トップページ > 獣医学部> 獣医保健看護学科 

獣医保健看護学科

研究者リスト >> 小田 民美
 

小田 民美

 
アバター
研究者氏名小田 民美
 
 
URL
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医保健看護学臨床部門
職名講師
J-Global ID201601015523813448

研究分野

 
  • ライフサイエンス / 獣医学 / 

委員歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本動物看護学会  常任理事
 
2016年6月
 - 
現在
一般社団法人日本動物看護職協会  理事
 

受賞

 
2021年3月
日本獣医生命科学大学, 梅野信吉賞
 
2018年
日本ペット栄養学会, 日本ペット栄養学会第20回大会優秀発表賞,フード中の脂肪の種類が健常猫のインクレチン分泌に与える影響
小田 民美 
 
2013年
日本ペット栄養学会, 日本ペット栄養学会第15回大会最優秀発表賞,健常犬におけるホルモンリズムが血糖値日内変動におよぼす影響
小田 民美 
 
2011年
クリニカルユートリション研究会, 優秀研究賞アワード,健常犬におけるインクレチンの血中動態、および栄養組成の違いがインクレチン分泌に及ぼす影響についての検討
小田 民美 
 

論文

 
 
Toshinori Omi   Shota Nakazawa   Chihiro Udagawa   Naomi Tada   Kazuhiko Ochiai   Yong Hwa Chong   Yuiko Kato   Hiroko Mitsui   Azusa Gin   Hitomi Oda   Daigo Azakami   Kyoichi Tamura   Toshinori Sako   Takeshi Inagaki   Atsushi Sakamoto   Toshihiko Tsutsui   Makoto Bonkobara   Shuichi Tsuchida   Shigenori Ikemoto   
PLOS ONE   11(10) e0165000   2016年10月   [査読有り]
Cat's AB blood group system (blood types A, B, and AB) is of major importance in feline transfusion medicine. Type A and type B antigens are Neu5Gc and Neu5Ac, respectively, and the enzyme CMAH participating in the synthesis of Neu5Gc from Neu5Ac ...
 
宮島芙美佳   小野沢栄里   生野佐織   石井聡子   後藤杏依   小田民美   森昭博   左向敏紀   
ペット栄養学会誌   19(Suppl.) 23‐25-25   2016年6月   
ヒトにおいて中鎖脂肪酸は代謝速度が速く、効率の良いエネルギー源とされ、また 脂肪蓄積抑制効果などが認められている。そこで、本研究では健常猫に対し、中鎖脂肪酸を豊富に含むココナッツオイルを添加した食事を給与し、脂質代謝に与える影響について比較検討した。ココナッツオイル添加食では有意差は認められなかったがインスリン濃度が他の脂肪添加食よりやや低い傾向を示した。その他の血液検査項目は明らかな変化は見られなかった。試験期間中、ココナッツオイル添加食による肝障害や消化器症状等の副作用は認められず、体...
 
生野佐織   奥畑遥景   戸高麻衣   小野沢栄里   石井聡子   後藤杏依   宮島芙美佳   小田民美   森昭博   左向敏紀   
ペット栄養学会誌   19(0) 26‐27-suppl_27   2016年6月   
血清中のアセトアミノフェン(以下APAP)濃度を簡易に測定できるAPAP検出キッ トを用い、イヌにおける本キットの有用性および検出可能なAPAP投与量を検討した。健常犬にウェットフード100gと粉末のAPAPを混ぜたものを同時に給与し、血中濃度の上昇した血清検体を得た。得られた血清を用いて同時再現性、日差再現性、および希釈直線性を検討した。 同時再現性の変動係数(CV)は7.65%、希釈直線性は、r2=0.98と良好な数値が得られた。日差再現性試験は、CV値(n=6)が20.61%と、今回...
 
Akihiro Mori   Kaori Ueda   Peter Lee   Hitomi Oda   Katsumi Ishioka   Toshiro Arai   Toshinori Sako   
RESEARCH IN VETERINARY SCIENCE   106 131-134   2016年6月   [査読有り]
Acarbose (AC) and Sitagliptin (STGP) are oral hypoglycemic agents currently used either alone or in conjunction with human diabetic (Type 2) patients. AC has been used with diabetic cats, but not STGP thus far. Therefore, the objective of this stu...
 
Hitomi Oda   Akihiro Mori   Saori Shono   Eri Onozawa   Toshinori Sako   
JOURNAL OF VETERINARY MEDICAL SCIENCE   78(5) 851-854   2016年5月   [査読有り]
This study investigated the changes in lymphocyte subsets during the trilostane medication of Pituitary-dependent hyperadrenocorticism (PDH) dogs. The cortisol level and lymphocyte subsets of eight dogs with PDH were monitored 0, 1, 3, 6, 9 and 12...

MISC

 
 
小田民美   
日本動物看護学会誌   24(2) 37-46   2020年   [招待有り]
 
山口 冴子   松原 孝子   小田 民美   森 昭博   小野沢 栄里   百田 豊   
Veterinary Nursing   23(1) 34-34   2018年10月   
 
宮島 芙美佳   小野沢 栄里   生野 佐織   石井 聡子   後藤 杏依   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   21(1) 20-26   2018年   
<p><tt>本研究では、中鎖トリグリセリド(MCT)が健常猫にどのような影響を与えるか検討するため、MCTを豊富に含むココナッツ油を添加した食事、および長鎖脂肪酸脂肪(LCT)を含むラード、大豆油を添加した食事を給与した場合の糖、脂質代謝の変化を比較した。健常猫6頭を用いて、3種の異なる脂肪を添加した食事を給与した。3種の脂肪添加食をそれぞれ14日間ずつ給与し、体重および体脂肪率の測定、臨床症状の有無の評価、血液検査を実施した。全ての食事において試験期間中、全頭で嗜好性に問題はなく副作用...
 
秋山 蘭   生野 佐織   平松 朋子   小田 民美   森 昭博   左向 敏紀   
ペット栄養学会誌   21(1) 1-6   2018年   
ヒトの肥満者や糖尿病患者において、食物の消化吸収を遅延させ、食後高血糖を緩やかにする食物繊維を積極的に摂取する食事療法が行われている。本研究では健常犬に対し、ビートパルプ(可溶性+不溶性繊維)およびセルロース(不溶性繊維)を添加したフードにおける食後の血中糖代謝パラメーター(グルコース、インスリン、NEFA)およびインクレチン分泌(GIP、GLP-1)の比較を行った。コントロール食として、繊維含有量の少ないイヌ用ドライフード(fiber:0.9g/100kcal)を用いた。繊維添加量はフー...
 
生野 佐織   左向 敏紀   戸髙 麻衣   奥畑 遥景   小野沢 栄里   石井 聡子   後藤 杏依   宮島 芙美佳   小田 民美   森 昭博   
ペット栄養学会誌   21(1) 7-12   2018年   
<p><tt>ヒトにおいてアセトアミノフェン(APAP)の吸収速度は、胃内容排出速度を反映することが報告されている。しかし、胃内容排出時間を評価するためのAPAP法は、健常犬での報告は少ない。本研究では、ヒトに使用されている市販のAPAP検出キットがイヌにおいて血清APAP濃度を測定可能かを検討することを目的とした。まず、APAP投与後のイヌ血清を用いたAPAP検出キットの再現性および希釈直線性を評価した。同時再現性では、変動係数(CV)は10%以下と良好な結果を示した。しかし、日差再現性...

書籍等出版物

 
 
as編集部(範囲:⑯糖尿病管理と飼い主指導~インスリン注射と血糖測定~)
EDUWARD Press   2021年4月   (ISBN:9784866711447)
 
緑書房編集部(範囲:第1部 動物看護学概論 第3章 動物看護とは何か)
緑書房   2020年1月   (ISBN:9784895314114)
 
日本動物保健看護系大学協会カリキュラム委員会, 呰上 大吾, 小田 民美(範囲:<動物臨床看護学総論> 第1章 動物臨床看護学を学ぶ上で必要な基礎知識、第2章 動物看護過程)
インターズー   2020年1月   (ISBN:9784866710921)

講演・口頭発表等

 
 
小田民美   平松朋子   森昭博   左向敏紀   
ペット栄養学会誌   2018年7月10日   
<p><tt>GIP、GLP-1は食事摂取によって分泌され、血糖依存的にインスリンを分泌させる他、 様々な臓器で多様な作用を持ち栄養代謝活性に関わる消化管ホルモンである。ヒトでは、特に食事中の糖質と脂肪がインクレチン分泌を促進することが知られ、さらに脂肪酸組成により分泌量が変化することが知られている。我々は過去に猫のインクレチン分泌と食事組成の関係について研究を行ない、猫のGIP分泌は高脂肪食で最も大きくなることを明らかにした。 この研究をもとに、食事中の脂肪が猫のインクレチン分泌にどのよ...
 
高橋知也   松田敬一   佐藤真由美   福田純子   西岡満明   森昭博   小田民美   左向敏紀   
東北地区獣医師大会   2017年10月12日   
 
小野沢栄里   生野佐織   小竹隼人   酒井麻有   杉原思穂   小田民美   呰上大吾   森昭博   石岡克己   左向敏紀   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
 
生野佐織   杉原思穂   小野沢栄里   小田民美   森昭博   左向敏紀   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   
 
落合和彦   杉原思穂   小田民美   川上翔太   平間日奈子   呰上大吾   近江俊徳   
日本獣医学会学術集会講演要旨集   2017年8月30日   

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
猫のグルカゴン制御メカニズムの解明と糖尿病治療への応用
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究
小田 民美 
研究期間: 2020年4月 - 2023年3月
 
猫におけるインクレチン関連薬が糖代謝およびインスリン分泌に与える影響の検討
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
森 昭博 左向 敏紀 小田 民美 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月