言語の選択:

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 小林英里
 

小林英里

 
アバター
研究者氏名小林英里
所属成蹊大学
部署文学部 英語英米文学科
職名准教授
学位博士(人文科学)(お茶の水女子大学)

研究分野

 
  • 文学 / 英米・英語圏文学 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部英米文学科 准教授
 

論文

 
「1945年8月に寄せたソネッツ」ーー英国詩人トニ・ハリソンのヒロシマ/ナガサキを主題とした作品について--
小林英里
『言語文化研究所報』   (34) 31-40   2019年7月
「国ではなく個人を!」ーーアガサ・クリスティ作品にみる第二次世界大戦の表象分析
小林英里
『成蹊英語英文学研究』   (21) 63-82   2017年3月
ナショナリズムへと置換されるフェミニズムーー『ダニエル・デロンダ論』
小林英里
『ジョージ・エリオット研究』   (16) 39-54   2014年11月   [査読有り]
第一次世界大戦イギリス詩にみる多彩な女性詩人たち
小林英里
『女性とジェンダーの歴史』(イギリス女性史研究会)   (2) 15-27   2014年11月   [査読有り]
“Retrieving Fragments of An Effaced History: An Analysis of Maryse Conde’s I, Tituba, Black Witch of Salem (1986)”
小林英里
『中京大学国際英語学部紀要』   (13) 63-74   2011年
”Daughters of the Brontes: An Analysis of Jean Rhys’s Wide Sargasso Sea and Maryse Conde’s Windward Heights”
小林英里
『英文学研究』支部統合号   IV 273-282   2011年   [査読有り]
”A Surplus Woman of the Interbellum Era: Julia Martin in Jean Rhys's After Leaving Mr Mackenzie (1930)"
小林英里
『人文科学研究』   4 80-91   2009年3月
現代イギリス演劇におけるアガサ・クリスティー戯曲『ねずみとり』(1952)の位置に関する考察ーーマシュー・ボーン『プレイ・ウィズアウト・ワーズ』(2003)およびモイラ・ブッフィーニ『ディナー』(2002)との比較を通じて
小林英里
『えちゅーど』   (34) 1-15   2004年11月
Wide Sargasso Seaへむけてーージーン・リースの’Let Them Call It Jazz'"
小林英里
『国際研究論集』   12(4) 72-93   2000年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
英語英米文学研究の現在
小林英里 (担当:共著, 範囲:ポストアウシュヴィッツ文学の可能性ーー修辞がつなぐホロコースト、植民地主義、ヨーロッパの日本人留学生」223-254頁)
風間書房   2019年3月   
国民国家と文学
小林英里 (担当:共著, 範囲:「『バラよりもハイビスカスを!』ーーウナ・マーソンの作品にみるジャマイカン・ナショナリズム」175-214頁)
作品社   2019年2月   
『路と異界の英語圏文学』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「ウナ・マーソン作品における三つの異界ーキングストン、ロンドン、ポコマニア」175-204頁)
大阪教育図書   2018年1月   
『二十一世紀の英語文学』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「帝国の失われた子どもたちーキャリル・フィリップス『ロスト・チャイルド』論」117-136頁)
金星堂   2017年5月   
『英文学と他者』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「人種的他者としてのヒースクリフーーエミリー・ブロンテ『嵐が丘』およびマリーズ・コンデ『風の巻く丘』」113-136頁)
金星堂   2014年3月   
『ジーン・リース小説研究』
小林英里
ふくろう出版   2011年2月   
『現代イギリス文学と場所の移動』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「女が帝都を歩くときーージーン・リース『真夜中よ、おはよう』論」 83-104頁))
金星堂   2010年5月   
『階級社会の変貌――二十世紀イギリス文学に見る』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「ハロルド・ピンター『召使』にみる英国階級制度の綻び」169-190頁)
金星堂   2006年9月   
『かくも多彩な女たちの軌跡』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「文化翻訳の四重奏ーージーン・リースの『カルテット』とそれをめぐる三テクスト」181-198頁)
南雲堂   2004年1月   
『二十世紀英文学再評価』
小林英里 (担当:共著, 範囲:「「中央」と「周縁」のあいだでーージーン・リースの『サルガッソーの広い海」191-208頁)
2003年6月   

講演・口頭発表等

 
「開かれたトラウマ小説に向けて」
小林英里
世界文学・語圏横断ネットワーク 第11回研究集会 セッション「トラウマと文学」   2019年9月19日   
「英国詩人トニ・ハリソンのヒロシマ/ナガサキを主題とした作品について」
小林英里
世界文学・語圏横断ネットワーク第10回研究集会 企画セッション「ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリ、フクシマ」   2019年3月9日   
「Jean Rhys, Caryl Phillips,遠藤周作作品のパリ」
小林英里
世界文学・語圏横断ネットワーク第9回研究集会 「セッションII パリの外国人(続)」   2018年9月21日   
「ブラック・ブリティッシュ作家Caryl Phillipsによるユダヤ人表象ーーThe Nature of Blood (1997)にみる記憶の結び目としての場」
小林英里
20世紀英文学研究会 第206回例会   2018年9月15日   
"A Multidirectional Reading of the Works of Caryl Phillips and Shusaku Endo”
小林英里
"Memory and Performance in African-Atlantic Futures"   2018年9月1日   
“A Resisting Voice in the Published Ending and a More Strenuous Voice in the Original Ending of Jean Rhys’s Voyage in the Dark”
小林英里
"Jean Rhys: Transmission Lines"   2018年6月22日   
“A Postcolonial Reading of Shusaku Endo’s Biographical Novel Silence (1966)”
小林英里
The 133rd MLA Annual Convention   2018年1月5日   
"Literary Intertexts and its Effects in Caryl Phillips’s The Lost Child”
小林英里
Inhabiting the Voids of History: A Conference on Caryl Phillips   2017年5月24日   
「帝国の失われた子どもたちーーCaryl PhillipsのThe Lost Child (2015)論」
小林英里
20世紀英文学研究会 第195回例会   2016年5月21日   
"An Approach to Teaching and Learning British Poetry of the First World War in Japan”
小林英里
British Poetry of the First World War   2014年9月6日   
“Emily Brontë’s Wuthering Heights as a Myth in Contemporary Japanese Film and Fiction”
小林英里
Myth, Fantasy and Fairy Tales in Literature and the Arts   2013年11月16日   
「ポストコロニアル小説とネオ・ヴィクトリアン小説――Maryse Condé, Windward Heights: A Novel (1995) とLin Haire-Sargeant, Heathcliff: the Sequel to Wuthering Heights (1992)について」
小林英里
20世紀英文学研究会    2013年6月8日