言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 村松 大吾
 

村松 大吾

 
アバター
研究者氏名村松 大吾
 
ムラマツ ダイゴ
URL
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名教授
学位博士(工学)(早稲田大学)
J-Global ID200901008108953941

研究キーワード

 
バイオメトリクス ,パターン認識

研究分野

 
  • 情報通信 / 情報セキュリティ / 
  • 情報通信 / 知覚情報処理 / 
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学 / 

経歴

 
2020年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 
2015年11月
 - 
2020年3月
大阪大学 産業科学研究所 准教授 
 
2015年4月
 - 
2015年10月
情報通信研究機構  主任研究員 
 
2011年4月
 - 
2015年3月
大阪大学 産業科学研究所 特任講師 
 
2008年4月
 - 
2011年3月
成蹊大学 理工学部 助教 
 

学歴

 
 
 - 
2005年
早稲田大学 理工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
2005年
早稲田大学  
 
 
 - 
1999年
早稲田大学 理工学研究科 電気工学
 
 
 - 
1999年
早稲田大学  
 
 
 - 
1997年
早稲田大学 理工学部 電気電子情報工学科
 

受賞

 
2016年12月
International Workshop on Robust Computer Vision, Poster Honorable Mention Award
Daigo Muramatsu Kohei Shiraga Yasushi Makihara Tomio Echigo Yasushi Yagi 
 
2016年6月
ICB2016 Honorable Mention Paper Award,
 
2015年11月
SBRA2015, 優秀ポスター賞,歩容再生を用いた遮蔽かでの歩容認証
村松大吾 槇原靖 八木康史 
 
2014年7月
MIRU2014, 学生優秀賞,Quality-dependent Score-level Fusion of Face, Gait, and the Height Biometrics
Takuhiro Kimura Yasushi Makihara Daigo Muramatsu Yasushi Yagi 
 
2014年4月
IAPR, Best Paper Award,View Transformation-based Cross View Gait Recognition Using Transformation Consistency Measure
Daigo Muramatsu Yasushi Makihara Yasushi Yagi 
 

論文

 
 
Md A.R. Ahad   Thanh T. Ngo   Anindya D. Antar   Masud Ahmed   Tahera Hossain   Daigo Muramatsu   Yasushi Makihara   Sozo Inoue   Yasushi Yagi   
Sensors   20(8)    2020年4月   [査読有り]
 
Ruochen Liao   Yasushi Makihara   Daigo Muramatsu   Ikuhisa Mitsugami   Yasushi Yagi   Kenji Yoshiyama   Hiroaki Kazui   Masatoshi Takeda   
15(3) 433-441   2019年12月   [査読有り]
 
Md. Zasim Uddin   Daigo Muramatsu   Noriko Takemura   Md Atiqur Rahman Ahad   Yasushi Yagi   
11(9)    2019年11月   [査読有り]
 
Fumio Okura   Saya Ikuma   Yasushi Makihara   Daigo Muramatsu   Ken Nakada   Yasushi Yagi   
Computers and Electronics in Agriculture   165(2019) 104944   2019年10月   [査読有り]
© 2019 Elsevier B.V. The growth of computer vision technology can enable the automatic assessment of dairy cow health, for instance, the detection of lameness. To monitor the health condition of each cow, it is necessary to identify individual cow...
 
M.Z. Uddin   T. T. Ngo   Y. Makihara   D. Muramatsu   Y. Yagi   
IPSJ Transactions on Computer Vision and Applications   10(5) 1-11   2018年5月   [査読有り]

MISC

 
 
D. Muramatsu   
International Conference on Electrical, Computer and Communication Engineering (ECCE2019)      2019年2月   [招待有り]
 
中村浩一朗   内海ゆづ子   岩村雅一   黄瀬浩一   槇原靖   村松大吾   八木康史   
43-44   2017年11月   
防犯カメラによる犯罪捜査への応用を 目的とした歩容認証が注目を集めている.歩容認証の手 法は,画像上の人物領域を抽出して得られる歩容シルエッ ト画像を用いる方法が現在の主流となっている.人物領 域を手動で抽出すると負担がかかるため,自動で抽出す る手法として,標準歩容モデルを用いた人物領域抽出が 提案されている.この手法では,抽出する対象となる人 物と類似する標準歩容モデルを選択し,適用することで, 歩容の認証精度が向上することが示されている.しかし, 人物領域の抽出精度の評価は限定的であ...
 
中村 浩一朗   内海 ゆづ子   岩村 雅一   黄瀬 浩一   槇原 靖   村松 大吾   八木 康史   
研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   2017-CVIM-207(18)    2017年5月   
 
森 俊介   岩村雅一   内海 ゆづ子   黄瀬 浩一   田上 拓弥   槇原 靖   村松 大吾   八木 康史   
情報処理学会研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM)   57(11)    2016年3月   
歩容認証では,人物領域のシルエットに基づいて抽出される特徴を用いる手法が主流である. この手法では,人物領域の抽出精度が一般に性能を左右するため,人物領域を高精度に抽出できる手法が求められる. 人物領域抽出において,歩容の事前知識である標準歩容モデルを用いることで抽出精度が向上することが報告されている. 多くの標準歩容モデルを用いると,認証精度が向上すると考えられるが,標準歩容モデルが増えると処理時間が増加するため,大規模な標準歩容モデルを用いることは難しい. この問題を解決するため,本研...
 
森俊介   岩村雅一   内海ゆづ子   黄瀬浩一   田上拓弥   槇原靖   村松大吾   八木康史   
情報処理学会研究報告(Web)   2016(CVIM-201) Vol.2016‐CVIM‐201,No.10,1‐8 (WEB ONLY)   2016年2月   

所属学協会

 
 
   
 
情報処理学会
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
IEEE
 
   
 
Information and Communication Engineers
 
   
 
The Institute of Electronics

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
 
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月
 
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月