言語の選択:

 

理工学部 教授

研究者リスト >> 三浦正志
 

三浦正志

 
アバター
研究者氏名三浦正志
 
ミウラ マサシ
URLhttp://www.sd.seikei.ac.jp/lab/per/
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名教授
学位博士(工学)(名古屋大学)

研究キーワード

 
高温超伝導体 , 臨界電流密度 , REBCO , ナノ組織制御 , 縦磁界 , REBCO超伝導線材 , 磁束ピンニング , Ba122 , 結晶粒界制御 , 結晶構造・組織制御 , 薄膜作製技術 , MOD法 , ナノテクノロジー

研究分野

 
  • 電気電子工学 / 電子・電気材料工学 / 
  • 応用物理学 / 結晶工学 / 
  • 材料工学 / 無機材料・物性 / 
  • 材料工学 / 構造・機能材料 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学大学院 理工学研究科 教授
 
2012年4月
 - 
現在
成蹊大学大学院 理工学研究科 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年3月
成蹊大学大学院 理工学研究科 専任講師
 
2010年4月
 - 
2011年3月
米国ロスアラモス国立研究所 Materials Physics and Applications Div. Director’s Postdoctoral Fellow
 
2009年4月
 - 
2010年3月
米国ロスアラモス国立研究所 Materials Physics and Applications Div. Visiting Fellow
 
2007年4月
 - 
2010年3月
(独)日本学術振興会 特別研究員PD
 
2006年4月
 - 
2007年3月
(独)日本学術振興会 特別研究員DC
 

学歴

 
2005年4月
 - 
2007年3月
名古屋大学大学院工学研究科 電子情報システム専攻(博士後期課程) 短縮修了 
 
2003年4月
 - 
2005年3月
名古屋大学大学院工学研究科 エネルギー理工学専攻(博士前期課程) 修了 
 

委員歴

 
2017年11月
 - 
現在
武蔵野市  第十期環境市民会議委員
 
2016年4月
 - 
現在
(公社)低温工学・超伝導学会  学会誌出版編集委員
 
2015年11月
 - 
2017年10月
武蔵野市  第九期環境市民会議委員
 
2013年11月
 - 
2015年10月
武蔵野市  第八期環境市民会議委員
 

受賞

 
2018年6月
成蹊大学  2017年度 成蹊ティーチングアウォード
 
2017年4月
平成29年度 文部科学大臣表彰 「若手科学者賞」
 
2016年6月
(公社)発明協会 「21世紀発明賞」
 
2014年10月
2014年度成蹊学園教職員表彰  「学術研究功績表彰」
 
2014年7月
第28回 独創性を拓く 先端技術大賞 「フジサンケイアイビジネス賞」
 
2013年6月
(社) 成蹊会  「2013年度学術表彰 」
 
2013年3月
(公社)日本セラミックス協会  「第38回 学術写真賞 優秀賞」
 
2011年11月
(財)電気科学技術奨励会   「第59回電気科学技術奨励賞」
 
2010年4月
Los Alamos National Laboratory 「Director’s postdoctoral Fellow(称号)」
 
2009年11月
(公財)国際超電導産業技術研究センター  「 所長賞」
 
2009年5月
(公社) 低温工学・超電導学会 「奨励賞」
 
2008年11月
(公財)国際超電導産業技術研究センター 「 技術賞」
 
2008年9月
(公社)日本金属学会 「奨励賞(材料プロセッシング部門)」
 
2008年5月
(公財)国際超電導産業技術研究センター 「技術賞」
 
2007年11月
(公財)国際超電導産業技術研究センター 「技術賞」
 
2007年9月
(公社)応用物理学会 「Jpn. J. Appl. Phys.論文奨励賞」
 
2006年6月
(公社) 低温工学・超電導学会 「優良発表賞」
 
2006年3月
(公社) 応用物理学会 「講演奨励賞」
 

論文

 
S. Eley, R.Willa, M.Miura et al.,
npj Quantum Materials   (3) 37   2018年8月   [査読有り]
M. Miura et al.,
NPG Asia Materials   (9) e447   2017年11月   [査読有り]
S. Eley, M.Miura et al.,
Nature Materials   (16) 409-413   2017年2月   [査読有り]
M.Miura et al.,
Scientific Reports   (6) 20436   2016年1月   [査読有り]
三浦正志
低温工学   52 448-455   2017年9月   [招待有り]
M. Miura, et al.
Appl. Phys. Express   (vol.6) 93101   2013年   [査読有り]
S. Adachi, M. Miura, et al.,
Supercond. Sci. Technol.   (vol. 25) 105015   2012年   [査読有り]
N. Haberkorn, M. Miura et al.
Phys. Rev. B   (vol. 85) 174504   2012年   [査読有り]
M. Miura, et al.
Phys. Rev. B   (vol. 83) 184519   2011年   [査読有り]
N. Haberkorn, M. Miura et al.
Phys. Rev. B   (vol. 84) 64533   2011年   [査読有り]
N. Haberkorn, M. Miura et al.
Phys. Rev. B   (vol. 84) 94522   2011年   [査読有り]
M. Kiuchi, M. Miura et al.
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 21) 3210   2011年   [査読有り]
M. Miura, et al.,
Appl. Phys. Lett.   (vol. 96) 72506   2010年   [査読有り]
M. Miura, et al.,
Supercond. Sci. Technol.   (vol. 23) 14013   2010年   [査読有り]
T. Kato, M. Miura et al.
J. Elec. Micro.   (vol. 59) S101   2010年   [査読有り]
T. Maebatake, M. Miura et al.
Physica C   (vol. 470) 1358   2010年   [査読有り]
R. Teranishi, M. Miura et al.
Physica C   (vol. 470) 1246   2010年   [査読有り]
F. Matsutani, M. Miura et al.
Physica C   (vol. 470) 1411   2010年   [査読有り]
N. Mori, M. Miura et al.
Physica C   (vol. 470) 1266   2010年   [査読有り]
S.Awaji, M. Miura et al.
Supercond. Sci. Technol.   (vol. 23) 14006   2010年   [査読有り]
M. Miura, et. al.
Physica C   (vol. 469) 1336   2009年   [査読有り]
M. Miura, et. al.
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 19) 3275   2009年   [査読有り]
K. Nakaoka, M. Miura, et. al.
Physica C   (vol.469) 1326   2009年   [査読有り]
R. Teranishi, M. Miura, et. al.
Physica C   (vol.469) 1349   2009年   [査読有り]
H. Ichikawa, M. Miura, et. al.
Physica C   (vol.469) 1329   2009年   [査読有り]
Y. Sutoh, M. Miura, et. al.
Physica C   (vol.469) 1307   2009年   [査読有り]
T.Izumi, M. Miura, et. al.
Physica C   (vol.469) 1322   2009年   [査読有り]
T.Izumi, M. Miura, et. al.,
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 19) 3119   2009年   [査読有り]
R. Teranishi, M. Miura, et. al.
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 19) 3200   2009年   [査読有り]
M. Miura, et. al.
Appl. Phys. Express   (vol. 1) 51701   2008年   [査読有り]
M. Miura, et. al.
Physica C   (vol.468) 1643   2008年   [査読有り]
M. Namba,
Appl. Phys. Express   (vol. 1) 31703   2008年   [査読有り]
Y. Sutoh,
Physica C   (vol.468) 1594   2008年   [査読有り]
A. Nakai,
Physica C   (vol.468) 1534   2008年   [査読有り]
T.Izumi, M. Miura, et. al.,
Physica C   (vol.468) 1527   2008年   [査読有り]
S.Awaji, M. Miura et al.
Journal of Physics: Conference Series   (vol. 97) 12328   2008年   [査読有り]
三浦正志、et. al.
日本金属学会誌   (vol.71) 999   2007年   [査読有り]
LTG法を用いて作製したSm1+xBa2-xCu3Oy薄膜の配向性と成長様式
三浦正志、et. al.
低温工学   (vol. 44) 47   2007年   [査読有り]
M. Miura, et. al.
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 17) 3247   2007年   [査読有り]
S. Awaji, M. Miura, et. al.,
Appl. Phys. Lett.   (vol. 90) 122501   2007年   [査読有り]
T. Ozaki, M. Miura, et. al.,
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 17) 3270   2007年   [査読有り]
S. Awaji, M. Miura, et. al.,
IEEE Trans. Appl. Supercond.   (vol. 17) 3656   2007年   [査読有り]
Y. Yoshida, M. Miura, et. al.,
Physica C   (vol. 463-465) 633   2007年   [査読有り]
Y. Ichino, M. Miura, et. al.,
Physica C   (vol. 463-465) 639   2007年   [査読有り]
T. Ozaki, M. Miura, et. al.,
Physica C   (vol. 463-465) 649   2007年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Oxide Thin Films, Multilayers, and Nanocomposites
三浦正志 (担当:共著, 範囲:Chapter 1 (pp.3-26))
Springer   2015年2月   ISBN:978-3-319-14478-8

講演・口頭発表等

 
Recent results on flux pinning in nanoparticle-doped REBa2Cu3Oy CC by TFA-MOD [招待有り]
M. Miura
International Symposium on Superconductivity 2017   2017年12月14日   
Strongly enhanced in-field properties in TFA-MOD (Y,Gd)BCO coated conductors [招待有り]
M. Miura
International Symposium on Superconductivity 2015   2015年   
BaMO3ナノ粒子導入によるTFA-MOD-(Y0.77Gd0.23)Ba2Cu3Oy線材の高特性化
三浦正志
平成27年度秋季低温工学・超電導学会   2015年   
酸素アニール温度がTFA-MOD (Y0.77Gd0.23) Ba2Cu3O7-?線材の磁場中超伝導特性に及ぼす影響
関翼,三浦正志ら
平成27年度秋季低温工学・超電導学会   2015年   
Superconducting properties for (Y0.77Gd0.23)Ba2Cu3Oy+BaHfO3 coated conductors derived from TFA-MOD process
M. Kanai, M. Miura et. al.,
International Symposium on Superconductivity 2015   2015年   

担当経験のある科目

 
  • フレッシャーズ・セミナー (成蹊大学)
  • システムデザイン概論 (成蹊大学)
  • システムデザイン実験I (成蹊大学)
  • システムデザイン実験II (成蹊大学)
  • プロジェクト実習 (成蹊大学)

所属学協会

 
低温工学・超電導学会 , 日本金属学会 , 応用物理学会

競争的資金等の研究課題

 
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成 (挑戦的研究:萌芽)
研究期間: 2017年8月 - 2019年3月    代表者: 三浦正志
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成 基盤研究B
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 三浦正志
フジクラ財団: 研究助成
研究期間: 2017年4月       代表者: 三浦正志
パワーアカデミー 特別推進研究
研究期間: 2017年2月 - 2019年3月    代表者: 三浦正志
(独)日本学術振興会  : 科学研究費助成 若手研究A
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 三浦正志
(独)日本学術振興会: 科学研究費助成 若手研究B
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 三浦正志
(公財)日揮・実吉奨学会 : 研究助成 代表研究者
研究期間: 2012年10月 - 2013年10月    代表者: 三浦正志
(公財) 東電記念財団  : 研究助成 (基礎研究) 代表研究者
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 三浦正志
(公財) 大倉和親記念財団: 研究助成 代表研究者
研究期間: 2011年12月 - 2012年12月    代表者: 三浦正志
(独)科学技術振興機構 : 先端的低炭素化技術開発(ALCA)探索ステージ
研究期間: 2011年10月 - 2012年9月    代表者: 三浦正志
米国ロスアラモス国立研究所: Director’s postdoctoral Fellow research fund (X9P4)研究代表者
研究期間: 2010年4月 - 2012年3月    代表者: 三浦正志
(独) 日本学術振興会  : 科学研究費補助金(特別研究員奨励金) 研究代表者
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 三浦正志
(独) 日本学術振興会  : 科学研究費補助金(特別研究員奨励金) 研究代表者
研究期間: 2006年4月 - 2008年3月    代表者: 三浦正志
(財)中部電力基礎技術研究所: 国際交流援助 研究代表者
研究期間: 2005年12月       代表者: 三浦正志

特許

 
特許10-1540782 : 韓国特許: RE-type oxide superconducting wire and process for producting the same
Masashi MIURA
特許第5757587号 : 鉄系超電導材料、及びこれからなる鉄系超電導層、鉄系超電導テープ線材 、鉄系超電導線材
三浦正志, 安達成司, 田辺圭一, 細野秀雄
特許5270176 : RE系酸化物超電導線材及びその製造方法
三浦正志, 中西達尚, 和泉輝郎, 塩原融
特許US 8,326,3687 B : 米国特許取得 「RE-type oxide superconducting wire and process for producting the same」
Masashi Miura et al.
特許中国特許978516 : RE系酸化物超電導線材及びその製造方法2
Masashi MIURA
特願2006-531973 : 超伝導薄膜、その製造方法、およびそれを用いた超伝導線材、超伝導デバイス
吉田 隆,高井吉明, 一野祐亮, 三浦正志, 松本 要

社会貢献活動

 
第九期環境市民会議委員
【その他】  武蔵野市  2015年11月1日
第八期環境市民会議委員
【その他】  武蔵野市  2013年11月1日 - 2015年10月31日