言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp

※8/6(木)~8/19(水)まで一斉休業となりますため、8/5(水)17時以降にお問合せいただいた場合は、8/20(木)以降のご対応となります。ご了承くださいますようお願いいたします。
 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 脊戸 和寿
 

脊戸 和寿

 
アバター
研究者氏名脊戸 和寿
 
セト カズヒサ
URLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/20584056.ja.html
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名准教授
学位博士(情報学)(京都大学)
J-Global ID201501014888315418

研究キーワード

 
グラフアルゴリズム ,充足可能性問題 ,計算量理論

研究分野

 
  • 情報通信 / 情報学基礎論 / 
  • 情報通信 / 情報学基礎論 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 准教授, 
 
2015年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学 理工学部 専任講師, 
 
2014年
   
 
成蹊大学 理工学部 助教, 
 

学歴

 

委員歴

 

受賞

 

論文

 
 
Takayuki Sakai   Kazuhisa Seto   Suguru Tamaki   Junichi Teruyama   
J. Comput. Syst. Sci.   105 87-103   2019年   [査読有り]
 
Atsuki Nagao   Kazuhisa Seto   Junichi Teruyama   
Algorithmica   80(10) 2725-2741   2018年   [査読有り]
 
Atsuki Nagao   Kazuhisa Seto   Junichi Teruyama   
28th International Symposium on Algorithms and Computation, ISAAC 2017, December 9-12, 2017, Phuket, Thailand   58-10   2017年   [査読有り]
 
Takayuki Sakai   Kazuhisa Seto   Suguru Tamaki   Junichi Teruyama   
Theor. Comput. Sci.   697 58-68   2017年   [査読有り]
We present improved exponential time exact algorithms for Max SAT. Our algorithms run in time of the form 0 (2((1-mu(c))n)) for instances with n variables and m = cn clauses. In this setting, there are three incomparable currently best algorithms:...
 
Takayuki Sakai   Kazuhisa Seto   Suguru Tamaki   Junichi Teruyama   
Electronic Colloquium on Computational Complexity (ECCC)   23 99-99   2016年   [査読有り]

MISC

 
 
清水 堅斗   三觜 辰也   脊戸 和寿   
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(503) 29-32   2017年3月   
 
脊戸 和寿   玉置 卓   照山 順一   
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(262) 29-34   2016年10月   
 
脊戸和寿   照山順一   照山順一   長尾篤樹   長尾篤樹   
情報処理学会研究報告(Web)   2015(AL-152) VOL.2015-AL-152,NO.1 (WEB ONLY)   2015年2月   
 
脊戸 和寿   照山 順一   長尾 篤樹   
研究報告アルゴリズム(AL)   2015(1) 1-7   2015年2月   
k-IBDD は,k 段のレイヤーを持つ分岐プログラムであり,各レイヤーが OBDD (順序付き二分決定図) となっている.本稿では,k-IBDD 充足可能性問題 (以下,k-IBDD SAT) を考える.k-IBDD SAT とは,与えられた k-IBDD が 1 を出力するような変数割当が存在するかどうかを判定する問題である.本問題に対して,n 変数,poly(n) ノードの k-IBDD SAT を高々 poly(n)・2n-n1/2k-1 時間で解く多項式領域アルゴリズムが知られて...
 
脊戸和寿   
成けい大学理工学研究報告   51(2) 19-21   2014年12月   

書籍等出版物

 

講演・口頭発表等

 

担当経験のある科目(授業)

 

所属学協会

 
 
   
 
電子情報通信学会

Works(作品等)

 

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
強指数時間仮説の反証にむけた研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
脊戸 和寿 長尾 篤樹 
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月
 
回路計算量の下界証明におけるアルゴリズム的手法の研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 若手研究(B)
脊戸 和寿 
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月
 
情報理論・符号理論からの計算限界研究
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
河原林 健一 脊戸 和寿 玉置 卓 伊藤 大雄 吉田 悠一 
研究期間: 2012年6月 - 2017年3月
 
データの巨大化から生じる不完全情報への対処に主眼をおいた近似計算
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
岩間 一雄 宮崎 修一 玉置 卓 伊藤 大雄 堀山 貴史 吉田 悠一 岡本 和也 脊戸 和寿 川原 純 上野 賢哉 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
 
証明の複雑さにおけるグラフ理論的手法の構築
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援
脊戸 和寿 
研究期間: 2010年 - 2011年

産業財産権

 

学術貢献活動

 

社会貢献活動

 

メディア報道

 

その他