言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 杉山 賢二
 

杉山 賢二

 
アバター
研究者氏名杉山 賢二
 
スギヤマ ケンジ
URL
所属成蹊大学
部署理工学部 情報科学科
職名教授
学位博士(工学)(東京理科大学)
J-Global ID201501074355666890

プロフィール

成蹊大学理工学部教授

研究キーワード

 
画質評価 ,画像符号化 ,画像処理

研究分野

 
  • 情報通信 / データベース / 画像符号化、画像処理
  • 情報通信 / 知覚情報処理 / 画質評価

経歴

 
2004年9月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 
1985年4月
 - 
2004年9月
日本ビクター㈱   
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2001年3月
東京理科大学 大学院 工学研究科 博士課程 電気工学専攻
 
1983年4月
 - 
1985年3月
東京理科大学 大学院 工学研究科 修士課程 電気工学専攻
 
1979年4月
 - 
1983年3月
東京理科大学 工学部 第一部 電気工学科
 

委員歴

 
2018年11月
 - 
現在
電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム運営委員会  委員長
 
2004年10月
 - 
現在
電子情報通信学会 東京支部学生会  顧問
 
1995年5月
 - 
現在
映像情報メディア学会 放送技術研究委員会  委員
 
2017年5月
 - 
2019年5月
電子情報通信学会 イメージ・メディア・クオリティ研究専門委員会  委員長
 
2012年10月
 - 
2017年2月
電子情報通信学会  基礎・境界ソサエティ英文論文誌 特集号編集委員会 委員長
 

受賞

 
2015年11月
電子情報通信学会 画像符号化シンポジウム, PCSJ/IMPS Grand Best Paper 最優秀賞,蓄積系メディアに適した動画像符号化の一手法
杉山賢二 
 

論文

 
 
Go Kasahara   Takashi Yamazoe   Kenji Sugiyama   
Digest of Technical Papers - IEEE International Conference on Consumer Electronics   2020-January    2020年1月   [査読有り]
© 2020 IEEE. It is common in color imaging to use a single-sensor system with a color filter array (CFA), especially a Bayer CFA. Recently, color filter methods using the white component have been studied to improve both resolution and sensitivity...
 
Yoshikazu Honma   Kenji Sugiyama   
IEEE Proceedings of International Conference on Consumer Electronics (ICCE2019)      2019年1月   [査読有り]
 
Yoshikazu Honma   Naoyuki Awano   Kenji Sugiyama   
2018 IEEE International Conference on Consumer Electronics, ICCE 2018   2018- 1-4   2018年3月   [査読有り]
Currently, Y, Cb, Cr 4:2:0 system is widely used as the color format for the video system. We have proposed the frame sequential system as an alternative method which has one color plane in a frame. In this system, the conversion to usual RGB requ...
 
Ayumu Ohike   Naoyuki Awano   Kenji Sugiyama   
2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (ICCE)   526-529   2016年   [査読有り]
Very high-resolution video systems, such as 4K (3840x2160), enable a very close viewing distance that is almost the same as the picture height. This technology enables high-reality systems in homes to be realized. However, the very short distance ...
 
Hirofumi Takano   Naoyuki Awano   Kenji Sugiyama   
2016 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON CONSUMER ELECTRONICS (ICCE)   192-195   2016年   [査読有り]
High dynamic range (HDR) images that include large differences in brightness levels are studied to address the lack of knowledge on the quality estimation method for real HDR images. For this, we proposed the local peak signal-to-noise ratio (LPSN...

書籍等出版物

 
 
杉山賢二(担当:単著)
コロナ社   2010年6月      
 
杉山賢二(担当:単著)
コロナ社   2008年9月      
 
杉山賢二, 半谷精一郎(担当:共著, 範囲:第3章~第7章)
コロナ社   2005年9月      
 
杉山賢二(担当:分担執筆, 範囲:第5章)
丸善   1994年9月      

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
画像処理 (成蹊大学)
 
   
 
コンピュータグラフィックス (成蹊大学)
 
   
 
応用プログラミング (成蹊大学)

所属学協会

 
 
   
 
映像情報メディア学会
 
   
 
電子情報通信学会
 
   
 
The Institute of Electrical and Electronics Engineers

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
合理的な平面型高臨場感システム実現のための主観評価実験と画像処理への応用
公益財団法人放送文化基金: 放送文化基金助成(技術開発/放送技術に関する研究・開発)
杉山賢二 
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月