言語の選択:

お知らせ

【連絡1】
以下の日時にUfinityのメンテナンスを行います。

1021日(木)15:00-17:00

メンテナンス中は、Ufinityへのログイン不可となります。
また、
1530分程サービスが停止する時間帯があり、停止中はTop画面が表示されず、閲覧も不可となります。(researchmapは利用可能です。)


ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。



【連絡2】
成蹊大学専任教員各位

Ufinityにログイン後、「編集」ボタンを押した際に「権限が不正」というエラーメッセージが生じた際は、総合企画課までご連絡ください。

総合企画課:kikaku@jim.seikei.ac.jp


 
»大学ホームページに戻る
»Return to University HOME

※各教員の担当科目については、以下のリンク先にある「教員名」に該当教員の氏名を入力の上、検索してください。
 

研究者業績

現在このブロックに設定情報がありません

 
研究者検索 > 文学部 教員紹介 

成蹊大学 文学部

研究者リスト >> 小林 英里
 

小林 英里

 
アバター
研究者氏名小林 英里
 
 
所属成蹊大学
部署文学部 英語英米文学科
職名教授
学位博士(人文科学)(お茶の水女子大学)
J-Global ID201401037795666833

研究分野

 
  • 人文・社会 / 英文学、英語圏文学 / 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
成蹊大学 文学部英米文学科 准教授 
 

論文

 
 
 
小林英里   
『成蹊英語英文学研究』   (21) 63-82   2017年3月   
 
小林英里   
『ジョージ・エリオット研究』   (16) 39-54   2014年11月   [査読有り]
 
小林英里   
『女性とジェンダーの歴史』(イギリス女性史研究会)   (2) 15-27   2014年11月   [査読有り]
 
小林英里   
『中京大学国際英語学部紀要』   (13) 63-74   2011年   

書籍等出版物

 
 
二〇世紀英文学研究会編(担当:共著, 範囲:第三部 非アングロ・サクソン系作家が見た他民族 第7章 ブラック・ブリティッシュ作家が描くユダヤ人ホロコーストーーキャリル・フィリップスの『血の性質』に見るトラウマの連帯ーー(145-166頁)
金星堂   2020年5月   
 
小林英里(担当:共著, 範囲:ポストアウシュヴィッツ文学の可能性ーー修辞がつなぐホロコースト、植民地主義、ヨーロッパの日本人留学生」223-254頁)
風間書房   2019年3月      
 
小林英里(担当:共著, 範囲:「『バラよりもハイビスカスを!』ーーウナ・マーソンの作品にみるジャマイカン・ナショナリズム」175-214頁)
作品社   2019年2月      
 
小林英里(担当:共著, 範囲:「ウナ・マーソン作品における三つの異界ーキングストン、ロンドン、ポコマニア」175-204頁)
大阪教育図書   2018年1月      
 
小林英里(担当:共著, 範囲:「帝国の失われた子どもたちーキャリル・フィリップス『ロスト・チャイルド』論」117-136頁)
金星堂   2017年5月      

講演・口頭発表等

 
 
「開かれたトラウマ小説に向けて」
小林英里   
世界文学・語圏横断ネットワーク 第11回研究集会 セッション「トラウマと文学」   2019年9月19日   
 
「英国詩人トニ・ハリソンのヒロシマ/ナガサキを主題とした作品について」
小林英里   
世界文学・語圏横断ネットワーク第10回研究集会 企画セッション「ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリ、フクシマ」   2019年3月9日   
 
「Jean Rhys, Caryl Phillips,遠藤周作作品のパリ」
小林英里   
世界文学・語圏横断ネットワーク第9回研究集会 「セッションII パリの外国人(続)」   2018年9月21日   
 
「ブラック・ブリティッシュ作家Caryl Phillipsによるユダヤ人表象ーーThe Nature of Blood (1997)にみる記憶の結び目としての場」
小林英里   
20世紀英文学研究会 第206回例会   2018年9月15日   
 
"A Multidirectional Reading of the Works of Caryl Phillips and Shusaku Endo”
小林英里   
"Memory and Performance in African-Atlantic Futures"   2018年9月1日