 伊従 慶太, 木村 勇介, 小峰 のどか, 清水 美希, 鈴木 周二, 成田 亮平, 金 修敏, 佐藤 健太郎, 濱部 理奈, 高野 宣彦
インターズー   2013年   ISBN:9784899957904