言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 村上 朝之
 

村上 朝之

 
アバター
研究者氏名村上 朝之
 
ムラカミ トモユキ
URLhttp://www.sd.seikei.ac.jp/lab/pedl/
所属成蹊大学
部署理工学部 システムデザイン学科
職名教授
学位博士(工学)(東京工業大学)
J-Global ID200901029179161369

研究キーワード

 
モデリング ,エネルギー科学 ,プラズマ理工学

研究分野

 
  • エネルギー / プラズマ応用科学 / 

経歴

 
2017年
 - 
現在
英国クイーンズ大学ベルファスト  客員教授 
 
2017年
 - 
現在
成蹊大学  教授 
 
2015年
 - 
2016年
成蹊大学  准教授 
 
2000年
 - 
2015年
東京工業大学  助教 
 
2013年
 - 
2013年
米国ウェスリアン大学  シニアリサーチフェロー 
 

学歴

 
1995年
 - 
1998年
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 創造エネルギー専攻 博士後期課程
 
 
 - 
1998年
東京工業大学  
 
1993年
 - 
1995年
東京工業大学 大学院総合理工学研究科 エネルギー科学専攻 博士前期課程
 
1989年
 - 
1993年
東京理科大学 理工学部 電気工学科
 

委員歴

 
2019年
 - 
現在
(社) プラズマ・核融合学会  プラズマによる生体電荷制御の科学 専門委員会 委員
 
2019年
 - 
現在
(社) プラズマ・核融合学会  プラズマ-タンパク質科学による未踏領域の開拓と基盤確立 専門委員会 委員
 
2019年
 - 
現在
(社) プラズマ・核融合学会  代議員
 
2018年
 - 
現在
International Network for Data Driven Plasma Science  Member
 
2017年
 - 
現在
10th International Workshop on Microplasmas  Local Organization Committee Member
 

受賞

 
2011年6月
英国 工学物理科学研究会議, 科学技術革新賞
 
2009年4月
(財)セネラル石油, 研究奨励賞
 
1999年2月
(社)電気学会, 優秀論文発表賞
 

論文

 
 
Tomoyuki Murakami   Osamu Sakai   
Plasma Sources Science and Technology      2020年10月   [査読有り]
 
Tomoyuki Murakami   
Scientific Reports   9(1)    2019年12月   [査読有り]
 
Katsuya Iuchi   Yukina Morisada   Yuri Yoshino   Takahiro Himuro   Yoji Saito   Tomoyuki Murakami   Hisashi Hisatomi   
Archives of Biochemistry and Biophysics   654 136-145   2018年9月   [査読有り]
 
T. Akiyama   S. Yoshimura   K. Tomita   N. Shirai   T. Murakami   K. Urabe   
Journal of Instrumentation   12(12) C12028-C12028   2017年12月   [査読有り]
 
Akikazu Sakudo   Yoichi Toyokawa   Yuichiro Imanishi   Tomoyuki Murakami   
Materials Science and Engineering: C   74 131-136   2017年5月   [査読有り]

MISC

 
 
酒井道   村上朝之   
静電気学会誌   43(5) 203-208   2019年10月   [招待有り]
 
村上 朝之   
プラズマ・核融合学会誌   95(1) 11-12   2019年1月   [招待有り]
 
村上 朝之   
プラズマ・核融合学会誌   92(9) 688-692   2016年9月   [招待有り]
 
村上 朝之   
成蹊大学理工学研究報告   52(2) 13-17   2015年12月   [招待有り]
 

書籍等出版物

 
 
 
(社)電気学会   2017年      
 
(社)電気学会   2013年      
 
 
(社)電気学会   2010年      

講演・口頭発表等

 
 
Physics informed deep learningによる直流電磁界下における電子速度分布関数の計算
川口悟   村上朝之   
第68回応用物理学会春季学術講演会   2021年3月19日   
 
Modelling on the manipulation of intracellular functions by plasma-induced reactive nitrogen species
T. Murakami   
ISPlasma2021   2021年3月9日   
 
低温プラズマ化学解析のネットワーク理論的アプローチ
村上朝之   
東北大学電気通信研究所 共同プロジェクト研究会   2021年3月6日   
 
プラズマが細胞機能に与える影響のモデリング
村上朝之   
プラズマバイオコンソーシアム 2020年度 研究会   2021年3月3日   
 
Rescaling the chemical kinetics network through graph-theoretical analysis
Tomoyuki Murakami   
73rd Annual Gaseous Electronics Virtual Conference   2020年10月8日   

担当経験のある科目(授業)

 
 
   
 
プラズマ理工学 (成蹊大学)
 
   
 
回路とシステム (成蹊大学)
 
   
 
電力工学 (成蹊大学)
 
   
 
パワーエレクトロニクス (成蹊大学)

所属学協会

 
 
   
 
電気学会
 
   
 
プラズマ・核融合学会
 
   
 
The Institute of Electrical and Electronics Engineers

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
薬剤耐性菌に挑む、低温大気圧プラズマによる細菌不活化作用機序の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金(国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)))
村上朝之 
研究期間: 2021年 - 2025年
 
低温大気圧プラズマの誘起する生化学反応および細胞挙動の数理モデリング
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
村上 朝之 
研究期間: 2019年 - 2023年
 
Shining light on cold atmospheric plasmas and their interaction with liquids
The Engineering and Physical Sciences Research Council, UK: EPSRC Grant
Grant RITCHIE 
研究期間: 2017年 - 2020年
 
バイオプラズマ研究を加速する空気と水の境界面反応のモデリング
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
村上 朝之 
研究期間: 2016年 - 2018年
 
太陽光エネルギー変換の高度化に向けたレーザー駆動MHD発電機の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
村上 朝之 
研究期間: 2012年 - 2015年

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等
 2010年 - 現在

社会貢献活動

 
 
【運営参加・支援】
 2012年 - 現在
 
【講師】
 2009年
 

その他

 
 
成蹊学園サステナビリティ教育研究センターにおけるプロジェクト. マクロ・ミクロ両面での環境計測に基づき, 学園全体の省エネルギー化に文理融合, 教職協働, 師弟同行の体制で取り組む.
 
 
2017年 - 2017年
Shining light on cold atmospheric plasmas and their interaction with liquids. In collaboration with University of Oxford and Queen's University Belfast (UK). Supported by Engineering and Physical Sciences Research Council (UK).
 
 
Collaboration work with INP Greifswald (Leibniz-Institut fur Plasmaforschung und Technologie, Greifswald, Germany)
 
 
2015年 - 2015年
In collaboration with Wesleyan University (USA) and Queen's University Belfast (UK) on modeling the evolution of plasma (an assembly of ions and electrons) created by injecting energy into water. This project focuses on water in both the vapor phase and as a liquid.
 
 
COST Actions are a flexible, fast, effective and efficient networking instrument for researchers, engineers and scholars to cooperate and coordinate nationally funded research activities. COST Actions allow European researchers to jointly develop their own ideas in any science and technology field.