トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 小田 民美
 

小田 民美

 
アバター
研究者氏名小田 民美
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医保健看護学臨床部門
職名講師

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本動物看護学会  常任理事
 
2016年6月
 - 
現在
一般社団法人日本動物看護職協会  理事
 

受賞

 
2018年
日本ペット栄養学会 日本ペット栄養学会第20回大会優秀発表賞 フード中の脂肪の種類が健常猫のインクレチン分泌に与える影響
 
2013年
日本ペット栄養学会 日本ペット栄養学会第15回大会最優秀発表賞 健常犬におけるホルモンリズムが血糖値日内変動におよぼす影響
 
2011年
クリニカルユートリション研究会 優秀研究賞アワード 健常犬におけるインクレチンの血中動態、および栄養組成の違いがインクレチン分泌に及ぼす影響についての検討
 

論文

 
Sawada H, Mori A, Michishita M, Oda H, Sako T
The Journal of veterinary medical science   81(1) 71-76   2019年1月   [査読有り]
Oda H, Mori A, Ishii S, Shono S, Onozawa E, Sako T
The Journal of veterinary medical science   80(11) 1720-1723   2018年10月   [査読有り]
Sawada H, Mori A, Lee P, Sugihara S, Oda H, Sako T
Research in veterinary science   118 19-26   2018年6月   [査読有り]
Morita T, Momota Y, Mori A, Oda H, Ike K, Sako T
The Journal of veterinary medical science   80(4) 672-675   2018年4月   [査読有り]
K. Ochiai, H. Oda, S. Shono, Y. Kato, S. Sugihara, S. Nakazawa, D. Azakami, M. Michishita, E. Onozawa, M. Bonkobara, T. Sako, L. Shun-Ai, H. Ueki, M. Watanabe, T. Omi
VETERINARY AND COMPARATIVE ONCOLOGY   15(4) 1181-1186   2017年12月   [査読有り]
Reduced expression in immortalized cells (REIC/Dkk-3), a member of the human Dickkopf (Dkk) family, is a growth suppressor in human and canine mammary tumours. Mammary gland tumours are common neoplasms with high malignancy in female cats. The pur...

MISC

 
生野佐織, 佐伯香織, 秋山蘭, 小田民美, 上田香織, 丸山夏輝, 森昭博, 左向敏紀
ペット栄養学会誌   19(2) 74‐81-81   2016年10月
運動による血糖変動は、食事内容および食事時間によって低血糖や消化吸収遅延など、様々な弊害を引き起こすことが報告されている。犬でも、食後に猟を行った猟犬において低血糖と思われる意識障害が報告されているが、その詳細は不明である。そこで本実験では、健常犬(n=4)に対する運動実施前の糖摂取が糖脂質代謝に及ぼす影響を検討した。運動は経口糖負荷試験開始30分後の血中グルコースおよびインスリン濃度が高値を示す時間帯で行った。結果より、血中グルコースおよびインスリン濃度共に高値を示す時間帯での運動実施は...
生野 佐織, 三ッ山 陽子, 宮代 和広, 小野沢 栄里, 小田 民美, 森 昭博, 左向 敏紀
J-vet : jounral for veterinary practitioner   29(9) 86-88   2016年9月
小野沢栄里, 生野佐織, 石井聡子, 後藤杏依, 宮島芙美佳, 小田民美, 森昭博, 石岡克己, 呰上大吾, 左向敏紀
Veterinary Nursing   21(1) 61   2016年6月
平松朋子, 佐伯香織, 秋山蘭, 生野佐織, 小田民美, 森昭博, 左向敏紀
ペット栄養学会誌   19(1) 21‐26-26   2016年4月
血糖変動に最も影響を与える栄養素は炭水化物であり、グルコースの消化吸収速度を緩やかにできれば、食後の血糖上昇を抑制できる。桑の葉にはグルコースと構造が類似したDNJが含まれ、グルコース吸収を抑制すると考えられている。ヒトでは桑の葉投与により食後の血糖上昇が抑制されたが、イヌでの効果は明らかにされていない。そこで、本研究では、桑の葉が健常犬の糖・脂質代謝に与える影響を検討した。6頭の健常犬に高炭水化物食とともに桑の葉粉末を0.5 g/頭で4日間給与した結果、桑の葉給与群では無給与群と比較して...
木村友子, 秋山蘭, 兼田裕希, 上田香織, 丸山夏輝, 小田民美, 佐伯香織, 森昭博, 左向敏紀
ペット栄養学会誌   18(2) 81-85   2015年10月
食後の血糖上昇に最も影響を与えるのは炭水化物であり、摂取した炭水化物量によって追加インスリン療法を行い、食後の血糖値をコントロールするカーボカウントという方法が近年注目されている。そこで本研究では、炭水化物摂取量の違いが糖尿病犬の血糖値およびインスリン必要量に与える影響について明らかにすることを目的とし、速効型インスリン1.0 Uを注射することによって摂取できる炭水化物量、つまり犬におけるカーボカウントの算出について検討した。血糖値をリアルタイムで確認できる人工膵臓装置を糖尿病犬に接続し、...

講演・口頭発表等

 
小田民美, 平松朋子, 森昭博, 左向敏紀
ペット栄養学会誌   2018年7月10日   
<p><tt>GIP、GLP-1は食事摂取によって分泌され、血糖依存的にインスリンを分泌させる他、 様々な臓器で多様な作用を持ち栄養代謝活性に関わる消化管ホルモンである。ヒトでは、特に食事中の糖質と脂肪がインクレチン分泌を促進することが知られ、さらに脂肪酸組成により分泌量が変化することが知られている。我々は過去に猫のインクレチン分泌と食事組成の関係について研究を行ない、猫のGIP分泌は高脂肪食で最も大きくなることを明らかにした。 この研究をもとに、食事中の脂肪が猫のインクレチン分泌にどのよ...
高橋知也, 松田敬一, 佐藤真由美, 福田純子, 西岡満明, 森昭博, 小田民美, 左向敏紀
東北地区獣医師大会   2017年10月12日   
小野沢栄里, 生野佐織, 小竹隼人, 酒井麻有, 杉原思穂, 小田民美, 呰上大吾, 森昭博, 石岡克己, 左向敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
生野佐織, 杉原思穂, 小野沢栄里, 小田民美, 森昭博, 左向敏紀
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
落合和彦, 杉原思穂, 小田民美, 川上翔太, 平間日奈子, 呰上大吾, 近江俊徳
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日