トップページ > 獣医学部> 獣医学科 

獣医学科

研究者リスト >> 金田剛治
 

金田剛治

 
アバター
研究者氏名金田剛治
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部
職名教授
学位博士(獣医学)(日本獣医畜産大学大学院)

研究キーワード

 
エネルギー代謝 , ホスホジエステラーゼ阻害剤 , 平滑筋 , ポリフェノール

研究分野

 
  • 基礎医学 / 薬理学一般 / 
  • 動物生命科学 / 獣医学 / 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医薬理学研究室 教授
 
2011年4月
 - 
2018年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 准教授
 
2006年4月
 - 
2011年3月
日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 講師
 
2002年4月
 - 
2006年3月
日本獣医畜産大学 獣医学部 獣医学科 助手
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1997年3月
日本獣医畜産大学大学院 獣医学専攻博士課程 
 
1987年4月
 - 
1993年3月
日本獣医畜産大学 獣医畜産学部 獣医学科
 

論文

 
Kaneda T, Sasaki N, Urakawa N, Shimizu K
Journal of pharmacological sciences   136(1) 26-30   2018年1月   [査読有り]
Nagai Y, Kaneda T, Miyamoto Y, Nuruki T, Kanda H, Urakawa N, Shimizu K
The Journal of veterinary medical science   78(1) 55-59   2016年1月   [査読有り]
佐々木 典康, 金田 剛治, 森 昭博, 左向 敏紀
ペット栄養学会誌   15(0) Suppl_34-Suppl_35   2012年
飢餓状態などのケトン体生成が増加する状況では肝臓での酢酸生成が増加する。特に血糖維持を糖新生に依存するネコではケトン体、酢酸生成が増加しやすいと考えられる。本研究ではネコの栄養状態および病態評価に血中酢酸濃度を利用する目的で酢酸測定法を検討し、健常ネコでの標準値を測定するとともに糖尿病ネコでの変動を調べた。健常ネコの血中酢酸濃度は 0.71 ± 0.23mM であり、雌雄間で有意な差が認められた(p<0.01)。また糖尿病 8 症例の平均は 0.91 ± 0.34mM であり、健常ネコより...
清水一政, 金田剛治, 浦川紀元, 中条真二郎
日本獣医畜産大学研究報告   (49) 5-12   2000年12月
Kaneda T, Shimizu K, Nakajyo S, Urakawa N.
European Journal of Pharmacolgy   355(2-3) 149-157   1998年8月   [査読有り]
金田剛治
Japanese journal of pharmacology   69(3) 195-204   1995年   [査読有り]
金田剛治
Journal of smooth muscle research = Nihon Heikatsukin Gakkai kikanshi   31(4) 163-173   1995年   [査読有り]

Misc

 
佐々木典康, 金田剛治, 森昭博, 左向敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   154th 334   2012年8月
中村達朗, 神田秀憲, 金田剛治, 村田幸久, 堀正敏, 尾崎博
日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集   8th 248   2012年

書籍等出版物

 
犬と猫の臨床薬理ハンドブック
金田剛治 (担当:監修)
2016年10月   
獣医毒性学
金田剛治 (担当:共著)
2013年2月   

講演・口頭発表等

 
回腸平滑筋の収縮反応に対するHIVプロテアーゼ阻害剤の影響
神田秀憲・清水茜・金田寿子・佐々木典康・金田剛治
第92回 日本薬理学会年会   2019年3月15日   
スダチ果皮由来ポリフェノール、スダチチンの内皮依存性血管弛緩作用について
稲本 彩、金田寿子、佐々木典康、神田秀憲、田島 剛、金田剛治
第161回 日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   
ラット回腸平滑筋においてトロンボキサンA2誘導体はPKCおよびRhoキナーゼを介して収縮Ca2+感受性を増強する
鈴木 智貴・田島 剛・浦川 紀元・清水 一政・金田 剛治
第138回日本薬理学会関東部会   2018年3月10日   
脾臓平滑筋のフェニレフリン収縮に対する各種選択的ホスホジエステラーゼ阻害剤の影響
金田剛治・三浦加奈子・佐々木典康・田島 剛・浦川 紀元・清水一政
第137回日本薬理学会関東部会   2017年10月28日   
ラット大動脈のフェニレフリン収縮に対するnobiletinの影響
金田 寿子、大友 理恵子、浦川 紀元、清水 一政、金田 剛治
第137回日本薬理学会関東部会   2017年10月28日   

所属学協会

 
日本平滑筋学会 , 日本薬理学会 , 日本獣医学会

競争的資金等の研究課題

 
スンクスは新しい糖代謝解析モデル動物となるか? -肉食性糖尿病モデルへの可能性-
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年10月 - 2019年3月    代表者: 佐々木 典康
生体膜機能組込み人工喉モデルによるレトロネーザルアロマ発生メカニズムの解明
文部科学省: 科学研究補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 小竹 佐知子
ブタ気管炎症性サイトカイン暴露モデルの病態モデルとしての可能性
動物疾病制御研究拠点プロジェクト(私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)
研究期間: 2010年 - 2012年