researchmapからのお知らせ

研究者業績

 

嶌本 樹

 
アバター
研究者氏名嶌本 樹
所属日本獣医生命科学大学
部署獣医学部獣医保健看護学科
職名助教
学位博士(農学)(岩手大学大学院連合農学研究科)

研究キーワード

 
リス , 小型哺乳類 , ストレス , ホルモン

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
日本獣医生命科学大学 獣医学部獣医保健看護学科 助教
 
2016年4月
 - 
2018年3月
岩手大学 大学院連合農学研究科 博士研究員
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
岩手大学大学院 連合農学研究科 博士課程
 
2007年4月
 - 
2013年3月
日本大学 生物資源科学部 獣医学科
 

委員歴

 
2019年4月
 - 
現在
日本野生動物医学会  学会誌編集委員会
 
2019年4月
 - 
現在
日本野生動物医学会  国際交流・アジア保全医学委員会
 
2018年
 - 
現在
日本野生動物医学会  評議員
 
2018年
 - 
現在
「野生生物と社会」学会  ワイルドライフフォーラム誌編集委員会
 
2013年
 - 
現在
日本野生動物医学会  ニュースレター編集委員会
 

論文

 
鈴木 圭・嶌本 樹・滝澤洋子・上開地広美・安藤元一・柳川 久
哺乳類科学   51 65-69   2011年   [査読有り]
Decreased vigilance or habituation to humans? Mechanisms on increased boldness in urban animals.
Uchida K., Suzuki K., Shimamoto T., Yanagawa H. and Koizumi I.
Behavioral Ecology   in press    [査読有り]
No evidence of physiological stress in an urban animal: comparison of fecal cortisol metabolites between urban and rural Eurasian red squirrels
Ecological Research   accepted    [査読有り]

Misc

 
Tatsuki Shimamoto, Kei K. Suzuki, Kei K. Suzuki, Mizuho Hamada, Ryuji Furukawa, Motozumi Matsui, Hisashi Yanagawa
Journal of Zoo and Wildlife Medicine   49 237-241   2018年3月
© Copyright 2018 by American Association of Zoo Veterinarians. The Siberian flying squirrel (Pteromys volans) produces up to two litters a year. To deliver second litters in breeding season, P. volans may have a postpartum estrus similarly to that...
Jason L. Anders, Kenta Uchida, Mitsuru Watanabe, Iori Tanio, Tatsuki Shimamoto, Tatsuki Shimamoto, Mizuho Hamada, Hisashi Yanagawa, Itsuro Koizumi, Itsuro Koizumi
Mammal Research   62 397-404   2017年10月
© 2017, Mammal Research Institute, Polish Academy of Sciences, Białowieża, Poland. Owing to recent advances in technology, biologging has revealed in-depth animal behavior at a level of detail that previously could not be obtained. However, previo...
Kenta Uchida, Kei K. Suzuki, Tatsuki Shimamoto, Tatsuki Shimamoto, Hisashi Yanagawa, Itsuro Koizumi
Mammal Study   42 39-43   2017年3月
© The Mammal Society of Japan. The distance at which animals start to flee from approaching threats should reflects the degree of fearfulness, and thus, provides a useful measurement to evaluate animal personality and tolerance to human disturbanc...
Kei K. Suzuki, Kei K. Suzuki, Tomoya Yoshida, Yutaka Yamane, Tatsuki Shimamoto, Tatsuki Shimamoto, Ryuji G. Furukawa, Hisashi Yanagawa, Hisashi Yanagawa
Zoologia   34    2017年1月
© 2017, Sociedade Brasileira de Zoologia. All rights reserved. Describing the interactions among cavity breeders is key to understanding their breeding ecology. In this study the temporal difference in cavity use between the great tit, Parus major...
K. Uchida, K. Suzuki, T. Shimamoto, T. Shimamoto, H. Yanagawa, I. Koizumi
Journal of Zoology   298 225-231   2016年3月
© 2016 The Zoological Society of London. Urbanization has caused significant behavioural modifications in wild animals. Change in anti-predator behaviour is the most widespread example across different taxa in urban areas, which is probably due to...

講演・口頭発表等

 
ブナ科堅果類の空間的な資源量変動はツキノワグマの行動圏の面積や形へどのように 影響するか?
本橋 篤, 嶌本 樹, 玉谷 宏夫, 田中 純平, 大嶋 元, 山本 俊昭
日本哺乳類学会2019年度大会   2019年9月   
ツキノワグマにおけるアンドロゲン受容体遺伝子の多型と攻撃性との関連性
松澤 夏鈴, 本橋 篤, 嶌本 樹, 玉谷 宏夫, 田中 純平, 大嶋 元, 山本 俊昭
日本哺乳類学会2019年度大会   2019年9月   
街に暮らすリス類ーこれからの人との関わり方
浅利 裕伸, 高畑 優, 嶌本 樹
日本哺乳類学会2019年度大会 自由集会(発表担当有)   2019年9月   
Physiological stress in urban mammals: comparison of fecal cortisol levels between urban and rural squirrels [招待有り]
嶌本 樹
The 9th International Seminar on Biodiversity and Evolution: 「Wildlife Science using Drone」   2018年11月20日   
時間的・空間的に変動するミズナラの結実量がツキノワグマの行動に及ぼす影響
本橋 篤・嶌本 樹・山本俊昭・玉谷宏夫・田中純平・大嶋 元
日本哺乳類学会   2018年   

その他

 
2019年6月   日本に生息するリスについて
日獣サイセンスセミナー
2018年6月   変わりゆく自然と人
関東交流会(日本野生動物医学会学生部会関東地区主催)
招聘講師
2017年5月   大学生活と研究のキッカケ
北海道野生動物交流会(日本野生動物医学会学生部会北海道地区主催)
招聘講師