言語の選択:

お知らせ


成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 理工学部 教員紹介 

理工学部 教員紹介

研究者リスト >> 青柳 里果
 

青柳 里果

 
アバター
研究者氏名青柳 里果
 
アオヤギ サトカ
URLhttp://www.ml.seikei.ac.jp/spectra/
所属成蹊大学
部署理工学部 物質生命理工学科
職名教授
学位博士(工学)(早稲田大学)
J-Global ID200901091291128843

研究キーワード

 
データ解析 ,化学工学 ,表面計測 ,生体工学 ,生物物理 ,Surface Analysis ,Chemical Sensor ,Biosensor

研究分野

 
  • ナノテク・材料 / 薄膜、表面界面物性 / 
  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理 / 
  • ライフサイエンス / 生体材料学 / 
  • ライフサイエンス / 生体医工学 / 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
成蹊大学 理工学部 教授 
 
2014年4月
 - 
2017年3月
成蹊大学 理工学部 准教授 
 
2005年3月
 - 
2014年3月
島根大学 生物資源科学部 地域環境科学科  准教授 
 
2002年4月
 - 
2005年2月
成蹊大学工学部  助手 
 
2002年
 - 
2005年
Research Associate, Seikei University   
 

学歴

 
1999年4月
 - 
2002年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻博士後期課程
 
1995年4月
 - 
1997年3月
早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻修士課程
 
1991年4月
 - 
1995年3月
早稲田大学 理工学部 応用化学
 

委員歴

 
2020年4月
 - 
現在
日本学術振興会R026先端計測技術の将来設計委員会  委員
 
2012年10月
 - 
現在
表面化学分析技術国際標準化委員会  TC201イオンビーム委員会 WG委員
 
2011年
 - 
2020年3月
日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会  委員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本表面科学会  編集委員
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本生物物理学  会誌編集委員
 

受賞

 
2009年
榊奨励賞
 
2002年
Mizuno Award (Waseda University)/
 
1995年
Travel Fellowship Award (Amarican Society for Artificial Internal Organs) MM
 

論文

 
 
Tomoko Kawashima   Takahiro Aoki   Yuko Taniike   Satoka Aoyagi   
Biointerphases   15(3) 031013-031013   2020年5月   [査読有り]
 
Tomomi Akiyama   Naoya Miyauchi   Akiko N. Itakura   Takayuki Yamagishi   Satoka Aoyagi   
Journal of Vacuum Science & Technology B   38(3) 034007-034007   2020年5月   [査読有り]
 
Kazuhiro Matsuda   Satoka Aoyagi   
Biointerphases   15(2) 021013-021013   2020年3月   [査読有り]
 
Masaru Ito   Yukari Kuga   Takayuki Yamagishi   Miya Fujita   Satoka Aoyagi   
Biointerphases   15(2) 021010-021010   2020年3月   [査読有り]
 
Keisuke Mizomichi   Takayuki Yamagishi   Tomoko Kawashima   Michael Dürr   Satoka Aoyagi   
Biointerphases   15(2) 021008-021008   2020年3月   [査読有り]

MISC

 
 
Takahashi Kazuma   Yamagishi Takayuki   Aoyagi Satoka   Aoki Dan   Fukushima Kazuhiko   Kimura Yoshishige   
JOURNAL OF VACUUM SCIENCE & TECHNOLOGY B   36(3)    2018年5月   
 
横山有太   島内寿徳   岩井秀夫   青柳里果   
表面科学学術講演会講演要旨集   35th 12   2015年12月   
 
吉田晶   荒川裕佳   中川敬三   加藤雅裕   杉山茂   梶原靖子   青柳里果   
日本吸着学会研究発表会講演要旨集   29th 87   2015年11月   
 
青柳里果   横山有太   岩井秀夫   山口悟   春原隆司   
人工臓器(日本人工臓器学会)   44(2) S.127   2015年10月   
 
谷野章   青柳里果   浅尾俊樹   
島根大学生物資源科学部研究報告(Web)   19 17-18 (WEB ONLY)   2014年9月   

書籍等出版物

 
 
技術情報協会(担当:共著)
技術情報協会   2019年6月   (ISBN:9784861047633)
 
青柳里果, 工藤正博(担当:共著, 範囲:IIIイオンによる表面分析法、pp 145-161)
共立出版   2013年6月      
 
青柳里果, 工藤正博(担当:共著, 範囲:第30章 表面分析、pp427-439)
化学同人   2013年1月      
 
南江堂   2012年   (ISBN:9784524269587)   
 
Wiley   2012年   (ISBN:9780470536735)   

講演・口頭発表等

 
 
ToF‐SIMSの低エネルギー一次イオンビームによるペプチドフラグメントイオン生成評価
青柳里果   横山有太   
表面科学学術講演会講演要旨集   2015年12月1日   
 
高分子混合試料のArクラスタースパッタリング正・負二次イオンスペクトルにおけるマトリックス効果の評価
高橋一真   横山有太   青柳里果   
表面科学学術講演会講演要旨集   2015年12月1日   
 
ToF‐SIMSを用いた脂質膜上でのアミロイドβ(1‐40)吸着形態の評価
横山有太   島内寿徳   岩井秀夫   青柳里果   
表面科学学術講演会講演要旨集   2015年12月1日   
 
飛行時間型二次イオン質量分析を用いた透析膜内側への血液吸着分布解析
青柳里果   横山有太   岩井秀夫   山口悟   春原隆司   
人工臓器(日本人工臓器学会)   2015年10月30日   
 
Peptide structural analysis using continuous Ar cluster beams
IUVSTA Workshop for Surface Analysis and Standardization 2013 (iSAS-13)   2013年   

担当経験のある科目(授業)

 
2016年4月
 - 
現在
生物物理学 (成蹊大学)
2016年4月
 - 
現在
統計学入門
2014年
 - 
現在
機器分析 (成蹊大学)
 
   
 
Analytical Chemistry (Shimane University)
 
   
 
分析化学 (島根大学)

所属学協会

 
 
   
 
日本質量分析学会
 
   
 
日本表面真空学会
 
   
 
日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会
 
   
 
日本生物物理学会
 
   
 
化学工学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

 
 
金属表面近傍の水素位置の可視化
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(A)
板倉 明子 村瀬 義治 青柳 里果 宮内 直弥 
研究期間: 2018年4月 - 2023年3月
 
マトリックス効果を考慮した二次イオン質量分析イメージングの開発
日本学術振興会: 科学研究費助成事業 基盤研究(C)
青柳 里果 
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月
 
研究期間: 2013年4月 - 2017年3月
 
植物生体内の分子分布計測法の開発
財団法人 松籟科学技術振興財団: 研究助成
青柳 里果 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月
 
ガスクラスターSIMS基本技術の開発
独立行政法人 科学技術振興機構: 先端計測分析技術・機器開発事業 機器開発プログラム
持地 広造 
研究期間: 2008年4月 - 2009年3月

学術貢献活動

 
 
企画立案・ 運営等
Versailles Project on Advanced Materials and Standards (VAMAS) 2019年3月1日 - 現在